« 12月の途中経過 | トップページ | 12月の結果報告 »

2011年12月18日 (日)

冠動脈CTしてみようかな?

11121800_2 水曜日に帰宅してみたら、喪中の挨拶状にびっくり。
 糖尿病で済生会中央病院に同期入院した旦那じゃなく、奥さま単独名義じゃん。
 ……ってことは?

 翌々日、主治医と連絡が取れた。
 11/17採血し、その結果で診察するつもりの11/24に来院しなかったので、奥さんに電話をしたら「朝、目覚めなかった……」
 ショックだったみたい。
 これだから、糖尿病専門医は大血管障害に神経をとがらせるんだろうな。合併症は手がかかって儲かるなくても、心筋梗塞で死なれたら……うん、やっぱりつらい。
 飼い猫が死ぬより、やだよなあウーラ、ラァ(´ヘ`;)
 司法解剖などはしていないらしいが、面識が一度しかない以上、奥さまに直接電話するわけにもいかない。
 10年前はきれいな人だったから会ってみたいけど。

 彼は体育会系で、がっしりしていたけど、製造年、糖尿病宣告と、使用履歴はほぼ共通。入院時のヘモグロビンA1cは9%程度で、健康診断を経費削減でさぼっていた私とは違って早期発見だったから、血管のダメージは少なかったはずなのにねえ……。
 その異常値をインスリン強化療法で、入院後すぐ離脱。
 あとは食事管理だけで代謝管理していたのも同じ。
 同時に入院した20人足らずの仲間の中で、ふたりだけ異質だった。食事前、東京タワー周辺を元気いっぱい歩き回っていた姿が目に焼き付いている。
 加齢とともに、ヘモグロビンA1cが上昇傾向とかだったのも私と同じ。分泌は十分あるので、出遅れ対策として、去年、ビクトーザ採用。
 でも効果がなかったそうで、こうなってみると、その時点で動脈硬化もしくは冠動脈のつまりがあったってことになるんだろう。私ほど、医療で遊ぶ趣味はなかったから、頸動脈エコーもやってないだろう。灰になってしまった今では調べようがない。
 わからんけど、副作用ってことはないと思う。

 おそらく見た目は、すこぶる元気だったはず。
 一昨年夏、久しぶりに会った。
 およそ糖尿病患者とは思えない、筋骨隆々、愛人が二、三人いて奥さんを泣かせてもおかしくないもない、そんな様子だった。
 主治医としては、まさしく想定外だったろうなあ。
 奥さまの厳しいカロリー管理の元、教育入院退院後は、しばらくヘモグロビンA1c5%下の超優良患者だったはず。
 食事内容の詳細はまったく不明なので、分析のしようがない。日本糖尿病学会の指導方針に忠実だったから、たぶんカロリー管理でカーボカウントじゃなかったと思うけど……。
 説明はしたが、私のサイトは、ろくに見ていなかったはず。
 数値が良化すると、だいたいそうなっちゃんだよなあ……私のごたくなんか読みたくないだろうし(´ヘ`;)
 あの世に行ってから読んでも遅い!
 
 老人ホームの父親が、認知症に糖尿病合併症を発症して、まだまだ長生きしそうだってのに、うううん、奥さんかわいそう(´ヘ`;)
 これが人生ってやつなんですねえ……。注意深く、神経質に道を歩いていても、馬に蹴飛ばされることもある。

 だからって、そこのあなた! 
 どれだけ食っても、同じこと、好き勝手してもかまわないんだってことじゃありませんよ。それは敗北主義です!
 ほどほどに、ほどほどに。
 めんどうくさいですが、それがじんせいのつなわたり。落ちる恐怖を味わうのはけっこうですが、自分から身を投げてはいけませぬ。

 今日も、銀座ショコラが美味い(^_^) 

|

« 12月の途中経過 | トップページ | 12月の結果報告 »

コメント

 こんにちは。確か最近書きこめるようになったはずなのでお邪魔します。
 私も1月に循環器の専門医のところで冠動脈とか見てもらう予約してるんですよ。
 4年前に数値を見て顔色を変えた主治医はすぐに血管の検査を、って言ってたんですが、私が薬なしで三ヶ月後にまあ普通に落としたのでそれから何も言わなくなったんです。で、今回は私が頼んで紹介状を書いてもらいました。
 血圧とコレステロール値とかに問題がないのでリスクは少ないと思うんですが、やはり検査っていやですね。
 事実を直視したくない。
 検査しなければすべてOKと思いたいのですが・・・
 一つ質問。
 YCATさんってどうして体脂肪がそんなに少ないんですか。(体重は私より10 KG 以上重いのに)私は16から20 の間です。
 体重が増えると体脂肪が増えていて、「筋骨」なんてもとよりないのかなあ。

投稿: まや | 2011年12月19日 (月) 07:31

aaaaa...

