« 8月の結果報告 | トップページ | 大当たり、カーボ爆弾。 »

2010年9月 8日 (水)

自分の数値はともかく……それでいいのか町医者

 明け方眠って、起きた空腹時血糖値(´ヘ`;)
10090800
 まだ下がんない(´ヘ`;)
 やっと台風が来てくれ、気象庁の読みを無視して関東も直撃してくれそう(^!^)
 台所の温度が26℃!
 久しぶりに(湿っぽいけど)涼しい風が入ってくる。

 一ヶ月半以上熱帯夜が続いて、体内のカーボ融合の炎も消せずにいる以上、やる気がないのは当然(ぴったりな言い訳)だけど、尿に糖が出てきそうな状態だってのに、どうして7%を越えないの、ヘモグロビンA1c。
 過去実績からするとSRLは+0.4%する可能性があったし、当日の自己測定空腹時血糖値も141mg/dlと高かった以上、越えると思ったんだけど特定健診での結果はヘモグロビンA1c6.9%。そんなものといえば、そんなもの。
 微妙じゃ……おっと、そんなことはどうでもいい。
 むかっ! ときて、随時血糖値があがりそうぢゃ(´ヘ`;)

100904
 歩いて5分のところに総合病院ができたのに、わざわざ電車に乗ってお願いしに行った意味が、これじゃまったくない(´ヘ`;)
 同じ病院で、当然いつも使っている診療券だってのに、去年までのデータが出てこない!
 新任担当医(専門は外科の元大学教授。それなりの地位の方だったようだけど)の先生に文句を言っても始まらないけど、別フォルダにあるってことを看護師に確認したって、それを見もせずにどんな判断ができるの? 
 大元は厚生労働省なんだろうが、国民保険による特定健診と、社会保険の健康診断は別物だってことらしい。ああ、縦割り行政(´ヘ`;)
 「ゼニや銭!」で使える金しか見ていない。
 予防医学なんて視点はどこにもない。

 それに……どうしてこんな診断を下すの、院長先生? 
OGTTブドウ糖(グルコース)負荷試験を行った上、治療を始めましょう」
 75gブドウ糖(グルコース)なんか飲んだら高血糖ケトアシドーシスを起こしかねない。昏睡したら、責任取ってくれるの? 
 年に一度しか会わないかぐや姫のことなんか覚えていられないだろうけど、事前に「糖尿病」と申告してあるじゃん! 
 いまさら「糖尿病です」と言われてどうしろっての?

 ここは、官庁、企業相手の健診センターとして繁盛しており、けっこう大手の部類に入るクリニック。顔が利いているのか、大学病院から派遣されている先生がたくさんいる。いわゆる住宅街の個人営業の町医者とは違うはずだが、つまりは、外科専門の院長先生がひとりでやっているようなものだってことだ。
 3分診療どころか、30秒でさっさと業務を遂行しているんだろうけど……気が回らなくなっている、目が届かなくなっている。
 定年退職の教授を受け入れ(雇って)あげて、内科的には役に立たないだろうとフォローするのは立派だけど、ご自身の年齢、そして許容能力の限界を考えなきゃいけないね(´ヘ`;)
 ……。
 情けないのは、そこじゃない。年寄りの外科医に、ぶっ倒れるまで働かせるシステム欠陥の方だ(´ヘ`;) どうして個人の能力に過剰期待するんだろう? 
 情報管理を一元化すれば生産性が上がる。それを証明しているのがマクドナルドシステムなわけで、そうすれば内科臨床に詳しいはずもない学者医師でも、新米のねえちゃん、看護師でも、それなりの診断ができるはずなのに……。
 政府管理と自治体管理の差? 
 でもって、それぞれの間は、個人情報管理上、一緒にできませんって? 
 
 国民背番号制度に対する警戒心は、あいかわらず根強いけど、そんなに守らなきゃならないほどの秘密は私にはない。法を犯してうしろめたいってのは……ううううん、立小便の一度や二度はある(´ヘ`;) わけのわからんことを語ったり書いたりする「言語障害」も多少はあるなあ(´ヘ`;)
 
 情報公開に関して、朝日新聞の記者が、欧米を取材したら、「その議論は20年前にやった」と呆れられたそうだ。
 管理社会への恐怖というものは、管理者――政府を信用できないからこそ発生する。中国国民が、いまだに政府というものを信頼していないのは理解できる。それは情報が、個人の力では入手しづらいからだ。
 結果、起きていることは、情報を先行入手できたものの一人勝ち――つまりは、コネ社会でしかない。古き村社会。
 
 情報を一元化したところで、利用できない人は利用できないだろうが、その状態も見えれば救うことも容易になる。どうみてもメリットの方がでかいはずなんだが、つまらない秘密を守りたい人の方が多いんだろうな、きっと。
「あんたが禿げていてもいなくても、太陽は毎朝昇る」
 慢性貧乏性も、言語障害も、隠したって治らない。

 その昔、某大手鉄鋼メーカーの子会社で金属の表面をチタンコーティングして寿命を延ばす新技術を拡販していた時代、目からウロコの応答をされたことがあった。
「クロムメッキは、角が丸く膨らんだり、すぐはがれたりどうしようもない古い表面処理だ。でも、その欠点が全部見えている分、扱いやすい。新技術なんて怖くて使えるもんか」
 
 誰でも持っているもので始めるしか道はないのだ。

|

« 8月の結果報告 | トップページ | 大当たり、カーボ爆弾。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/49347766

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の数値はともかく……それでいいのか町医者:

« 8月の結果報告 | トップページ | 大当たり、カーボ爆弾。 »