« 休み明け血糖値 | トップページ | As time goes by »

2013年8月31日 (土)

8月の結果報告

 盆休みがあったので、ちょっとは減ったかな
 基準値キープは、山登りのおかげ。こんなものか。

|

« 休み明け血糖値 | トップページ | As time goes by »

コメント

ほとんど1年ぶりの血糖値データ更新ですが・・・

このブログページトップの

>インスリンは使用してません。

にも更新を入れるべきではないかと。

投稿: えいりあん | 2014年1月11日 (土) 10:40

 うわ(´ヘ`;)
 ありがとうございます。
 まったく気がついていなかった(´ヘ`;)
 もうしわけございません。

投稿: YCAT | 2014年1月11日 (土) 15:28

 アップされた記事をざーっと読んで見つけられなかったのですが、インスリン基礎分泌の検査結果はどうだったのですか?
 やはり基礎分泌量が不足していたのですか? それともインスリン作用低下?
 追加分泌はそれなりにあるみたいな血糖値ですよねー。

投稿: えいりあん | 2014年1月12日 (日) 13:20

 まだ全部アップしていないので、月別を作っておらずすいません。2月中には終わるでしょう。

 CPRのデータは、その前の記事にアップしておいたのですが、こっちにも載せます。

 俺は正常なの? あてにならない検査データ
 

 私には、インスリン抵抗性が高くて、過剰分泌しているとしか読めません。主治医もこんわく(´ヘ`;)あほ。
 わからん(´ヘ`;)
 血中量も、標準値。
 わからん(´ヘ`;)

 考えてもどこへもつながらないから、なにもやらなくてもいいじゃん(^_^)一緒に失明しよう! 
 某SFマガジン誌上で、サイエンス・ライター、一般相対性理論を語れる論客が、発病15年目、薬は服用していて、痩せていて、過食なんかしていない(データ表示なし、なにが過食なのかの定義なし)のに、ついに、目がつぶれそう……と得々と、愚痴っておりますが、世の中、まだまだこの程度のレベル(´ヘ`;)
 健常人の代謝じゃ、復元力が強すぎて、どこがおかしいのかわからず、ずっと謎だった、血糖値の上昇要因を、インスリン分泌ゼロの実験材料に、超速効インスリンを使う検証で進歩した事実を何も知らない20年遅れの化石。

 考えれば考えるほど、眠っているも同然とはいえ、考えもせず、落ちていく化石を救う方法を考えるのは、もっと眠っているようなもの(´ヘ`;)。

 そんなことより、やせ我慢して頑張っている、あの滞納者に「遠慮しないで生活保護を受けて、生活を安定させて、いずれ高額保険料を払う身分になれ!」と説得する方法を考える方が価値がある……って、それができないから、収入が増えず、健康保険料を滞納して、資格証になって医者に行けなくなるんだよなあ(´ヘ`;)

 これも、休んでいるようなものか(´ヘ`;)
 
 おらは金持ちではないし、天使でもない。

 ああ、あたまがいたい。 

 そういえば、知人の旦那、風邪もひいたことがなく、健康診断正常の方が、「だるい」と入院してみたら、末期肝臓がん。たった12日の入院で急いで旅立ち……ほんとに血液データに異常値がなかったのかなあ? 

 肝臓などの代謝状態をシミュレーションするには、量子化学なる学問で、やるしかないけど、その計算には現在のスーパーコンピュータの性能を二桁ほど上げないとダメだとかの記事を読みました。そうなんでしょうかね?
 調べたいけど、やってらんないや。
 知らないことは、知らないあっちの向こうの先まであるってこと、それだけしかわからない(´ヘ`;)

 それでも、そんなものかなと方向だけでも決める。
 それが、生きていくってことであり、内科医療、おっと、その前の、本道医のやってきたことなんでしょうな。
 あら、時間がなくなっちゃった。寝なきゃ。

 すいません、しばらくコメントレスはつけられないかもしれません。保険料算定の謎やら、青色申告の手伝い、いや、それ以前の問題もあるなあ(´ヘ`;)、さらには、ヒモを追い出せとか(´ヘ`;)。まったく、それこそ余計なお世話なんだけど、悩んでいる人がいる以上、そっちが先なもので、あしからず。
 来年の年末年始業務停止まで待たせるかも(´ヘ`;)


 

投稿: YCAT | 2014年1月13日 (月) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/58892369

この記事へのトラックバック一覧です: 8月の結果報告:

« 休み明け血糖値 | トップページ | As time goes by »