ついに来てしまいましたね。ややこしい話は裏でやりましょうね。あたしもおしゃべりだけど、まやさんはそれに輪がかかっちゃってとまらないんだもん。

>私も1月に循環器の専門医のところで
>冠動脈とか見てもらう予約してるんですよ。

 CTですよね?
 怖い怖い、放射線ですよ、いいの? それでビビる人じゃないでしょうけど。

 昔よりずっと短時間で検査終了するようになったみたいだし、それくらいでどうなるものでもないのに、物言えば唇寒し状態のようで、逆方向に振れ過ぎ。
 それも困るんですが、その程度の民度だからどうしょうもないんでしょう(´ヘ`;)
 閑話休題。
 ったく、まだ信じられない。
 50年後のがん発生率増大より、お近くの心筋梗塞。やっぱり、やっておいた方が安心ですよね。
 近所の某川崎市民病院は、あとでいろいろ評判を聞くと、とことん評判が悪いとわかったのですが、心臓外科さんにはやる気満々趣味の先生がいらっしゃって……。
 そうか、そっち系は好きでも、緊急患者の受け入れはいやなのか? 
 整形外科の応対だけで、そんなことを推測してはいけない。あとの2件も似たような結果だったんだから、しり込みするだけ良心的なのかもしれない……ン? 
 閑話休題。
 その探訪結果を以前記事にしました。
 Kさんも、そんなヒマつぶし好きの医師に出会えば「冠動脈を止血しちゃいけません」って言ってもらえ、ステントをいそいそ挿入してもらえたでしょうに(´ヘ`;)
 前兆はあったはずと思うのですが、正式な検査をしない限り、気のせい、気のせいと否定しがちなんですよね。やなことは、見たくも聞きたくもないウーラ、ラァ(´ヘ`;)

 過剰なインスリンが害を及ぼすって噂は、あり得ないと思っているのですが、暑い夏の野外、日雇い生活で、腹を空かせて、あれほどカーボを食ったのに、均してみた数値――ヘモグロビンA1cが低下してしまったことを思うと、ひょっとすると乱高下していた可能性はある。
 うどんの小鉢と小鉢の天丼で300mg/dl越え。
 そんな高血糖機会がたくさんあったはずなのに下がったってことは、どこかで大量分泌したはず。
 うううむ。
 お腹がすいたあ! 
 あれは、インスリン過剰分泌の低血糖だったのかもしれない。
 それが血管へのストレスになって、ええい、とっとと、ピンピンコロリしたいわ(^_^) 花も実もない私なんて、先行きどうでもいいんだもん。
 
 おっと、閑話休題。

>YCATさんってどうして体脂肪がそんなに少ないんですか。
>(体重は私より10 KG 以上重いのに)私は16から20 の間です。
>体重が増えると体脂肪が増えていて、
>「筋骨」なんてもとよりないのかなあ。

 使っている体脂肪計がタニタの古い機種です。数年前、計算式が変わったとかでしたから、そちらの数字と比較する意味はありません。たぶん、12-14くらいになるだろうとは思いますが、正確な算定方式ではないようです。あまり、あてにしないでください。各個体ごとの、経時、経年変化をみるのには意味があると思いますが。
 その誤差修正と、私が、痩せも枯れても、これでも、まだオスだからじゃないですか? 女性ホルモンを打つ趣味はありません。

 これで通常状態。
 長生き確率の高いBMI22ベースですよ。
 そういえば、今年の夏、過酷な肉体労働者だった時は、当然なのに、驚きましたねえ。
 毎日4リットルの水分を取って、それが全部流れて脂肪も流れて、内臓脂肪がほとんどなくなって、体脂肪率も7%(タニタ旧式計算法)を割りそうになった時は、このあとどうなるんだ。そう思いました。

 ……あれ? 
 それで坐骨神経に、筋肉が直接接触するようになって痛みが発生したか?
 わからん。
 どっちにしろ、デブで股関節やらを痛めているじじい、ばばあどもとは症状が違うような気がするけど、うう、腰をばらしてみたい。
 うう、ねじはどこについているんでしょうね。お嬢さんがご存知でしたら、マニュアルをもらってください。

投稿: YCAT | 2011年12月19日 (月) 22:34

 YCATさん、えいりあんさんこんばんは(^-^)
 年末寒い日が続いて、身体にはキツい時期ではあります(~ヘ~;)
 が、お互い一病息災を念頭に新たな年を迎えましょう♪
 (一先ず『オコタ』に避難しつつ年越しをしようと思います(笑)
 来年もよろしくお願いします(*^□^*)

投稿: 蝶々 | 2011年12月31日 (土) 18:49

 蝶々さん、こちらこそ来年もよろしくお願い致します。
 死ぬまでは、このおんぼろ車をメンテしていくしかないのですぅ(^_^)

投稿: YCAT | 2011年12月31日 (土) 20:44

蝶々さん
 お久しぶりです。
 11月、12月と母と夫が立て続けに入院する羽目になり、リアル界で忙殺されておりました。

 母の入院した病院のリハ室に、体重3桁と思われるPTさん(30代?男性)がいらっしゃいました。
 3桁だって動けたらいいと思うのですよ。でも、その人は、妊婦さんでもないのに後ろ姿ペンギン歩き・・・。
 スポーツ整形の若い患者さんや付き添いの家族の視線から、その人だけ冷たい視線を浴びていました。
 蝶々さんの路線は、正解ですよ。

 私は付き添いで病院に泊り込んだり、朝夕通ったりしていて、1ヶ月ろくにトレできなかったら、1kgカタボりました。一応、週に1回はなんとかジムに行って、30分ほどですがトレしていたのですが・・・維持できませんでした。しかも、落ちたのは下肢の筋肉(大泣
 年末年始はもれなくジムがお休みだし、かといって宅トレする元気もなく、休息中です。

投稿: えいりあん | 2012年1月 1日 (日) 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/53515722

この記事へのトラックバック一覧です: 冠動脈CTしてみようかな?:

« 12月の途中経過 | トップページ | 12月の結果報告 »