« つまらなければ新生血管はできない……つまらないの。 | トップページ | 12月の結果報告 »

2010年12月28日 (火)

おたのしみ、CGMS測定、実現!

 使いたいわあの72時間連続血糖測定器をついに体験!
 主治医が、月2回の土曜日だけ、古巣の済生会中央病院で診察しているなんて知らなかった。購入を訴えるほど(!)体験したがっていることを覚えていてくれたらしい。
 ありがとうございます!
 これは年間15分しか使わずにきたハイコスト診察の利子返却みたいなものだね(^!^) つきあいは維持すべきもの。
10122599
 残念ながらリアルでは、変動データを見ることができない。
 担当者が、機器回収後、パソコンにデータを取り込まねばわからない。不便な話(´ヘ`;)
 さて、結果は、私の予測通りか、あるいは、意外な真実が潜んでいるのか? 年明け、主治医のクリニックで確認予定。乞うご期待。
 都合の悪い数値だったら……秘匿する場合があるわけないかもしれないわけなんかないじゃないでありましょうが、信じることのできる人は信じられるでありましょう。
 まだ答えがないので、下記をクリックしても欲求不満となるやもしれませぬ。お覚悟を。

2011/01/14(記)
 
 都合をうかがったら、済生会中央病院のカルテにはさまっているらしい。受け取るにはそっちじゃなきゃだめって……せこ(´ヘ`;)
 でも、まあ、そりゃそうだ。
 今月はクリニックの方が多忙で土曜検診できないそうなので、結果判明は2/11となった。おたのしみは先延べ(^!^)、残念。

 基本は1型患者向けだから、インスリンポンプ使用患者の存在する施設しか扱えないらしい。どっちにせよ、高額輸入機器であるから、たとえ時代遅れであろうと街のクリニックでは無理。
 医師の理想がどんなに高くても、こんなのを扱いだしたら利用者が足りず、コスト割れ。倒産の原因となる。
 おもちゃが買えないのは、つらいよね。
 済生会中央病院でも利用するのはインスリンを投与している1型患者ばかりだそうだ。
 それじゃ赤字だ(´ヘ`;)。
 コンビニ利用で、医師をおばあちゃん代わりに酷使するのも問題だが、こうした新しい(日本では)機器を利用してあげるのも医療の進歩につながる。
 保険適用されれば安い。焦点をしぼって、血糖管理生活に利用していただければと存じます。
 最初は、カーボだけ! 
 OGTT(ブドウ糖(グルコース)負荷試験)のつもりで、自分の耐糖能の異常状態をチェックするのが先決ですよ!
 基準値がでたらめで、なにがなんだかあてにならないGI(グリセミック)指数の食品でチェックしたって何もわかりゃしない(´ヘ`;)
 話が逆で、その食品がどんなGI指数なのかを、自分の代謝でチェックするのが意味あることだったりする。しかも、当然ながら、そのデータは他人には適用できない(´ヘ`;)。
 なんども利用して、済生会中央病院の収支改善に協力していただくのはありがたいですねどね(´ヘ`;) お金がつづくものなら。
 
 あのほっぺの落ちる美味がどんな悪さをしているか?
 あるいは、体にいいはずのサプリメントがとんでもないことをしていたり……善人の腹のなかほど、まっくろだったりします。
 無知色の闇。
 陽の光にさらすことは、いいことばかりではなく不幸な場合もあります。しかし、幽霊は<見えて>しまえば怖くありません。
10122580
 分厚く、妙に重い。だっせえ器械(´ヘ`;)
10122589
 中身は基板と石だらけと見た。

 LSI化できれば、あっという間に軽くなるのは、電子機器の常。30年前のビデオデッキは、やたら重かった。3枚基板は当たり前で、ベータの最高級機は6枚入っていたもんなあ……あの時代、電線屋は儲かった(´ヘ`;)
10122501
 皮下に細い電極を挿入し、60分かけて間質液になじませる? 
 発信音でそれが確定した時点で、SMBG(血糖自己測定)した数値を機械に入力する。これで、相関性を保たせる仕組み。
 各個体ごとの数値ではなく、変動の推移をみているだけなのか? 
 局部的出血とか異常事態が起きなければ、その場合、大きな誤差とはならないだろう。実際、血液との相関性も取れているからこそ承認されたようだ。まあ、アメリカじゃ、もう10年実績があるんだもんね。

初日 12/25ランチでスタート
 あれやこれやの大実験スタート! 最初のトライ(^!^) 
 ここは、代々木で見つけたイタリアンバール。
101225101012251110122513
水タコのカルパッチョ  大人のナポリタン アイスなアフォガート
10122511b
 ああ、なつかしの一般人向けスパゲティ量(´ヘ`;) 
 5単位分、300gださない外食店は一般人に嫌われる。
 老人やダイエット中の女性以外は腹が満たされないのだ。
 ラテンの国のように、おしゃべりしながらゆっくり1時間くらいかけて食べれば、それなりの充実感となるんだけど東京の繁華街の昼時は……。
 安い単価でしかないランチは、回転率が勝負。
 もたもたしていると睨まれる。
 良心的な店は……すぐ店主が変わる(´ヘ`;)

