« さすがに食いあきたDBmeel | トップページ | メルクマール(1)―――血糖値かHbA1cか »

2010年9月14日 (火)

残念、内臓脂肪チェックできず。

 成田空港の通関入口手前で、おお、こりゃ内臓脂肪がチェックできるってあの装置! 
10090999 とんだぬか喜び。
 この機械はパッシブ型とかで、人体が放射している微弱なミリ波を感知するだけ。薬物や、爆発用の材料検知には役立つらしいけど……。
 がっかりしていたら、係員いわく「来週はあのスミス社の機器で実験する日程です」
 しかも、アクティブタイプだから、あの画像になるんですって? 
 おお、それはたのしみ。

 朝の8時過ぎに帰国。
 実証試験は9時からなので、ちょいと暇つぶし。空港の売店で、売れ残っていた文庫本に珍品発見!
 気をよくして行ってみたら、とてもがっかり(´ヘ`;)
 同じサブミリ波で人体への悪影響は考えにくいってのはうれしいが、個人情報保護のため、撮影画像は担当者ひとりのみしか閲覧できない規定なんだそうだ。
10091400
 どっちの画像になるかとても楽しみだったのに、そもそも被験者が見えない検査ってなんだよ(´ヘ`;)
 化学兵器を持っているかいないかに関わらず、係員の気分で足止めできるってことになるじゃん。スタイルのいい女性は、ご用心!

 Smiths detection って会社は化学兵器関係の機器開発では実績のある会社らしく、内閣府の公告で携帯型を15台買いますってのは拾えた。でも、このボディスキャナーについてのページが見つけられない。
 アンケートに「横展開で、厚生労働省にも教えろ!」って悪態を書き込んだけど、伝わるかなあ。
 

|

« さすがに食いあきたDBmeel | トップページ | メルクマール(1)―――血糖値かHbA1cか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/49587936

この記事へのトラックバック一覧です: 残念、内臓脂肪チェックできず。:

« さすがに食いあきたDBmeel | トップページ | メルクマール(1)―――血糖値かHbA1cか »