« グルカゴン・バランス : 運動と血糖調節2 | トップページ | パリ美食その1 下町レストラン »

2011年1月28日 (金)

エアフランスの糖尿病機内食(往路)

 2時間も遅れてフライト。これが最初の機内食推定成分表。
110128lu_2
 1時間頑張って、パリ直行便、11時間フライト。
 途中、ちっちゃなラクトアイス1本とクラッカーをもらったけど、夕食にしては寂しい食事。間違っちゃいないはずだが……まあ、糖尿病患者だから(´ヘ`;)しょうがない。以降、別段、空腹感を感じなかった……って、動いていないんだから当たりまえか。 
110128di
 計算間違いかと、脳の底をひっくりかえしてみたけれど、パンの量が少ない以上こんなものか? パーサーは何も考えていないから、追加に一般人向けのパンをもらうことはできる。
 それは患者の、あなたの勝手。
 というわけで、往路は低カロリーのごく普通なDMmeelだったんだけど帰路パリ発には仰天!
 何を考えているんだ、フランスの栄養士?

11012800
 定番脂肪分の少ない鶏のささみに、野菜・フルーツ。
11012820 110128211101282211012824
チーズがあるのがエアフランス? まずくはないけど、ごく普通の味 
11012823 11012821a1101282511012830
             これは寂しいラクトアイス。 ↑ バニラ味。
        もう一本ほしいというほどのものじゃない(´ヘ`;)
11012855
 ううううん。やっぱりさびしい盛り付けだよなあ(´ヘ`;)
11012871 110128721101287311012874
 サラダのドレッシングに油脂がないのが、エアフランス流? 
 レモンと塩コショウだけじゃちょっとつらい。
 昼食にはモッツアレチーズがあったのになあ(´ヘ`;)
 動かなかっただろうから、低カロリーって配慮ですかあ? 

|

« グルカゴン・バランス : 運動と血糖調節2 | トップページ | パリ美食その1 下町レストラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/50897784

この記事へのトラックバック一覧です: エアフランスの糖尿病機内食(往路):

« グルカゴン・バランス : 運動と血糖調節2 | トップページ | パリ美食その1 下町レストラン »