« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

11月の結果報告

 いやあ、なんたる主食単位数ですこと。
 まさしく、主食はグラニュー糖です(^!^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

BS オン デマンド

えいりあん・めもらんだむ

 よくよく考えてみると、血液検査で高血糖が出たことがない。

 会社の健診などは必ずしも絶食を指示されるわけではないが、5時半に朝ごはんを食べるのに、採血するのは早くて9時。血糖値はすっかり下がっている。境界型と診断してくれたクリニックへは定期的に検査に通っているが、いつも夕方だから昼食後6時間くらい経っていて、やはり空腹時血糖。

 簡易型測定器を使ってのSMBG(血糖自己測定)値と、ちゃんとした検査機器で測定された静脈血血漿グルコース濃度に差があることが気になっているのだけれど、それも空腹時の比較しかデータがないし。

 甲状腺のプロであるセンセは、最近、糖尿病のほうは相手にしてくれないし。

 ここはひとつ、ちょいと高めの血糖値を出してお見せしましょうか。
 高め、とは言ってもいきなり200越えは気分悪いわよね。センセも私も。
 一応、正常範囲からは外れるけれども、大騒ぎするほどではない、というあたりの数字を狙ってみましょうかね。

 というわけで、定期検査めがけて人体実験。
 

続きを読む "BS オン デマンド"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

2週間、もったぞ。

10112599 無理をすれば、もっと食えないわけじゃない。
 和風の爺ちゃん婆ちゃんは、この半分も胃が受け付けないだろうけど、おいらはまだ若いのだ。
 大変、美味しゅうございました。
 牛さんに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

身ぎれいになって死去。享年7歳。

 いらつくときにはイラツキの神がやってくる(´ヘ`;)
 書く気がない時によくやる手――お掃除を思い立ち、DELLのデスクトップの筐体を開けてみたら、おお、ホコリまみれ。まるでヤニだらけの私の肺臓俯瞰図みたい。
 ……おそうじ、おそうじ、うれしいな(^!^)
 身を清めて電源スイッチを入れたら……。
「ふがあ、ふがあ」ばっかりで、いっこうに目が覚めない。
 こういうことがあるから、うかつに検査なんてするもんじゃないって、フォアグラ男子が言うわけだ。

続きを読む "身ぎれいになって死去。享年7歳。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

西欧の正常――続・耐糖能の日内変動2

えいりあん・めもらんだむ

 YCATさんが新作記事の3つや4つや5つアップしてくれるだろうという期待が裏切られ続けること半月余、あまり間が開くのもよろしくないので前編の続きを書きましょうかね。

 朝食後の血糖値上昇が1日のなかで最も大きいと紹介されていた、欧米の健常人のCGM(持続血糖モニタリング)の検証。オリジナル論文はこちら。(私って、他人の引用は、基本的に信用しないのよね。)

 ドイツはUlm大学のチームの仕事。ロシュが協力。
 被験者は24人の健康ボランティア。男女12名ずつ。年齢27.1±3.6歳(若い!)、BMI22.6±1.7。糖尿病でもIFG(空腹時高血糖)でもIGT(耐糖能異常)でもなく、特に慢性疾患もなく、妊娠中でも授乳中でもなく、抗凝血剤の服用もしておらず、アルコールないし薬物依存が疑われることもなく、きついアレルギーも出ていない人たち。
 もちろんHbA1cも正常で、5.0±0.2 %。
(ここで、20代の耐糖能正常者でもHbA1c4.8~5.2 %なら自分とあまり変わらないじゃん♪と思ったIGTなアナタは、深く反省するように。これはドイツのデータだから、HbA1cは当然NGSP値。JDS値では、およそ4.4~4.8 %に相当する。)

 24人のみなさんに1日目の夜にCGMを装着して、2日目と3日目は実験用のメニューの朝食・昼食各2パターンを食べてもらい(夕食はバイキングですって)、4日目は各自帰宅していつもの食事をしてもらう(ただし食事時間は指定)という実験プロトコル。

 朝食後にいちばん血糖値が上がったというデータはこれ。各自おうちでいつもの食事を摂った日の測定。

G_cgm_everydaylife

 装置の不具合でデータが取れなかったのが3人いたそうで、残り21人のCGM結果を平均したのが真ん中の太い線。
 なるほど、朝のピークが一番高くて、次が夕食で、昼が最低。

 さてさて、前記事を読んでくれた方なら、ここでどう突っ込むかはおわかりですよね?

 おうちに帰って、何食べたのさ?


長文注意報! 興味とお時間のある方は、お進みください。

続きを読む "西欧の正常――続・耐糖能の日内変動2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

11月の途中経過

 測定が入ると食事量が減るって傾向はあるが、脂質が多くて腹持ちがいいせいもあるだろう。総カロリーが変わらなきゃ当然油まみれでも体重は増加しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

抹茶味カタリーナのカーボ量推定

10111000

続きを読む "抹茶味カタリーナのカーボ量推定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

あらあ、下がっちゃった

10110200hemo 奇々怪々。
 
 今度こそヘモグロビンA1c7%越えだと思っていたのに。

 わからん。

続きを読む "あらあ、下がっちゃった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてさて、実験条件は整ったか?

 食事前      1時間値     2時間値     3時間値
10110921101109221011092310110924
 昼ごろ目覚めて実験開始。
 3時間たっても下がりきらないのは、やっぱり脂たっぷり、生クリームのせいかしら。
 あるいはインスリン分泌不足? 

続きを読む "さてさて、実験条件は整ったか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

冷凍スイーツ

洋菓子と薪釜ピッツァ ラ・ヴェリテのサイトにあったガトーショコラ。送料無料の穴埋め? 
10110912 眠る前に、もうひとつのスイーツを冷凍庫から冷蔵庫へ。
 この切り口からすると、普通のケーキより水分量が少ないんだろう。
 ってことは、またしても脂のかたまり?

続きを読む "冷凍スイーツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ち人、来たる

10110800
 ネットでお取り寄せ。うふ(^!^) 送料無料調整済みって、だからって5本も買うか、耐糖能異常(IGT)の癖に(^!^)

続きを読む "待ち人、来たる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

こんなものは、こんなもの?

10110701 昼近くのお目覚め。
 それにしては悪くない空腹時血糖値。
 悪運を避けて、ちょっと挽回したから、興奮も収まったかな。このまま勝ち続けたい勝ったり負けたりが標準。今年は春先異常に勝ったりしたけど、これで普段通り? もう、骨折は、ヤ(´ヘ`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

さあ、大変

10110200 生活リズムは整ったはずなのに、なんじゃこの空腹時血糖値は? 
 帰京後、マリンちゃんにいじめられっぱなし(´ヘ`;) それでアドレナリンでまくりなのかしら? 
 いつも通り、最強粉ものコーンフレークセッティングで、いざ血液検査の地へ! 
10110204
 歩行12分付だってのに、あら、なんてこった。
 ひでえ…… この食後2時間値  →

 どうなってんだ? 
 インスリンがついに分泌しなくなったか? 
 
 血中ペプチド量測定実施(´ヘ`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »