« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

パリ美食その6 ムール貝

 話に夢中で、ムール貝の写真を撮り忘れてしまった。
11013188
 ここはチェーン店で、ムール貝は美味しい。それ以外はダメって話だったが、店員がうるさくって知人がいなかったら面倒だったかもしれない。
 で、美味しかった(^!^) うふ。

続きを読む "パリ美食その6 ムール貝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリ美食その5 ビジネスランチ

 両替に寄った後、入った食堂。この肉の量! 1500円。
11013155 11013156
 芋はパス。どこの国でも働く人にはカーボ(エネルギー)必須。

続きを読む "パリ美食その5 ビジネスランチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月の結果報告

 甥のためにでかけたフランス旅行。
 あちこち引っ張りまわされたせいで、リアルタイムで記録できなかったってのにぴったりつじつまが合う食事データ
 作文してるんじゃないだろうね(´ヘ`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

パリ美食その4 ケーキ

 だいぶ慣れて(といっても3日目)地下鉄利用増大。脂肪貯蔵。
11012950 もうカーボ摂取は控えめにしなきゃいけない?
 うふ(^!^)
 とりあえず本場パリのケーキは食わねばなるまい。

続きを読む "パリ美食その4 ケーキ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

パリ美食その3 エッフェル塔そばで

 フレンチといえばやっぱりエスカルゴでしょ(^!^)
 で、殻つきじゃないといけない。でも、美味しいのはガーリックオイルとパン。結局、カーボだったりして。
11012971
 あれ? そういえば、食べるのは20年ぶりか?

続きを読む "パリ美食その3 エッフェル塔そばで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリ美食その2 絶品パテ

11012900 ランチタイムにふらっと入ったら、
パン――バゲットが美味い(^!^)
 昔ながらのゴム食感パンなので、同行した若い甥はいやがったけど、パリはどこへ行ってもこれがうまかった(^!^) 
 で、新鮮な果実できたジャムがつけ放題ですって(^!^)
 いいなあ(´ヘ`;) もっとバゲットが食いたい(´ヘ`;)
20110129binic_herb 20110129binic_usagi
 コーヒーがどんぶりに入って出てきたのはお笑いだが、何気に買ったこのパテが絶品! てっきりサーモンだと思ったらウサギ肉とは。
 びっくりしたけど、日本でも食べたい! 

続きを読む "パリ美食その2 絶品パテ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

パリ美食その1 下町レストラン

 CDG(シャルル・ド・ゴール空港)に無事着陸したのはいいが、いつのまにか通関窓口の裏手に出てしまってびっくり。
 それじゃ不法入国になってしまう! 
 でかいフランス姉ちゃんの指示をあおいで、どうにか入国したと思ったら、今度は待ち合わせ場所への出口がわからない(´ヘ`;)
 フランス語表示しかないから疲れる(´ヘ`;)
11012899a11012899b11012899c
 その分、ラッキー(^!^)
 空港から、7泊するアパートまで送迎をお願いした日本人の方と話が合って、初夜はフランス下町料理満喫(^!^)

続きを読む "パリ美食その1 下町レストラン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアフランスの糖尿病機内食(往路)

 2時間も遅れてフライト。これが最初の機内食推定成分表。
110128lu_2
 1時間頑張って、パリ直行便、11時間フライト。
 途中、ちっちゃなラクトアイス1本とクラッカーをもらったけど、夕食にしては寂しい食事。間違っちゃいないはずだが……まあ、糖尿病患者だから(´ヘ`;)しょうがない。以降、別段、空腹感を感じなかった……って、動いていないんだから当たりまえか。 
110128di
 計算間違いかと、脳の底をひっくりかえしてみたけれど、パンの量が少ない以上こんなものか? パーサーは何も考えていないから、追加に一般人向けのパンをもらうことはできる。
 それは患者の、あなたの勝手。
 というわけで、往路は低カロリーのごく普通なDMmeelだったんだけど帰路パリ発には仰天!
 何を考えているんだ、フランスの栄養士?

続きを読む "エアフランスの糖尿病機内食(往路)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

グルカゴン・バランス : 運動と血糖調節2

えいりあん・めもらんだむ

 かつて読んだ順天堂の河盛先生の講演の記録に、

犬を走らせると血糖値は全く変わらないが、犬の体のなかでは非常にダイナミックなことが起きている。筋肉がブドウ糖を猛烈な勢いで取り込み、その分肝臓がブドウ糖をたたき出しているから低血糖にならない。(中略)つまり正常な人に運動をさせても血糖値は変わらない。これはインスリンとグルカゴンがきちんと働くからである。ところが糖尿病の方に激しい運動をさせるとグルカゴンは分泌されるがインスリンは足りない。すると運動中に血糖値はむしろあがってしまう。

とあった。(これを最初にどこで読んだのだったか、思い出せない。紙媒体だったかもしれない。検索しても見つからないので、同じ講演のレポートから引用した。)

 おいおい、ひょっとして私はうちの犬にも劣るのか?

と内心不安にかられながら、犬と一緒に1時間走ったり歩いたりしてから血糖値を測ったら、別に変わっていなかった。
 大丈夫、私の身体は、犬なみの運動での血糖取り込みと、分泌されたグルカゴンの作用による糖放出をちょうどバランスさせられる。

 では、人なみの運動ではどうなのだろう?

長文注意報! 興味とお時間のある方は、お進みください。

続きを読む "グルカゴン・バランス : 運動と血糖調節2"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

アドレナリン・ハイ : 運動と血糖調節1

えいりあん・めもらんだむ

 先月、運動だけで186 mg/dlという血糖値を叩き出した。

 以来、運動メニューと、運動前後のどのタイミングで何をどれだけ食べるか、によって血糖値がどう推移するか、データを取りなおしている。
 過去の人体実験系記事は、一通りデータが集まってから書いていたのだけれど、今回の実験はいつまでかかるかわからないので、現在進行形で書いてみることにした。すでに何度か実験に失敗もしているし、結論は出ないかもしれないのだが・・・。

 長くなるけれど、そもそもの発端から書こう。

長文注意報! 興味とお時間のある方は、お進みくだ さい。

続きを読む "アドレナリン・ハイ : 運動と血糖調節1"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

1月の途中経過

 なんだかだと買い込みつつ、ちゃんとブレーキが効いている
 けっこうなことだけど、CGMSのグラフが来月回しになったので……ああ、ネタがない(´ヘ`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

683月1日 目出度くもなし

 月が落ちて、太陽がこんにちは。
 ずるずると日々は続く――アナログじゃなあ。
 カレンダーをめくると、おにゅーなボディになるといいのに……。
 精力絶倫20代じゃなく、骨格・筋肉未造成の超新品ってのが、たぶんオチ。それじゃ、このおんぼろ車体をだましだまし墓場まで連れて行くしかない(´ヘ`;)
 政治健康に近道なし。

続きを読む "683月1日 目出度くもなし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »