« エアフランスの糖尿病機内食(往路) | トップページ | パリ美食その2 絶品パテ »

2011年1月28日 (金)

パリ美食その1 下町レストラン

 CDG(シャルル・ド・ゴール空港)に無事着陸したのはいいが、いつのまにか通関窓口の裏手に出てしまってびっくり。
 それじゃ不法入国になってしまう! 
 でかいフランス姉ちゃんの指示をあおいで、どうにか入国したと思ったら、今度は待ち合わせ場所への出口がわからない(´ヘ`;)
 フランス語表示しかないから疲れる(´ヘ`;)
11012899a11012899b11012899c
 その分、ラッキー(^!^)
 空港から、7泊するアパートまで送迎をお願いした日本人の方と話が合って、初夜はフランス下町料理満喫(^!^)

 夕方7時オープン。テーブル7つで40人くらい?
 まだ誰もいない店に入ったが、続々客がつめかけ8時には満席。うっかりすると行列ができるし……となれば、話が長いから他へ行くしかないらしい。座れてラッキー(^!^)
 日曜日はお休み。空いている店があったら、それは観光客向けで、だいたいのところ高くてまずいのだそうだ。
110128zz
 砂糖カーボなデンジャラスバゲットは6個66gであきらめて、生ハムにタルタルステーキ。そして、おお、エスカルゴ(^!^)

 うううう。
 エスカルゴのガーリックオイルを残してしまった(´ヘ`;)
 やっぱりバゲットをもっと食べたかったなあ(´ヘ`;)

 耐糖能に支障がない若い栄養士さんがうらやましい(´ヘ`;)
 ただし、おなかのあぶらみが増えるよ、お覚悟を。
11012881110128821101288311012884
 お待ちかね白砂糖なクリームブリュレにフォンダンショコラ。
 適当につまんで、総カロリーは(たぶん)1255kcal。
 カーボ90g蛋白質60gに、脂質75gってところ。
 カーボ比は(カロリー換算)27%……まあ、そんなものだろう。

 40年前の糖尿病食事療法しか知らなかったら、ハイカロリーで、およそ食えない食事内容。
 勉強してよかった(^!^)
 油まみれで吸収遅延に、2時間かけて食べたから問題ないはずだが、念には念で、食後散歩。血糖を筋肉におしこめなきゃ! 
110128zza
 その昔の名画『北ホテル』にも出てきた運河。
 ここから、シャンゼリゼまで歩いたら1時間を越えるんだから、東京でいえば、橋を越えて、深川、門前仲町あたりだから、戦前は、たしかに下町だったんだろう。
 アラブ系もジャマイカ系の姿もたくさん見えるし、何より、気軽にテイクアウトもできる飲食店が多いから、下町って思うイメージなんだと言われれば、わからないでもない。
 でも、石を投げれば歴史遺産を壊してしまう街、大パリ。
 そのエリアサイズからすれば、都心ど真ん中だよ(´ヘ`;)。
 おいらのようなイエローモンキーな田舎者には。

|

« エアフランスの糖尿病機内食(往路) | トップページ | パリ美食その2 絶品パテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/50898683

この記事へのトラックバック一覧です: パリ美食その1 下町レストラン:

« エアフランスの糖尿病機内食(往路) | トップページ | パリ美食その2 絶品パテ »