« カウンター・レギュレイション : 運動と血糖調節5 | トップページ | 5月の途中経過 »

2011年5月 4日 (水)

「わからんものはわからん」って、どうして言えないのだ。

 マスメディアもアホ。政府もアホ。学者もアホ。
 いらいらいらいらいらいら。
 みんなバカ野郎ぉおおおおお! 
 ……なわけはない。
 それに、あんた、なにさま? 
 
 以下は、そんないらいらが脳みそからこぼれた代物。このまま没にするのも忍びないけれど、まとまっていない以上、ただのゴミ、ガレキです。
 お急ぎの方は無視よろしく。

 一所懸命日々努力したって、結果が出るとは限らない。打たなければ勝てないと、パチンコ台にどんどん福沢諭吉先生を派遣しても、こない魚群は来ない。来ても外れるウーラ、ラァ(´ヘ`;)
 セ・ラ・ヴィ。
 2000年に一度の大震災。来ちゃったものはしょうがない。諦めがつく。でも、それに対応する叡智の乏しさはなんだ? 
 ずっと、いらいらし続けても、それを的確に表現するのは、もっと難しい。アホは私(´ヘ`;)

 「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」と質問しつづけることこそ、叡智への第一歩。
 それに答え続けるのは、先に生まれたものの義務だけれど、たかが数十年早くこの世をさまよったぐらいで、全部わかるわけじゃない。
「おひさまは、朝になったら出てくるの! 根性があるから毎日そうしているの! いい加減に黙れ、くそぼうず」or「もう勘弁して、ねえちゃん」
 それが普通の親の態度ってもの。

 あ、これ以上聞くと親に恥をかかせることになるんだな(´ヘ`;)

 やがて、ヒトの子供は、経験値を上げ同時に<先生>の信頼度は落ち、そして人の話を聞かない――質問することをあきらめた<大人>となる(´ヘ`;)
 ……だからってあんまりな事例。
 
 高血圧、高血糖で、でかい腹を抱えた知人が「放射能が怖い」と大阪のマンションに、まだ避難中。70歳を越えて、生活習慣病の脅威からは逃げきったってか、どうでもいい年齢。タバコもやめず、あろうことか、自分で運転して高速に乗って移動(´ヘ`;)
 どんだけリスク背負って移動したかわかっているのかしら?
 無知は怖い(´ヘ`;)
 とはいえ、放射能の影響についてわかっていることは、まだまだあまりに少ない。成層圏を飛ぶパイロットの被曝量と発がん率の関係から「てえしたこっちゃねえ」って言われても信じきれない気持ちはわからないでもない。放射線を扱っている医師が、今のところ問題がないといったってさあ(´ヘ`;)
 身体虚弱者、遺伝的に発がん率が高い人々のデータがあるわけじゃない以上、今、言えるのは、広島、長崎に続いて、壮大な人体実験を実施するはめになったってことだけだ(´ヘ`;)

 神の火――完全に制御できない以上、それはまだ人の道具ではない。でも、最初に<火>を発見した時代から、不可知と思われた現象をを未知の領域に引きずりおろしてきたのが、人類の歴史であり、その結果の60億人越えだ。
 地球環境を擬人化すれば「増えるばっかりだぜ、このガン細胞」と愚痴のひとつもこぼしたいところだろう。

 甲状腺がんの発生率が、自然状態で1万人当たり58人。年間1msVを越えて被曝すると、一人増えて59人になる可能性がある程度だから、この程度の放射能物質の飛散なんてたいしたことじゃないって試算を見かけた。でも、確率論、疫学的予測は、あくまで上から目線の、つまりは机上の計算。
 考える人それぞれに、ひとつしか使える命はないのだ(´ヘ`;)

「だからってよ、そもそもワシの懐にいなかったら、宇宙線浴び放題なんだぜ。そこんとこ考えて、えんりょよろしく」
 地球の旦那にすれば、もっとどんどん死んでくれって言いたいかも……迷惑かけてすいません。
 閑話休題。
「てめえの責任だろ? どうにかしろよ。どうなってんだよ」
 ダメおやじを責めるのは当然だけど、一寸先が闇にしか見えていない奴が答えられるわけがない。光を当てようと、いかに努力しようと、まだ見えないなら結果は同じ。
 親は選べないけど、医師も、政治家も、事業家も選べるから文句が出るわけで、それが怖いから、毒にも薬にもならないトークが出てくるんだろう。

 一政晶子さんのブログから、名言。
「ママはただの医者でしょう”You are just a doctor”。
 これは同じ病院に勤務する医師の息子が言った名言(笑)!」
 糖尿病性の様々な合併症への知見は十分あるけれど、健康な人の食生活なんて全く知らない医師(´ヘ`;)

 ダメな営業マンほど、在社時間が長い――なぜ売り上げが上がらないか、言い訳の報告書作成に時間がかかるからだ――by超いいかげん二流セールスマン。

「なにもわからないんだ、ダメおやじでごめん」
 はじめっからそう言ってしまうと沽券(こけん)に関わるから、なかなか言えないのが男社会だけど、トップが女性だったらどうだったんだろう?
 3月中旬時点で、それを言ったら袋叩きにされた? 
 されるだろうけど、あとからそう認めるしかなくなって、無能オヤジの烙印を押されてしまっても、まだオヤジはオヤジ。縁台ヘボ将棋に、外野の声はどんどん大きくなるけど、とどのつまり、勝負しているのは、その無能オヤジ。
 詰まされてから考えられるのも困るけど……見ているしかない。もうちっと応援し甲斐があるといいんだけどなあ。
  
 永田町言葉に、事件発生時に多発する(定番)90度前傾。
 そんなもの見たくもない。
 現場で土下座するなり、涙を流した方が、演技的にはましだけど、前に進めないなら、その手はすぐメッキがはがれるだけのこと。
 こうした際に、我が国の定番である……自殺者がでないだけ、頑張っているというしかないかも(´ヘ`;)

|

« カウンター・レギュレイション : 運動と血糖調節5 | トップページ | 5月の途中経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/51578474

この記事へのトラックバック一覧です: 「わからんものはわからん」って、どうして言えないのだ。:

« カウンター・レギュレイション : 運動と血糖調節5 | トップページ | 5月の途中経過 »