カテゴリー「低カロリー食」の98件の記事

2012年11月17日 (土)

ボディメイク2:血と肉

えいりあん・めもらんだむ

 体重を減らしたら、すべての血液検査項目が良くなったと言う人は多い。現に私の実母(88歳、2型糖尿病)の検査結果もそうだ。

 でも、私は減量したら貧血傾向になってしまう。

続きを読む "ボディメイク2:血と肉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

聖マリアンヌ大学病院の糖尿病管理食

 糖尿病で入院したわけではない。全身麻酔による外科手術にあたって、外科糖尿病という事故が起きる可能性があるらしい。激痛対応で、私の体が散々各種ホルモン増産したように、血糖を上げるホルモンがいっぱい分泌されるからだろう。資料をいろいろ用意してあげたんだけど、それでも怯えている……。
 入院してみて分かった。
 整形外科は、高齢者とデブの巣なのだった。
11101311
 本来、BMIから算定すると1500kcal/日なのだが、足りないのがわかっているので1800kcal/日のカロリー量にしてもらった。ところが、日本糖尿病学会指示下なので、主食は4単位200gごはん。それじゃ多すぎる。
 海苔と塩を用意して、分散摂取。

続きを読む "聖マリアンヌ大学病院の糖尿病管理食"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

まごころで血糖値を上げる羽目

 これはワタミの高齢者向け介護食「まごころご膳」
11060700
「もうあきた。捨てるよりマシだから食べてって」と知人の奥さま。当年80歳。
 味は悪くないんだが……。

続きを読む "まごころで血糖値を上げる羽目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

エアフランスの糖尿病機内食(往路)

 2時間も遅れてフライト。これが最初の機内食推定成分表。
110128lu_2
 1時間頑張って、パリ直行便、11時間フライト。
 途中、ちっちゃなラクトアイス1本とクラッカーをもらったけど、夕食にしては寂しい食事。間違っちゃいないはずだが……まあ、糖尿病患者だから(´ヘ`;)しょうがない。以降、別段、空腹感を感じなかった……って、動いていないんだから当たりまえか。 
110128di
 計算間違いかと、脳の底をひっくりかえしてみたけれど、パンの量が少ない以上こんなものか? パーサーは何も考えていないから、追加に一般人向けのパンをもらうことはできる。
 それは患者の、あなたの勝手。
 というわけで、往路は低カロリーのごく普通なDMmeelだったんだけど帰路パリ発には仰天!
 何を考えているんだ、フランスの栄養士?

続きを読む "エアフランスの糖尿病機内食(往路)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

2週間限定、お勧め惣菜

 単位とか1カーボとか言っているうちはカーボカウントが、何もわかっていないってこと。SMBG(血糖自己測定)によるフィードバックこそが本質なんだけど……そんなに難しいかなあ(´ヘ`;)。
 代謝に問題ない非当事者である医師や栄養士の考え方によりそっていると、耐糖能異常(IGT)者としての見方ができないってことなのかもしれない。
 体感はまったくあてにならない。測定しなきゃダメなの。
10103000
 きちんと栄養成分表を表示してくれて、これだけでも十分おなかが膨らむ耐糖能異常(IGT)者にはうれしいメニュー。5月に続いて秋の新作メニュー。サンクスも30周年だって。
 わかる人向けの商品って、そんなに量が出ない(´ヘ`;)
 栄枯盛衰は世の習いとはいえ、志が通じることもないわけではないこともある(´ヘ`;)がんばって。

続きを読む "2週間限定、お勧め惣菜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

レタスが安くなったので

 帰国したら、ぐっと涼しくて、高かったレタスも普通の値段。カロリー主義時代は、脂の量を気にして食えなかったけど、ヘビーな脂はどうせ吸収しきれない。それを確信できるようになって定番になったメニュー
10091477
 レタスは90%が水分で、ろくに栄養がないけど、油で炒めれば美味しくいただける。生だと、ウサギ気分で「水ばっかり呑めるか!」でも、塩分添加で、ああ、これはポカリスエット。
 500gの大玉でも楽勝で食えて、食物繊維と水分で胃を充満させることができ、血糖管理=食欲管理の武器となる。
 わかる栄養士さん? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

さすがに食いあきたDBmeel

 7月の用件フォローがあって、バンコク再訪。ずっと変化していないメニューなので、ちょっと間隔が足りない。
  成田発。またごはん付だ。        バンコク発
1090900 10091400
 エサはエサ。まずくないし、いいんだけど(´ヘ`;)
 
 どっちにしろ、ずっと英作文しつづけたのでクタクタ。
 爆睡の帰国便でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

通じたのか通じていないのか? I don't know.

 お土産を配って、さっさと眠った翌朝。にこにこ笑顔のお手伝いさんに遭遇。
「くうらぶ」出身。地図を見ると、それはプーケットと同緯度の南部タイにある中心都市みたい。 
10091100 知人の姉夫婦の友人だと言っている。
 そんな気がするが60日ぶりの私の頭には、まだ英語がなじまない(´ヘ`;)
「あんたの面倒を見るようにも言われている」と言っているらしく、「さあ、食え」と出された朝食。 
 超危険物カオニャイ(もち米を蒸したもの)ではなく、ちゃんとしっかりかまないと咽喉につかえる黒米。信者がたくさんいる健康にいいヘルシーおかゆだけど、250gの炭水化物は私の膵臓では処理不能。
 拒否するのも戦争だし、説明するのもうっとおしい。
 えいやっと食ったけど、やっぱり頭がちかちか。
 (あ、200mg/dl超え)
 タバコを吸うと散歩に出たのは当然(´ヘ`;)。

続きを読む "通じたのか通じていないのか? I don't know."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

新メニュー ピーマンのシラス炒め

10072355  by週刊モーニング
 よしながふみ作『きのう何食べた?』
 
 じゃことピーマンをごま油で炒めて、みりんと少々のめんつゆで味付けってのが本家なんだけど、オリーブ油と醤油。隠し味にエリスリム(非吸収カーボ)で甘くし、唐辛子でピリ辛にして頂戴している。
 油の量を気にしなくなったのは大きいなあ。
 以前は計量スプーンを使っていたけど、今は大ざっぱ。
 ゴマの風味も捨てがたいが、サラミをレンジチンして、溶け出した飽和脂肪酸を使って炒めるのが、実はもっとも美味に感じる。
 危険なものほど美味いってか? 

続きを読む "新メニュー ピーマンのシラス炒め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

帰路DB-meel 完全定番

10071299 深夜
 バンコク スワンナブーム空港発成田行。
 眠る前のひととき。
 一般客はクッキー2枚。
 いいんだ、俺にはマカロンの思い出がある
 おやすみ。

続きを読む "帰路DB-meel 完全定番"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