« 援助食材――カーボ祭り | トップページ | 年寄りの冷や水 »

2011年6月12日 (日)

あなごの一本鮨

 聞いてびっくり。東京湾と並んで、ここはアナゴの名所なんだって。
11061230

 東京、世田谷の名店。行列のできる梅ヶ丘の美登利寿司を思わせるが……これだけは頼んじゃいけないウーラ、ラァ(´ヘ`;)
 アナゴは美味い。
 が、すし飯がひどい。あんまりだ(´ヘ`;)
 今時、回転ずしだってこんなものを出さない。料理知らずの新米主婦だって、市販のものを使って適当な酸味を含ませられる。

 郊外店だからなのか、日本酒の店でもあるくせに、ピザもカレーもある、言ってみれば一昔前の食堂。最悪だけど、海鮮のすべてが安い(^_^) 東京の半値! 
 地場で調達コストが安いのはいいが、地元の人も同様に手に入る……。こんなすし飯を食う癖に、魚介類についての舌は肥えている? だから、単価アップが難しいのだそうだ。
 うっかりすると、仙台に近い地域の店に客を取れる。そんな恐怖があるらしい。
 商売って、どこでも難しい。
 まして、いまじゃ冷温管理が行き届いた輸送の時代。石巻まで出かけるには、もうひとひねりしないと難しいだろうなあ(´ヘ`;) 

|

« 援助食材――カーボ祭り | トップページ | 年寄りの冷や水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/53372435

この記事へのトラックバック一覧です: あなごの一本鮨:

« 援助食材――カーボ祭り | トップページ | 年寄りの冷や水 »