カテゴリー「燃費改善―運動療法」の79件の記事

2013年5月31日 (金)

5月の結果報告

 犬も歩けば棒に当たる。コンコン、ノック。
 誰もいないはずが、なぜか居る。そして仕事ができる。
 あきらめちゃダメだ。
 そのためには、エネルギーがいる。燃えよ、ドラゴン。
 デブゴンになっちゃダメだよ
 でも、ちゃんと体重が回復してきた。その方がうれしい。
 さすがは脂肪回収ホルモン、汝の名はインスリン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

多摩丘陵

 平地も大変だけど、丘陵地はもっと大変。
13052066
 降りるのはいいけど、自転車じゃ腿がぱんぱん(´ヘ`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

ボディメイク5:脂肪と肉

えいりあん・めもらんだむ

 諸悪の根源のようにいわれている内臓脂肪であるが、減らせばいいというものではない。本当に肝臓などの内臓の内部に脂肪が蓄積するのはまずいが、腸間膜に脂肪がついているのは当たり前だし、内臓の外側にある脂肪には腹腔内で臓器を支える役目もあるのだから。

 2009年に腹腔内脂肪断面積7cm2まで落としたら、内臓下垂の心配を医師に指摘されてしまった。(→過去記事:ファット・バーン・ブルース)それで私は、内臓をしっかり保持できるだけの筋肉をつけるまでの間、脂肪を増やすことにした。

続きを読む "ボディメイク5:脂肪と肉"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

ボディメイク4:骨と肉

えいりあん・めもらんだむ

 YCATさんのこのブログにゲストライターとして書かせてもらうようになった最初の記事に書いたことだけれど、私はかつてBMI22をキープしていた。でも、当時のBMI22の身体がどうにも居心地悪くなって、BMI20に変更した。2008年の夏のこと。その時点で受けた人間ドックの結果を見て、怪しい項目の精密検査をして、耐糖能異常と潜在性甲状腺機能低下症が判明した。
 そこからSMBG(血糖自己測定)と人体実験の日々が始まったために、予定外にBMIはさらに1落ちてしまった。


 体重が減るのはいいことだ、という認識の人が多いのではないかと思う。

 そうとは限らない、という話をしたい。

続きを読む "ボディメイク4:骨と肉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

ボディメイク1:減量期の終わり

えいりあん・めもらんだむ

 YCATさんも復帰なさったことだし、私はもうフェイドアウトしてもいいかな、という気がしないでもないのだけれど。

 7月に書きかけていたシリーズ記事の原稿があって、でも、当時は予想だにしなかった生活が日常になってしまった今、同じ気分で続きを書く事はかなわず。

 まあ、ぼちぼち編集しながらアップしようかなと思ってはいるのだが・・・、家でPCを開くのは数日に1回という現状なので、ものすごく間延びしたシリーズになる予感。

 今年の糖尿病学会でローカーボ食が公認(?)されたとか(でも130 g/day以上の糖質という数字は明らかにADA=アメリカ糖尿病協会のパクリだよね)、いや糖質制限食は危険だと報道されたとか、世間は喧しい。
 でも、これはそのことについての記事ではない。3年前に130 g/dayの起源を突き詰めた私としては、今さらもうそんな話をしたくない。

 そこらへんは、8月にどらねこさんが書いてくれたことだし(^^)/
(→どらねこさんの 糖質に着目した糖尿病療養食についての個人的見解:その1その2その3

 これから書くのは、人は血糖値のみにて生きるに非ず、という話。

続きを読む "ボディメイク1:減量期の終わり"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

尿糖試験紙で間に合っちゃう

12060700
 肉体労働開始後、10日目。
 朝5時測定の空腹時血糖値。
 これなら、まあまあなんだけど(´ヘ`;)覚えることが山ほどあって、ストレスも溜まりっぱなし。ことは容易じゃないのであった。

続きを読む "尿糖試験紙で間に合っちゃう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

ラットの意識

えいりあん・めもらんだむ

 皆様、お久しぶりです。
 先月、PCが突然死しまして、血糖値のファイルとかをバックアップから移植するのが面倒で、ご無沙汰しておりました。

 そんなもん、GWにやれよ……はい、ごもっとも。

 ファイル移植はいたしましたよ。
 でも、今度は、新しいデータを入力してグラフを作るのが面倒。記事にしようと思っていたデータはあれど、解析するのはいつのことになるやら。

 困ったときの、トレーニングねた。

続きを読む "ラットの意識"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

合併症には、まだ縁がなさそうだからいいんだけどさ。

 ゴム管は、半年程度の過カーボ食では壊れない。
2012032870
 血圧が低いからってのもあるだろう。
 じゃあ、どこまで甘味を食えば血管が壊れるか? 
 それを実証してみる……気にはなれない。
 これしか持ち合わせがないんだもん、からだは。
20120328b_date
 クリックすれば、拡大しますが、さらに詳細に見たい方は、こちらからPDFファイルでどうぞ。
「maindate201203.pdf」
 尿アルブミン値が3mg/g.creが、3.5に増加。
 15%アップって言えば、ぎょっとするが、基準値は18mg/g.creだから、誤差の範囲でしかない。
 腎透析のステージに至るクレアチニンも、当然基準値。
 ……血液中と尿中で数値が違う理由がよくわからんけど。

 さて、今後どうなるやら(´ヘ`;)
 それにしても表にまとめてみると、下段(歳を重ねるほど)になればなるほど、色が変わっていく(ヘモグロビンA1c6%/6.5%/7%の変化)なあ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁断の味、大手町小岩井のスパゲティ

2012032809
 イタリア人が見たらぎょっとする超太麺。
 サービスのパルメザンチーズを死ぬほどまぶして、それじゃ脂っこくて食いきれないから、酸味の効いたキャベツ(北欧流ザワークラフト?)と一緒に大盛りをいただく……12年ぶり。 

続きを読む "禁断の味、大手町小岩井のスパゲティ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汗をかかないと過剰血糖は消費しないのね

 やっぱり(´ヘ`;)食べすぎだったのね(´ヘ`;)
「こいつに何を売りつけようか?」
 アンテナ全開謀略策案脳髄酷使、ブドウ糖積極消費。
 でも、脳みそって非随意筋なのよね(´ヘ`;)
 どうやっても「ぼーっとしている状態」と同じエネルギーしか必要ない。随意筋を使って汗をかかないから、しっかりヘモグロビンA1c値、上昇。
 おお、7.8%……しょうがないね(´ヘ`;)
20120328hba1c
 これはまだマシな方で、業務も終盤。
 あきが来てやる気をなくしつつあるから、気もゆるむ。
 「うう、何か食わんとやる気が起きない」
20120328ga
 直近の血糖値の動きを反映するグリコアルブミン値だと、ヘモグロビンA1c換算8.5%!
 ああ、やっっちまったね(´ヘ`;)

続きを読む "汗をかかないと過剰血糖は消費しないのね"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