 お勧め通り酸味が効いたソースは美味しかったが、さて、歩かねばならん。
1012252190x12090x12010122524
食事開始30分後 買物した後、代々木上原まで歩いた2時間半後

 小麦粉の固練りであるスパゲティは、消化吸収が悪い(老人不可)から低GI食品である上に、ちゃんとしたイタリアンのこの店は当然オイルがたっぷり。上がりにくいのは当然だけど、だからといって、この数値は低すぎ。
 例によってよくかまないのが私の咀嚼法――胃袋さんがんばれ! 
 それで上がらず、しかし延々そこそこ高血糖が通常グラフ。
 だから下がりすぎ。どこかで200mg/dl越えはあったんだろうか? 
 ざるそばなら、300mg/dl後、急降下だろう。
 体感的にはなかった雰囲気だが、それはあてにならないというのが万も億も京もの了解事項。

 タイミングが悪く、小田急線代々木上原駅のホームで採血。
 気がついた人はいたかもしれないが、不審な表情の乗客はゼロ。自分が思っているほど、他人は関わってはくれないもの。
 日常の恥もかき捨て……by 世慣れ人 恥知らずじじい。
10122551
 これは、見事に下げたご褒美(^!^)
 
 が……いまいちの味(´ヘ`;)

 このあとマリンちゃんにいたぶられた(´ヘ`;)
 そのストレスの影響は?
 体感的には、120-150mg/dlなんだけど……。

翌日 12/26 
 定番 ごはん100g&ミネストローネ 最近、これでダメなの。
 昔はアーモンドによる脂質遅延効果があったのになあ(´ヘ`;)
10122601Hisokutei10122604Hisokutei_2
食事前血糖値 トマトソースのせいもあるかなあ(´ヘ`;) 2時間値
10122656
 遅い夕食。これが、今回のメインイベント! 
 牛肉600g! 年末のこととて安売りがなかったがええい!
10122655
 食事前      1時間値     2時間値     3時間値
10122661101226621012266310122664
 いや、ほんと。ノーカーボだから見事に上がらない。

 担当者の談によれば、1型の方は、こんなことをすると、やはりあとでとんでもない高血糖になるそうだ。
 体内の必要量外の余剰蛋白質は、糖新生される。
 その量は、専門家にも勝手にひろまっている1/2とは限らない。
 こんな600gの肉だと、蛋白質の量は、一般人の必要量である体重1kg当り1g/日の倍量の132gもあるから、70%程度カーボに変わっても不思議はない。

 摂食時のように一気に流入されたらえらいことになるが、がちゃこん、がちゃこん……じゃないな。じゅるるん、じゅるるんと肝臓がブドウ糖(グルコース)を少しずつ滲み出させるから、基礎分泌のある私はどうにか処理できている。

 はず。

 一気、一気であれば、2食分(カーボ量50gx2)相当(´ヘ`;)

「そんなに食わないのが常識です」って、俺の金で俺が食って何が悪い。研究者に止められる筋合いはない!
 あなたのハムスターじゃない(´ヘ`;)。

 まったく分泌がなければ、血管から取り込みできない以上、高血糖ケトアシドーシスに陥るリスクは大きい。
 すぐ効果のでる超速効型インスリンアナログのおかげで追加打ちをすればいい時代だけど、今度はその量を考えるのがつらい。
 以前、1型のちかりんさんもおっしゃっていたけど、昔、効果が遅い速効型しかなかった頃は大変だったそうだ。

 だってのに。
 担当者さんいわく「ヘモグロビンA1cは5%台なのに、40-400mg/dl以外のデータを出してグラフが見えない方が多いんですよ」
 打ちすぎると低血糖が待っている(´ヘ`;)
 そんな乱高下でも壊れないんだから、血管って……。

 2型患者は、多少でも自己分泌があることに感謝(^!^)して、手の施しようがなくなる前に生活習慣を見直さねば、おおぜいの1型患者に失礼というもの。
10122665 とはいえ、沈みゆく泥船でも、住めば都と思っちゃうのが人間なんだよなあ(´ヘ`;)
「おおい、そろそろ湯加減が熱いぞぉ」と、口に出したくなったら終わりだったりする。
 
 ← 4時間値

 まさかここから上昇するってことはないはずだが、さて、体感は真実であろうか? 

3日目 12/27
 定番 ごはん100g&ミネストローネ のリピートもあったけど、本日の目的は眠らずに過ごした場合の血糖値推移。
 下手な考えしかしていなかった以上、眠っていたも同然?
 それともいらいらいらいらいらいらで、アドレナリン分泌/グルコース放出が起きたか? 
 ついでに、このところのお気に入り、東ハトクッキーチェック。
 本当にこのカーボ量は適量なのか? 
 そして、植物油脂は期待通り「待った!」をしてくれてるか?

