« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

7月の結果報告

 月末に向かってお菓子を食ったが追いつかない……。
 ま、いいんだけど体重1kg減だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

無理に食わんでもいいのに。

 桃の季節到来……でも食べられない(´ヘ`;)
 一箱食ったら、高血糖になる……。
10073000 これで我慢。
 約1/2……ああ、これをあと10個食いたい。
 それが許されないのが耐糖能異常(IGT)のサダメ……とても哀しい(^!^)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

冷たくしないで――空腹時血糖値の季節変動(5)

えいりあん・めもらんだむ

 夏が来たので、懸案の実験をすることにした。

 血糖値は夏に低く冬に高くなるという定説に、真っ向から逆らう私の血糖値の季節変動
 特に、冬の血糖値の低さに関して、簡易型血糖自己測定器の系統誤差ではないかという疑惑があった。

 私の使用している血糖測定器はロシュのアキュチェック・コンフォート。原理はGDH-PQQ酵素電極法。仕様書には14℃~40℃で測定せよと書いてある。冬の朝はよくエラー表示の温度計マークが出たので、温めて正常画面が出てから測定をしていた。

 測定器が冷えていたら、夏でも低い血糖値が出るか?!

 測定器一式(本体だけでなくセンサーも)を一晩冷蔵庫に保管しておくという実験。
 まあ、測定器本体とセンサー部分では熱容量が違うから、同じように温まっていくわけではないだろうし、だいたい温度測定をしていないといういいかげんな実験ですが。(いやー、熱電対でも付けようかと思ったんですけれどね。測定器のどこに付けるのがいいのか、わからなかったので。(^^;;;)

続きを読む "冷たくしないで――空腹時血糖値の季節変動(5)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

新メニュー ピーマンのシラス炒め

10072355  by週刊モーニング
 よしながふみ作『きのう何食べた?』
 
 じゃことピーマンをごま油で炒めて、みりんと少々のめんつゆで味付けってのが本家なんだけど、オリーブ油と醤油。隠し味にエリスリム(非吸収カーボ)で甘くし、唐辛子でピリ辛にして頂戴している。
 油の量を気にしなくなったのは大きいなあ。
 以前は計量スプーンを使っていたけど、今は大ざっぱ。
 ゴマの風味も捨てがたいが、サラミをレンジチンして、溶け出した飽和脂肪酸を使って炒めるのが、実はもっとも美味に感じる。
 危険なものほど美味いってか? 

続きを読む "新メニュー ピーマンのシラス炒め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

あいやぁ290mg/dl?

10071455 踵の骨もくっついたようだし、ちゃんと夜眠って朝早くおきる!
 もちろん、眠る前には何も食わないようにして……。
「肝臓さん、おとなしくして(^!^)」
 そう調教したつもりだったんだけど……。

 食事前      1時間値   2時間値     3時間値
10072201100722021007220410072206
 まだ空腹時血糖値が高いなあ(´ヘ`;)
 疲れると痛み出すから、まだ援助物資を患部に送る必然性が残っているんでしょうか肝臓さん。
 家でじっとしていたら、コーンフレーク――粉状の超急速吸収カーボ、悪魔君を退治できないのは、このところの傾向。
 この食後血糖値は想定内。
 たった40gだってのに、ねえ……牛乳の分があるったってさあ。
 歩行12分電車60分後も食後高血糖持続現象の解明。
 それこそ大問題(´ヘ`;)。

続きを読む "あいやぁ290mg/dl?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

7月の途中経過

 あらあこんなに食べていないのも久しぶり
 でも、空腹時血糖値が高いのよね(´ヘ`;)
 やんなちゃうわ、としよりは(´ヘ`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

帰路DB-meel 完全定番

10071299 深夜
 バンコク スワンナブーム空港発成田行。
 眠る前のひととき。
 一般客はクッキー2枚。
 いいんだ、俺にはマカロンの思い出がある
 おやすみ。

続きを読む "帰路DB-meel 完全定番"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

イギリス流マカロン術

 Whittard of Chelsea  チェルシーの……辞書にない。
10071201
 スターバックスが満席だったので、しょうがなくて入った喫茶店。
 ひょいと見ると意外なメニュー発見!
 マカロンをどうするんだって?

続きを読む "イギリス流マカロン術"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

川沿いのバンクランクラン

10071185
 いつものバンクランクランに行くのかと思ったら、道の反対側、住宅街の細く暗い路地を走っていく。
 Where we going ?
 一所懸命浮んだつたない片言には答えてくれず――それじゃ英語じゃねえ!
 ついたところは、同じ経営者のタイ料理店。
 チャオプラヤー川沿いのこっちは初めて。

続きを読む "川沿いのバンクランクラン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク甘味事情2010

10071152 日曜日の午後、用事につきあわされてバンコク市内をドライブ。
 腹減ったあタイミングで連れて行かれたのは、軽食喫茶。
 おお、女子高生が列をなしている!

