« まごころで血糖値を上げる羽目 | トップページ | 新幹線はやっぱり早い。腰に負担なし。 »

2011年6月 9日 (木)

月末までコメントレスできません

 うう、目が冴えちゃった。まるで小学生の遠足前夜(´ヘ`;)
 様子がわかったので、今度は個人参加で、猫の手に化けます。
 石巻からの帰還は20日のつもりも、あるいは長期化?
 読むことは、携帯からできますけどね。
 平日ボランティアは、どんどん減っているようです。
 大学生さんたちが夏休みになるまで、行ける人はよろしく。

|

« まごころで血糖値を上げる羽目 | トップページ | 新幹線はやっぱり早い。腰に負担なし。 »

コメント

私の地域もボランティアさんの数が相当減ってきています。それでも、今いる皆様には大感謝です。

投稿: 蓮 | 2011年6月12日 (日) 15:13

 すっかりレスが遅れて申し訳ありません、蓮さん。
 若い連中に合わせて、ヘドロ満杯(入れすぎるなってのに「もったいない」とみんなどうしても詰め込んでしまうのです)の土嚢を、トラックにばんばん放り投げたので……すっかり右肩が上がらなくなってしまったのです(´ヘ`;)
 ボールペンより重いものどころか、この20年キーボードの上の、指しかささえていなかったのに……あほじゃ。

 帰宅後、ずっと痛みが引かなかったせいもありますが、いろいろ落ち込んでやる気をどこかへ落としてきたみたい。
 
「自立に向けて、物資支援なんて作業は早くやめなきゃいけない。そんな議論もある中、ピースボートはやれることを一所懸命やる」

 これは、4月に参加して以来、そのまま組織にはまってしまってまとめ役をしている青年のお言葉です。
 猫の手のつもりが、どうしたことか、炊き出しやら物資配給の部隊にはめ込まれてしまい、頭を抱えてしまったのが前回の参加。

 おいおい、それって<政治活動>そのものだぜ?
 
 個人参加じゃ動きにくいだろうし、毀誉褒貶はなはだしいピースボートを覗いてみるのも面白いなんて不良ボランティア物見遊山のつもりだったのに、思いっきり考えこみ、あるいは、ここに愚者の楽園<日本>を蘇生されるヒントがあるか? つい、そんな期待をもったりして……なあんて(´ヘ`;)

 利他主義なんて嫌いだ。自分に役に立たない行動なんてありえない!

 今回個人として、あちこちの組織を外から眺めてみると、まさしく、参加動機は様々でした。
 
 まあ、心にゆとりがなければ参加などできないってのは必要条件でしょう。
 
 ついでに金銭的に余裕があることが十分条件でしょうけど、まあ……そういう人は、体ではなく、金を出すんでしょうね。 

 えいりあんさんのご協力もあったりして、耐糖能異常(IGT)については、十分過ぎる情報を提供してきたつもりです。
 これもまたボランティアの一環。
 しかし、糖尿病と、糖尿病<性>合併症を、相変わらずごっちゃにして、無駄に怯えさせる社会でしかない現状にはうんざりしています。

 高齢化すれば血糖管理不調が当然で、医師を投げるまでもなく、手を伸ばせば、そこにいくらでも転がっているってのにね。
 まだ水素爆発やら、高濃度放射性物質の流出の可能性が残っていますから安心するわけにはいかないのは当然ですが、放射線障害による遺伝子エラー発生。それによる癌化不安も似たような社会現象になっています。
 データの公開の仕方が悪いのか、原理原則の説明が下手くそなのか。マスメディアが情けないと文句を言う以前に、それを形成する知識人、オピニオンリーダーの層があまりに薄い? 

 石巻のボランティア組織に、ことに自衛隊! 日本の現場の力を、今更ながら、すばらしいと思うのに、どうしてみんなタコツボの中でしか動いていないのか? 
 ううううむ。
 考えても、私自身ではどうにも手がつけられない。
 できることを一つずつやるしかない。
 それが50年以上かけて理解した現実ってものなんですが……うんざりし始めると、ずっとうんざりなんですよね。
 
 たまたま伊坂幸太郎『フィッシュ・ストーリー』を見たら、似たような構成だったのもうんざりを増幅させたかもしれない。

「岡崎さん、これは誰かに届くのかなあ……届けよ、誰かに」

 まあ、それを信じなかったら何もできないわけで、ガレキを全部外に出して、床の上のヘドロを出し、床板を撤去して、その下に溜まったヘドロも撤去。
 ご夫婦二人じゃ、何か月かかるかわからない。
 そんな状況を、もたもたした猫の手でも、数が集まれば一気に片付く。
 そこで笑顔(^!^)
 動機は様々でも、いれば役に立つのが<猫の手>であり、被災地の現状に限らず、困った人にとってはそれで十分なのでしょう。
 
 それが誰かに届いたってことなんだよなあ、きっと。
 
 ま、ぶちぶち言いつつ、ぼちぼちやるしかない。
 相変わらず、最初のページから一気読みする方がいるんだから、この声は届いているんだろう、きっと。

 すいません。グチです。

投稿: YCAT | 2011年7月14日 (木) 00:27

我が家は流失してしまい仮設暮らしですが、ご自宅が残り被災した方々はボランティアの皆様にとても感謝されておりましたよ。
この度は大変お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

投稿: 蓮 | 2011年7月27日 (水) 11:14

 猫の手でしかなく……ほんと、悔しいです(´ヘ`;)

投稿: YCAT | 2011年7月27日 (水) 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/51894236

この記事へのトラックバック一覧です: 月末までコメントレスできません:

« まごころで血糖値を上げる羽目 | トップページ | 新幹線はやっぱり早い。腰に負担なし。 »