最終日 12/28
 でがけに、なんちゃってOGTTブドウ糖(グルコース)負荷試験。
 寒天の食物繊維は遅延効果が……ない(´ヘ`;)
 この商品「シロップは捨ててください」なので、そこんところがわからないんだよなあ。別に同梱されている黒蜜ほど甘くないけど、20g程度のブドウ糖(グルコース)量があるのかもしれないな。
 ……捨てるもんか(´ヘ`;)
10122803
 いけないことだけど、これも実験ぢゃ。
 下がらないまま高血糖値状態で、使命感に震えながら、定番あがりの早い(´ヘ`;)サプリメント付、粉ものコーンフレークさん投入。
 ガーガーガー……血糖値、赤丸上昇中!? 

 最寄駅までの12分歩行じゃ足りないのってのが最近の例なので、乃木坂で下車。そこから旧防衛庁跡地の新ビル街を抜け、六本木から、坂を下って麻布十番の商店街。
 そして堀沿いに、赤羽橋まで、せこせこ歩行。合わせて30分。
10122813 この道は、教育入院時に銭湯へ通った道。
 済生会中央病院ではシャワーしか浴びることができなかったのだ。

 ← 食後2時間値

 ふっふっふ。見事に下げて、最終入力。

 さて、さて、どんなぐらふになるのやら。
101225_1228cgms
 これが全食事内容。
10122800
 入力(食事内容、+要因のカーボ、遅延要因の脂質量)に、出力(消費代謝、特に歩くことによる筋肉取込)とその結果(血糖値)、そして眠らないことによる内部原因血糖上昇――糖新生の実態を暴く! 
 このグラフにそれがあらわれるといいんだけど。
 パチンコしている際のストレスの影響も、うふ、興味深い。
 たぶん下がる方向でしかないと予想――どうせ勝てないんだ。
10122850 10122851
 機器を返納。さあ、甘味にGO! 
 
 え? 

 ノンカーボに、甘味デザートのつもりで代々木下車したら、平日のランチタイムは、野菜、飲み物フリーの1000円ぽっきりスパゲティしかメニューがないときた。
 おまけに、このパスタにはたんぱく質がついていない!
 おそるべし、カーボ天国日本。ざるそばじゃないっての(´ヘ`;)
10122852
 まあ、歩けばいいやと、粉チーズを無理に出してもらったのはいいが、親しくなるのは考えもの(´ヘ`;)
 こんなものがあるよと大きなお世話をされてしまった(^!^)(´ヘ`;)
 このチーズケーキは、絶品(^!^)
 化粧されたビターチョコが苦くって、苦くって、ぴったし。

 ここからの血糖値は、どうせ、だれにもわからないけど……。

 ひまにまかせて、血糖値を下げるべく小田急線沿線を散歩する小心者……はいいが、豪徳寺下車は間違いだった(´ヘ`;)
 環八を越えて成城学園まで1時間かかるとは(´ヘ`;) 疲れたあ。

■2/28追記
 
 遅くなりましたが、とりあえずデータをアップしました。
 注釈つきです。
 ごたくは、ぼちぼち書きます(´ヘ`;)

|

« つまらなければ新生血管はできない……つまらないの。 | トップページ | 12月の結果報告 »

コメント

 CGMSをされたんですね!! YCATさんおはようございます(^-^)

 うちの病院でも取り入れてほしい(T_T)というか、やってみたい(笑)

 しかし、粉チーズと見せ掛けて、チーズケーキとは(しかもおいしそう(~ヘ~;)

 親しき中にも『カーボ』あり  ですね(笑)

投稿: 蝶々 | 2011年1月 3日 (月) 10:07

 年末に、こーんな楽しいことなさってたんですね~。

 ニチレイやキューピーの糖尿病食やら、はたまた病院の療法食(主治医の先生に頼んで検食させてもらえません?)を食べて、血糖値が上がると証明できたら面白いのに・・・。

 私もやりたいものですが・・・、うーん、入浴不可ですか。それだと、強負荷運動での血糖上昇を記録する実験は厳しいですね。私の場合、食べていないのに血糖値が上がる条件がいくつかあるようでして、SMBGだと測定するタイミングがよくわからないのですよね。食事開始後1時間とか、簡単な話ではないから。CGMSできたらなあ。

投稿: えいりあん | 2011年1月 3日 (月) 20:21

 蝶々さん>
 いや、ほんとこのチーズケーキは美味しかったです。パスタを余すのはいやなので、次回はこれだけ食べに行くつもり(^!^)

 えいりあんさん>
 結果はともかく、どうやればわかりやすく表現できるかが悩ましいです。目がちかちかするもん、このグラフ。
 歳は取りたくないって問題以前ぢゃ(´ヘ`;)
 うかうかするとすぐ暦が飛んで行ってしまう。
 下旬までかかるかなあ。
 腹案はあるものの、うまくはまるといいけど……疲れそう(´ヘ`;)

投稿: YCAT | 2011年1月 3日 (月) 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/50463559

この記事へのトラックバック一覧です: おたのしみ、CGMS測定、実現!:

« つまらなければ新生血管はできない……つまらないの。 | トップページ | 12月の結果報告 »