« 梨状筋症候群? 腰椎ヘルニア? | トップページ | 9月の途中経過 »

2011年9月14日 (水)

保存療法(つまりがほっとけ)効果、整骨効果?

 強力座薬ボルタレンの効きもなく、もちろん外用薬は無駄。紹介状を書いてもらって、大学病院麻酔科で筋肉ブロック注射までしてもらったが駄目。
 痛みのない右腰まで痺れるくらいだから、薬効はあるはずだが、数時間が激痛復活(´ヘ`;) それじゃ役に立たない。ロキソニンが、服用後6時間のみ有効でちっとは軽減されるのが唯一の救い。
「ロキソニンなんかで効果がある痛みは、たいした症状じゃない」ってことらしいけど、じゃあ、どうして他は役に立たないの? 

 臥薪嘗胆。夜も昼もうとうと18日目。
 無駄と思いつつ通っていた整骨院にて。
「痛みが辛抱できるなら、背筋を伸ばしてみましょうか?」
 ぐい。
 あら? 
 なんだか背中がまっすぐになったような……。
 ここから、ちっとは痛みが減ったのだった。これは、ヘルニアがへこんだのか? それとも、神経が痛みボケして忘れたのか? 翌朝、帯状疱疹のようなぶつぶつが脚の表面から消えた! 

 しかし、悲しきことに、私は、ただの患者。
 事実の是非判断は、専門家にゆだねるしかない……。
 MRI撮影からすると、ヘルニア――腰椎の軟骨が出っ張っているのは明らかに見えるが……おおおい。
 痛み出したから撮影したけど、そうじゃない時、日常状態の腰椎――使用前の撮影写真はないんだぞ、ほんとかよ?

|

« 梨状筋症候群? 腰椎ヘルニア? | トップページ | 9月の途中経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/53402406

この記事へのトラックバック一覧です: 保存療法(つまりがほっとけ)効果、整骨効果?:

« 梨状筋症候群? 腰椎ヘルニア? | トップページ | 9月の途中経過 »