« 6月の結果報告 | トップページ | グリコアルブミン値 »

2012年7月 8日 (日)

グッドバーを探して

えいりあん・めもらんだむ

 む〜、もう半年も前の記事になるのか……(u_u;;;

 1月に記事にしたアトキンス・バー人体実験(→過去記事:ネットの虚実)では、アトキンス商品のうちのEndulgeシリーズを食べた。この商品群は、お菓子という位置づけなの。タンパク質が3 g 程度しか入っていない。

 プロテイン・バーが欲しくなったのよ。

 日本製は高いし、カーボが20 gとか入っていたりするので、問題外。
 成分表を睨んで、なるべく糖質の少なそうなプロテイン・バーを各種ポチった。

Goodbarsphoto


Bars

 HealthSmart Foods, Inc.の Chocolite Protein, Smores;ネットカーボ2 gという触れ込みのバー。
エネルギー 100 kcal, P: 9 g, F: 3 g,
トータル C: 19 g, うちDietary Fibers: 4 g, Sugars: 0 g, Sugar Alcohol: 13 g
 このChocolite Proteinというバーは、みんなカロリー控えめなの。プロテインも少ないけれどね。

 Nature's PlusのKETOslim;こちらはネットインパクトカーボ2 gだって。…しかし、ケト・スリムというネーミングには笑うべきか、呆れるべきか。
エネルギー 220 kcal, P: 21 g, F: 8 g,
トータル C: 22 g, うちDietary Fibers: 2 g, Sugars: 2 g, Sugar Alcohol: 18 g

 プロテインが21 g。さすが。

 Quest NutritionのNatural Protein Bar, Lemon Cream Pie;食物繊維が17 gと多いことになっている。レモンクリームパイ味というのに惹かれてポチった。たまにはチョコ味以外を食べてみたい。
エネルギー 170 kcal, P: 20 g, F: 6 g,
トータル C: 25 g, うちDietary Fibers: 17 g, Sugars: 1 g, Sugar Alcohol: 6 g

 あと写真には写っていないけれど、同じQuest NutritionのNatural Protein Barでシナモンロール味というのも別便で買って、人体実験した。この味、私的にツボ♪
エネルギー 170 kcal, P: 20 g, F: 6 g,
トータル C: 24 g, うちDietary Fibers: 17 g, Sugars: 1 g, Sugar Alcohol: 6 g

 AtkinsのAdvantage, Caramel Fudge Brownie Bar;ネットカーボ3 g。プロテインの多いアドヴァンテイジシリーズ。
エネルギー 170 kcal, P: 10 g, F: 9 g,
トータル C: 19 g, うちDietary Fibers: 10 g, Sugars: 1 g, Sugar Alcohol: 7 g

 アトキンスバーにしてはプロテイン多めとはいっても、10 gなのよね。他メーカー品と比べると、プロテインバーとしてはいまいち…?

 Universal Nutrition,のDoctor's CarbRite Diet Bars, Sugar-Free, Chocolate Brownie;ネットインパクトカーボ2.5 gと言っている。For Carb Conscious DietersやらFor the Low Carb Way of Lifeという宣伝フレーズが並ぶ。私らって、カーボ・コンシャス・ダイエッターだったのか。
エネルギー 190 kcal, P: 21 g, F: 3.5 g,
トータル C: 23 g, うちDietary Fibers: <1 g, Sugars: 0 g, Sugar Alcohol: 20 g

 カーボはほとんど糖アルコール。これが曲者なのよねえ。

# 私は記事中で商品を紹介するときは、メーカーのサイトにリンクを張るのを原則としているのだけれど、今回は全部iHerbのページにした。成分表記が統一されているほうが、比較して見やすいだろうと思ったもので。(自分の購入履歴からダイレクトに跳んで行けるのでURLを拾うのが楽だったから、という理由ももちろんあるが。)


 ネット・カーボの数字を鵜呑みにしてはいけない、という教訓は半年前に得たので、人体実験。
 いつものように、私にとって耐糖能最弱の昼間の血糖応答。

Goodbars
 Quest NutritionのNatural Protein Barのレモンクリームパイ味については2回実験したので、グラフに2本線が入っている。


