« あなごの一本鮨 | トップページ | いくらとシャケの石焼 »

2011年6月12日 (日)

年寄りの冷や水

11061250
 うううう。
 調子に乗りすぎた。
 
 ここは黄金浜といって、冠水した漁業の街の、今はベッドタウン。
 この写真のずっと奥の方まで、土嚢の山は続いているのだ。

 目に見えるところは片付いたが、下水の側溝にはヘドロが詰まっていて流れない。石巻災害復興支援協議会に集うボランティア団体の大どころのひとつ、On The Roadのチームに、個人参加者として振り分けられたのはいいが、若い子ばっかりで、みんな力持ち。
 女の子も、段取りづけが手馴れていて、おお、おじさん、頑張る! 
 記録的成果だったようで、10チームの中で最高の達成率。側溝を延べ500mきれいにできた。
 最後に手伝ってくれた地域の方たちが水を流した。
 するすると流れていく水を見て感動……まあ、海の手前で水位が同じになるから、結局は詰まっちゃうんだけどね。

 みんなもったいないと、つい土嚢袋をいっぱいにしてしまう。
 重機がすくってくれるならいいんだけど、それを2tトラックの荷台に上げなきゃいけないんだっての! 
 割れたガラスが入っていたりするから、底を支えることはできない。
 首をつかんで――つかむ首部分にまで詰めるんじゃない! 

「よいしょお」と若い子がほうり上げた土嚢袋を、荷台で整理する役に回ったが、どんどん来るので追いつかない。腰に負担がかかって危ないと思ったが、その前に右肩が筋肉痛。悲鳴を上げてしまった。
 うう。
 歳じゃのう(´ヘ`;) 

|

« あなごの一本鮨 | トップページ | いくらとシャケの石焼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/53372502

この記事へのトラックバック一覧です: 年寄りの冷や水:

« あなごの一本鮨 | トップページ | いくらとシャケの石焼 »