« 鉄道事情 | トップページ | 6/19 チャアム・ビーチ »

2005年6月18日 (土)

タイ西部国境、遠望

 以前から誘われていたとはいえ、私は海なんか行きたくない。おしゃべりをして、ケーキが食えればそれで満足だ! そう言っているのに、御当人は、海へ行きたかったんだろうなあ、やっぱり。一番暑い季節は過ぎたとはいえ、バンコクはまだいつも夏だ。
050619sun_rize
 翌19日早朝 ↑拡大できます! 

 おしゃべりすると言っても、喋っているのはパソコンソフトであって、私ではない。
 まだ仕事中だってのに、突然電話してきて、ペラペラ英語でまくし立てられては、どうにもならん。定宿とはいえ、部屋番号だって連絡してないってのに……。
 そんなに海へ行きたいなら、彼氏と行けばいいだろ! 
 そんな啖呵を切りたくても、英語もタイ語もダメ。悲しいなあ。勉強しなくっちゃ。

 土曜日の日程を切りつめ、得意先がうじゃうじゃ言うのもかわして、待っていたのに、来ない(´ヘ`;) マイペンライ以前だね。どこの国も、女の子ときたら……。

 やっと来たと思ったら、なんのことはない。運転手クンを乗せるために、自宅へ。しっかりしているよ(´ヘ`;) 車もトヨタカローラに乗換え。彼女の車より一ランク落ちるとはいえ、この国では高級車。あとで聞いてみると、自動車関連会社の社長の息子。当然、中国系。
 up↓拡大できます
050618cha-am
 バンコクの旧中心部から、南下する。
 初めての道だ。北側、東側と違って、行きかう車が比較的きれいに見える。町並みも郊外に出ると新しい建物が多く、新興住宅街を走っているようだ。広大な原野、農場を縫うようにして、そっくりな外観の一戸建て集団が出現する。
 行きかう車がきれいに見えるのは、汚れた衣服の労働者が乗っていないせいもある。週末だから、少なかっただけかもしれない。
 片言会話でわかった限りでは、こちら側は食品系の工場が主体らしい。
 ……道中2時間、ほとんどタイ人同士でしゃべりまくっている。ああ、悔しい。真剣に覚えなきゃ! 日本同様、英語じゃやっぱりダメなんだよね。
 雨季のスコールを抜けると、遠くに山並みらしきものが見えてきた。
050618_001 やっと会話に参加できる! 
 
 タイは巨大なユーラシアプレートに乗っかったひたすら平らな国である。バンコクの一番高いビル、バイヨークスカイホテルの屋上から見ても、山並みなどどこにも見えない。……まあ、スモッグのせいもあるが。
 050618_002
いろいろ騒いでは見たものの、運転するタム君に、鼻であしらわれてしまった。
「まるっきり低い」のだそうだ。
 横を通過すると、大地からぼっこり突き出したような景観。
 山形県の北部に似たような風景がある。硬い岩盤が風化しないで残ったらしい。オーストラリアのエアーズロックのミニ版みたいなものか。
 現地時間7時のチェックインに余裕で到着。
050618_006 男二人に女二人。
 要するに員数合わせ? 
 ……どうせ何も起こらん。
 落ち着くまもなく
 「ディナー!」
 チャアムビーチとホアヒンの間にあるタイレストラン。ここに連れてきたかったらしい……と思う。
050618dinner あまり食べない子だし、私もドカ食いは禁止。いつも3皿程度しか注文できないのに、4人で12皿。これだけ頼めば、たしかにいろいろ食べられる。
 名前を聞き損ねたが、タイ人ツアー客でぎっしり。みなさん、大型バスで来ている。
 食後は、さらに南下してホアヒンでショッピング。
 オイルに、お菓子に……浜辺着(´ヘ`;) 延々2時間。確かに1円1bahtも使わずに済んでいるが、俺は、もてなされているのか? 
050618tam タム君は、楽しそうにしている。
 前の彼氏同様、ただのアッシー君でしかなさそうだが、こういう時、タイの男性はマメなんだよなあ。
ag_catwalk 海の写真を見たい方は、クリックよろしく。


|

« 鉄道事情 | トップページ | 6/19 チャアム・ビーチ »

コメント

どういう女の子でどういうシチュエーションなのか・・・所在なさそうにもてあますオッサン(よくスーパーの出口で奥さんを犬と待ってる、みたいな)の姿をイメージしました。タム君がただのアッシーなら、オッサンは何でしょ?ボディガードでもなさそうだね。
一番上の写真、きれいな夕焼けですね。

投稿: kaorim | 2005年6月28日 (火) 14:36

 写真は翌朝4時の朝焼けです。東側の対岸から陽が昇るところです。コメント付けてなくてごめんなさい。
「タイへ来たら、いつだってゲストよ」とNuchは言うけど、日本に遊びに来る様子はない。よくわからんけど、美味しいものが食べられれば私は満足です。……たとえ、放置プレーされても。
 下の弟二人が日本に来たら、面倒を見るつもりだけど、いつ来るか不明。

投稿: 管理人 | 2005年6月29日 (水) 04:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/4741119

この記事へのトラックバック一覧です: タイ西部国境、遠望:

« 鉄道事情 | トップページ | 6/19 チャアム・ビーチ »