 まあ、例によって上がるんだわ。

 KETO SLIMとCarbRiteとQuest Nutritionの2種類は、ピーク血糖値が160〜170 mg/dlくらい。
 私の自己測定の場合、ちゃんとした検査機関で静脈血で測定したら145〜155 mg/dl程度に相当する値だから(→過去記事:BS オン デマンド)、それほど派手に上がったわけではないのだけれど、カーボ・コンシャスな人としては不愉快だわね。

 HealthSmartのChocoliteとアトキンスのバーは、ピークでもなんとか140 mg/dl未満。
 やはり、さすがアトキンスと言うべきか……。

 実はHealthSmartのChocoliteシリーズは過去に他のフレイヴァーを2種類試したことがあって、どれもピーク血糖値が140 mg/dl未満だったのだけれど、わたくし的には不味かったのよ。でも、このSmoresは、イケる。ていうか、すでにリピしているし。(^^)

 しかし、ピーク血糖値の低かった2種類は、タンパク質含有量が他の半分くらいしかないのよねえ。
 タンパク質を立てると血糖値が立たず……うまく行かないものだわ。(u_u;;;


 もうひとつ悩ましいのは、プロテインの多いほうの3社のバーを食べたら、かなり胃に負担感があったこと。脂質は少ないのに、胃に重いって何故……(;_;)
 タンパク質よ、お前もか?
 でも肉でタンパク質20 g相当を一気に食べても平気なのに…。謎だ。

 ともあれ、KETOslimとCarbRiteとQuest Nutritionのバーについては、半分くらいずつ時間を空けて食べることにした。食後に気持ち悪くなるのを避けるためなのだけれど、血糖値もこれでOKよね、きっと。(測っていない :p)


copyright (c) 2012- えいりあん
 転載厳禁。引用の際は、ブログ「血糖を管理する日々」に言及の上、リンクを張ってください。

|

« 6月の結果報告 | トップページ | グリコアルブミン値 »

コメント

いつもえいりあんさんのエントリー、とても参考になります。

やはり血糖値が計算以上に上がる商品もあるのですね。

商品の糖質量を鵜呑みにせず実験されるお姿に本当に頭が下がります。

これからも楽しみにしておりますので、
よろしくお願いします。

投稿: ごろぞう | 2012年7月 9日 (月) 08:28

ごろぞうさん、こんばんは。

>やはり血糖値が計算以上に上がる商品もあるのですね。

 アメリカの製品のネット・カーボとかネット・インパクト・カーボは、糖アルコールと食物繊維を完全にゼロとして出した数字ですからね。
 でも、糖アルコールはマルチトールの場合も多いし、食物繊維に至っては増粘多糖類やオリゴ糖まで含んでしまうのですから、細かい成分内訳まで踏み込まないと計算さえできないのですよ。
 成分が表記してあっても、それぞれの分量までは出ていませんから、結局人体実験をするしかないのですねえ。

>これからも楽しみにしておりますので、
よろしくお願いします。

 ありがとうございます。
 また忘れられた頃にしか更新できないと思いますが、ときたま覗いてください。(^^)/

投稿: えいりあん | 2012年7月 9日 (月) 22:15

お返事くださりありがとうございます。

マルチトールが血糖値を上げるのは知っていましたが、
食物繊維にオリゴ糖等が含まれるとは驚きです(>_<)

また一つ勉強させていただきましたm(__)m

投稿: ごろぞう | 2012年7月10日 (火) 09:20

>食物繊維にオリゴ糖等が含まれるとは驚きです

 実は食物繊維の統一された定義というものは無いのですよ。

 アメリカとカナダでも定義が違ったりしますし、その辺りの事情は、私が昔の記事で紹介したアメリカ&カナダの食事摂取基準(DRI)の第7章 Dietary, Functional, and Total Fiberに書かれています。で、この章の表7−1「食物繊維の特徴」の中に「アルコール抽出で回収されない炭水化物」という項目があって、「重合度3から10のオリゴ糖を含む」と明記されています。

投稿: えいりあん | 2012年7月10日 (火) 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/55088243

この記事へのトラックバック一覧です: グッドバーを探して:

« 6月の結果報告 | トップページ | グリコアルブミン値 »