カテゴリー「ガソリン管理―食事療法」の187件の記事

2013年2月 3日 (日)

エリスリム改名、シュガーカットゼロへ

 必需品エリスリムが買えない!
13020301
 あせった(´ヘ`;) アスパルテームより、こっちの方が好みだったのに……ところがどっこい。あるじゃん(^_^)
 そうか、だから最近ずっと変なラベルがついていたのか。

続きを読む "エリスリム改名、シュガーカットゼロへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

汗をかかないと過剰血糖は消費しないのね

 やっぱり(´ヘ`;)食べすぎだったのね(´ヘ`;)
「こいつに何を売りつけようか?」
 アンテナ全開謀略策案脳髄酷使、ブドウ糖積極消費。
 でも、脳みそって非随意筋なのよね(´ヘ`;)
 どうやっても「ぼーっとしている状態」と同じエネルギーしか必要ない。随意筋を使って汗をかかないから、しっかりヘモグロビンA1c値、上昇。
 おお、7.8%……しょうがないね(´ヘ`;)
20120328hba1c
 これはまだマシな方で、業務も終盤。
 あきが来てやる気をなくしつつあるから、気もゆるむ。
 「うう、何か食わんとやる気が起きない」
20120328ga
 直近の血糖値の動きを反映するグリコアルブミン値だと、ヘモグロビンA1c換算8.5%!
 ああ、やっっちまったね(´ヘ`;)

続きを読む "汗をかかないと過剰血糖は消費しないのね"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

カーボ増量計画。

えいりあん・めもらんだむ

 私は耐糖能異常(IGT)だけでなく、潜在性甲状腺機能低下症も抱えている。

 甲状腺ホルモン(freeT3とfreeT4)は下限すれすれの低空飛行とはいえ一応正常範囲内に入っているが、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値が高い。
 私のデータはこんな感じ。

Tsh

 私が受けている血液検査機関のTSHの正常範囲は、0.35~3.73μU/ml。発覚以来、2回だけ正常範囲に入ったことがある。
 ・・・ただし、この検査上の正常範囲というのは実は広過ぎて、2以上ならすでに身体にとっては甲状腺ホルモンが不足だと感知されていることを示すという説もある。

長文注意報! 興味とお時間のある方は、お進みください。

続きを読む "カーボ増量計画。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

(カーボを)食べ過ぎれば血糖値はあがる……因果応報

 やっと資金に余裕ができた。
 血糖測定センサーを手に入れて、ささ、測りましょ……。
2012021400 
 2/14、久しぶりだけど……ギャッ!
 おおい、これは空腹時血糖値なんだぞ(´ヘ`;)
2012021500
 ニプロフリースタイル旧モデル。もう10年の実績があるわけで、疑っちゃいないけど……機械に間違いはつきもの。想定外のエラーがないわけじゃない。まちがっていてほしい(´ヘ`;)
 ……翌日2/15朝。

続きを読む "(カーボを)食べ過ぎれば血糖値はあがる……因果応報"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

聖マリアンヌ大学病院の糖尿病管理食

 糖尿病で入院したわけではない。全身麻酔による外科手術にあたって、外科糖尿病という事故が起きる可能性があるらしい。激痛対応で、私の体が散々各種ホルモン増産したように、血糖を上げるホルモンがいっぱい分泌されるからだろう。資料をいろいろ用意してあげたんだけど、それでも怯えている……。
 入院してみて分かった。
 整形外科は、高齢者とデブの巣なのだった。
11101311
 本来、BMIから算定すると1500kcal/日なのだが、足りないのがわかっているので1800kcal/日のカロリー量にしてもらった。ところが、日本糖尿病学会指示下なので、主食は4単位200gごはん。それじゃ多すぎる。
 海苔と塩を用意して、分散摂取。

続きを読む "聖マリアンヌ大学病院の糖尿病管理食"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

血糖値、点滴だけの場合

11101219 手術の際は、前夜から飲食禁止。まあ、そりゃそうだ。
 1g=4kcalのブドウ糖(グルコース)を1時間ごとに点滴……ひええええ。
 体内の蛋白質分解。そして脂肪分解でのケトン体利用。水分さえあれば、1週間くらい楽勝なのが人体だけど、ロキソニンを飲めないと、痛みが止まらない。
 それともヘルニア部分カットで、一発解消? 

続きを読む "血糖値、点滴だけの場合"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

這ってでも前進? 研究費は大事に使ってほしいね。

 日経メディカルにて、欧州糖尿病学会(EASD2011)(会員登録が必要です)での研究発表が報告されている。
 よく噛んで食事をすることで、あまり噛まないで飲み込む“早食い”に比べ、食後の血中グルカゴン様ペプチド(GLP-1)値とペプチドYY(PYY)値が上昇することが、肥満の人でも確認された
 ほほう、目の付け所は悪くない。

 この程度なら、それほど予算を使わずに済んだろうと思う。だって、ただの思いつき実験にしか見えないもの。
 一方、食後の血糖値やインスリン値の上昇については、両群で有意差はなかった。
 そりゃそうだ。健常人じゃ、全部なかったことになっちまう。
 肥満者でも同じことだって思わなかったのかしら? 斉藤氏は、「次の試験は、糖尿病患者を対象に行い、同様な結果を得たい」と語った。
 一緒にやれよウーラ、ラァ(´ヘ`;)
 まあ、他の報告がいかにも研究費の無駄づかいにしか見えないよりマシだけど、これが真実なら、咀嚼活動によって分泌されたものがなんであるのか? そんな病理学的研究に行かなきゃ、またしても無駄金を使ったことになる……そんな風には思わないのかなあ。
 ……金がない? 

続きを読む "這ってでも前進? 研究費は大事に使ってほしいね。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

分泌が追いつかない!

 金がついになくなったので働きましょう……あれ、どこも雇ってくれない(´ヘ`;) なんて、年寄りに冷たい世の中なんだろう。
 やっと見つけたのが、日雇いの肉体労働。
「あしたから、働けます(^_^)」って、ちゃらい社長、若造の言葉が天からの声に聞こえてしまった。しかあああし! くそ暑いさなか頑張ると、いやあ、腹が減る、減る。
11073030
 若い子なら、これでも足りない量。
 どんぶり飯に、饅頭10個でもおかしくないが……。

続きを読む "分泌が追いつかない!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

いくらとシャケの石焼

11061420 やっぱり、アナゴの方が美味い。
 すっかり親しくなってしまったので、アルミホイルをもらって、100g分をテイクアウト。
 これで、せこせこ血糖消費に歩かずに済む……実は、黒糖シロップがけのソフトクリームを満喫して、にこにこ歩く私なのだった。
 おお、毒こそ美味(^_^)

続きを読む "いくらとシャケの石焼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

援助食材――カーボ祭り

11061221 個人参加なので、やることがない。ピースボートの面々は、相変わらずトイレ掃除にゴミ片付け。仲間づくりと、忙しそうだけど、楽しみにしていた人がみんな帰ってしまって、私の相手がいない。
 喫煙所でもあるので、受付場所をうろうろしていたら、被災者への支給物資のおこぼれ発見。
 好きなだけ持って行ってと言われてもなあ……。

続きを読む "援助食材――カーボ祭り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