続きを読む "バンコク甘味事情2010"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柿の世界進出

 前回3月の柿に驚いたら、こんどは7月の柿だ!
10071160
 ニュージーランド産ですと。
 ひとつ89バーツ(約250円)とさすがに高い。
 いちご1パック1400円相当? え、アメリカ産。
 ここは日本人街のスーパー。
 価格レベルを知らない人が来る店みたいだから、あるいは値段が違うかと思ったら、近所のスーパーも同値だった。

続きを読む "柿の世界進出"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

90円のドラゴンフルーツ

10071101 去年泊まらせてもらった時は、まだ入居者が少なかったらしい。

 今回は、近所のスーパーにも客がたくさん。
 なにより、路上テイクアウトショップ――屋台が出現していた。

 30歳くらいのオバサンおねえさんと妹らしき女子高生。うふ(^!^)

続きを読む "90円のドラゴンフルーツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

地鶏ばっかし

「これから病院へ行こう」ってから、えっと思ったら父親が糖尿病で入院しているんですと。
 もうひとりの知人の父親も数年前から腎透析していた。
 タイも生活水準が向上してしまった(?)以上、耐糖能異常(IGT)の罠にはまりつつある。どこの国のマスコミも女性といえば、若くてスリムな娘ばかり被写体に選びがちなので、勘違いしている人も多いが、バンコクもデブ軍団――リンゴ腹がごろごろ落ちている。
10071050 晩飯がまだ。
 ふとガイ・ヤーン(焼き鳥)が食いたいと言ったら、売れ切れ寸前で、最後の二匹だった鶏の丸焼きをゲット。
 中にはニンニクやハーブがびっしり。

続きを読む "地鶏ばっかし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これも定番 スープ付ビーフン

10071001 中華(小麦)麺より、やっぱり米粉のセンミー(極細麺)が好きなんだよなあ。
 唐辛子をどっぷり入れて、汗びっしょりにならないとタイに来た気がしない。

続きを読む "これも定番 スープ付ビーフン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

LAMAⅢ沿いおなじみバンクランクラン

 初日の夜は、定番の店。
 慣れきっても美味いものは美味いのだ。
10070999
 ISO感度が上がってお魚さんがきれいに写せる。
 でも、魚は食わないのだ。
「もう一皿どう?」と勧められたが断って正解。
 いつも余って、それを俺が食べる……もう、や(´ヘ`;)

続きを読む "LAMAⅢ沿いおなじみバンクランクラン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

まいどタイ航空DB機内食

10070800
 かわりばえのしないワンパターン(´ヘ`;)
 あきたといえばあきたけど、16ヶ月ぶりだし、さっぱりしているからこれでいいのだ。

続きを読む "まいどタイ航空DB機内食"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

ついに波風た……

 立ったのか、立たなかったのか? 
 想定内といえば想定内。
 むずむずするってば、むずむずするヘモグロビンA1c測定結果。
 なぜ、7%を越えない! 

続きを読む "ついに波風た……"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一歩進んで二歩下がる……あれ、ここはどこ?

 ADA(アメリカ糖尿病協会)70回学会続報(会員登録が必要です)HbA1c高値に至る前に経口血糖効果薬の追加投与でなく、基礎インスリンによる早期介入が重要
 

臨床の現場ではHbA1c目標値を達成できず、長期にわたって血糖コントロールが不良の2型糖尿病患者も少なくない。多国籍無作為化オープンラベル比較試験の二次解析によって、基礎インスリン導入時にHbA1c値が高く、数多くの経口血糖降下薬(以下OAD)を投与している患者ほど、その後の血糖コントロール改善が困難であることを裏付ける結果が示された。

 オランダからの報告。
 進歩しているようで、なんだか同じところをぐるぐる回っている。
 そんな印象しかない。なんだかなあ(´ヘ`;)

続きを読む "一歩進んで二歩下がる……あれ、ここはどこ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年かけてステーキハウスのロビー活動?

 第70回米国糖尿病学会学術集会(ADA 2010)ダイジェストにおおっ! 情報。(会員登録が必要です)低炭水化物食に男性の2型糖尿病リスクを高める可能性

「動物性タンパク質と脂質が多い低炭水化物食、特に大量の赤身肉や加工肉が含まれている食事は、2型糖尿病リスクを増加させる可能性がある」とし、一方で「植物性タンパク質と脂質が多い低炭水化物食は、2型糖尿病リスクの変化に関連していない」と結論付けた。

 一瞬、どきっとしたけど、どうしてそこまで言えるのかしらね? 

続きを読む "20年かけてステーキハウスのロビー活動?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

ワンダーランドのお茶会

えいりあん・めもらんだむ

Cake1r2

 ケーキを食べねばならないのである。

 母がお世話になっている老人ホームでの、お茶会。
 入居者と介護スタッフの皆さんと家族との懇親イベント。

 欠席という選択肢は・・・、ない。

 毎週面会に行っている時間帯なのに、イベントだけ行かないなんてありえない。

 私だけケーキを食べないという選択肢も・・・、ない。

 私の前にケーキがなければ、母(@知能程度約3歳←脳梗塞後遺症)が自分の分を寄越そうとするだろう。断れば、泣き出すだろう。(@感情失禁←脳梗塞後遺症)
 同じテーブルに座る入居者さん(@短期記憶10分未満←アルツハイマー型認知症) が「どうして食べないんや?」とお尋ねになるだろう。予想回数30回/1時間。
 それを聞いて、面倒見の良い入居者さんが「あんたの分、貰ってきてあげるわ」「遠慮せんでええねん」「なんであたしが言ってること、聴けんの?!」とエキサイトするだろう。(@こだわりだすと止まらない←軽度認知症) きっとホール中に響き渡る大声で。(@お耳が遠い←加齢による機能低下)
 するとその方を苦手とする入居者さんのグループが不安になって、もう部屋へ帰ると言い出すだろう。
 大混乱。阿鼻叫喚。

 ・・・

 ・・・

 駄目だ。おとなしく出されたケーキを食べるしかない。

続きを読む "ワンダーランドのお茶会"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »