« 札幌に向かって、ドルチェに着いた | トップページ | まだ食いきれない »

2010年10月22日 (金)

カーボ処理人を連れて再訪

 たくさんある前菜を一品ずつではなく、適宜盛り合わせてもらった。二回目でここまで融通を利かせてくれるのは、北海道人の愛想……単に、あつかましい私のわがままに負けただけかもしれない。
 同じ扱いをしてもらえるかどうかは保証できませぬ。
10102212 10102211
 お願いしなきゃ始まらないわけで、言ったもん勝ちだけど。

 野菜は連れて行った甥の口に合わなかったようだけど、若いだけあって肉系は大歓迎。
 鶏レバーとごぼうのパテはもっと食べたいなあ。
 ごぼうカーボがあっても、パンとセットで……まだ他に食わねばならないものがある。胃袋が三つほしい……ってことはすい臓も三ついるってか?

10102220a10102220b10102220c
 値段はともかく、この品数の多さ。うう、たまりません。
 わずかな札幌滞在の日々、全部攻略できるだろうか?
10102221101022221010222310102224
ビーフカツレツのトマトソース 癖になってしまったタコのニンニク焼 
  鶏モツの煮込み    主食代用 カルボナーラライス

 もう一品、エビクリームソースに白玉を浮かべたものがあったが、これは最悪。無駄に血糖値を上げるだけ(´ヘ`;)
 もちろん、デザートのカタラーナも食ったのに、まだまだ「くれええええ」と叫ぶ、私の胃。半分ずつの食べたはずなのに、若い甥の方はいっぱいいっぱい。胃の拡張訓練が足りないのか、脂への対応に難があるのか? 
 さて、これで体重はどう変わるだろう? 
 こんなもので適量ってのが、ベテランの勘。
 ……ああ、もっとパンがほしい(´ヘ`;)

|

« 札幌に向かって、ドルチェに着いた | トップページ | まだ食いきれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/50224256

この記事へのトラックバック一覧です: カーボ処理人を連れて再訪:

« 札幌に向かって、ドルチェに着いた | トップページ | まだ食いきれない »