« 9月の結果報告 | トップページ | ボディメイク1:減量期の終わり »

2012年10月 3日 (水)

壊れるまで音量(血糖値)を上げてみよう。

 全部アップしました。これでストレス源解消! 

 食欲快調……とまらない(´ヘ`;) で、通常値、BMI22復活。
121003
 さて、金の都合がつきそうなので、11月は主治医のところで尿アルブミン検査をやってみよう。
 もうひとつ蓄尿検査もやってみたいなあ。こんだけカーボを摂取しているんだから、インスリン分泌量が増加していてもおかしくない。
 そうじゃなければ、私のすい臓ベータ細胞は滅亡寸前ってことだ。

 薬物投与はそのあと。

|

« 9月の結果報告 | トップページ | ボディメイク1:減量期の終わり »

コメント

 おかえりなさーい(^O^)

 どうなってるのかと心配してました。

 私はここんとこ半年連続でヘモグリの数値が基準越えてたんで、さすがに少し気にするようになってたんですが、先月の空腹時血糖は86だったので、まあ基礎分泌はまだある、でも高い時は高いんだろうなーと思いつつも、自己測定してません。使ってないチップが100本以上期限切れになってる。
 もう、痛いのはいや、と拒否反応が強くて。コレステロールが大丈夫で血圧が低くてタバコ飲んでないからまあまだ様子を見ましょうという感じで。

 この先15年くらい頭がはっきりしたまま生きることができれば、少しはこの世に役に立つことをしたり、未来への好奇心を満たしたりもできるので、やはりそれなりにびくびくぼちぼちやってくつもりです。

投稿: まや | 2012年10月 4日 (木) 21:38

 坂龍飛騰じゃないですが、いろいろまとめに入ったようなご活躍、何よりです。
 わかる人にはわかる……でしょう(´ヘ`;)

>私はここんとこ半年連続でヘモグリの数値が基準越えて

 そんな不安そうな様子がうかがえながらも、数値が記載されていなかったので、ずっと気になっていたのですが、まあ、大丈夫なんじゃないですか。

 循環器CT検査の詳細が書いてありませんでしたが、心臓冠動脈がつまっていなかったのなら、当分安心でしょう。
 大血管障害は、血液マーカーで判別できる状態のときは、イコール、手遅れ状態。なにも知らずに突然死した方が、治療費用がいらなくて安上がりだったりしますもん(´ヘ`;)
 加齢によって、すい臓機能は劣化する。
 消化酵素を製造してくれれる外分泌機能を維持してくれるだけで、ありがたや、ありがたや。

 糖尿病患者としては末梢血管障害が怖いので、尿アルブミン検査、眼底検査など故障個所の精査はやってしかるべきでしょう。
 そこで異常がないなら、たぶん10年くらいは血管壁は壊れないでくれるだろうと思っております。
 あとは血糖管理より、むしろ階段から転げ落ちないように気をつける方が肝心ってものです。猫ちゃん、蹴飛ばさないでね。

 15年となると……ううむ。
 その辺のことを踏まえていろいろ考えをめぐらせてみたら、えんえん長文になってしまったので、それは別途メールします(´ヘ`;) 血糖管理とは無関係だし。 
 づがれだ。

 さて、夜勤に出勤じゃ。

投稿: YCAT | 2012年10月 5日 (金) 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/55809228

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れるまで音量(血糖値)を上げてみよう。:

« 9月の結果報告 | トップページ | ボディメイク1:減量期の終わり »