« 5月の途中経過 | トップページ | ドクター・ヘリは日本じゃ飛べない? »

2010年5月24日 (月)

アメリカン・クオリティ

えいりあん・めもらんだむ

 米国糖尿病協会(American Diabetes Association:ADA)の栄養勧告の引用誤り(?)に気づいてしまって、さあどうしましょうと悩んだ挙句、連絡することにしたのです。
 職業病っつーか、そういうピアのボランタリーな行為がその分野全体の質を維持するとまだ信じられているフィールドで暮らしているもので。

 ADAの治療勧告やら栄養勧告やらは、ADAの発行しているDiabetes Careという雑誌の1月号の別冊に載る。
 普通の掲載論文へのコメントは掲載後3ヶ月以内に出せと書いてあるので、2008年1月の栄養勧告への疑問をコメントとして投稿するわけにはいかない。
 それに、栄養勧告は投稿論文じゃないし~。 ADA自体が作ったポジション・ステイトメントとやらだよ?

 だから、Diabetes Careの投稿者へのインストラクションに書いてあった編集部のe-mailアドレス

Dicareadrs
に宛ててメールしたのだけれど、

Adaundlv

 そのアドレスは使われていません・・・って、をい。

 いやいや、この程度のハードルでめげてはいけない。

 これはなつかしのアメリカン・テイスト。
 とてもマトモっぽい組織でも、ちょっと裏に入れば全然機能していない、なんてことはアメリカでは日常茶飯事だったっけ。

 では正面玄関からってんで、ADA本体の糖尿病相談メールアドレスに出したら、
しかるべき部署に転送したから、そこから返事が行くからねっ♪
という返信が来たけれど、待てど暮らせどしかるべき部署さんからのメールは来ない。

 一度でめげてはいけない。とにかくいったんは返事をくれたのだから、担当者は一応合格レベル。
だれも返事くれないよ?
と再度メールすると、
ゴメン、ゴメン、もう1回転送しておくからねっ♪

 ・・・同じルートに再送かい。別の手を打ってみようという気はないのね。
 ええ、これもお馴染みのアメリカン・テイスト。末端の労働者はマニュアルにある定型作業しか、しない。

 どうせまた返事は来ないと見越して、別ルートを探す。
 Diabetes Care読者のご感想入力ページ

 3度目・・・いや、4度目か・・・の正直で、返信到着。

Adares

たぶん間違えたっぽいの知らせてくれて、ありがと。
著者には言っといたから、あとで訂正が出るんじゃない?

 ふふん、やったね♪
 ・・・と思った私が、甘かったね。
 日本に帰って20年も経つと、やっぱりアメリカンな感覚は失われているのよね。

 今に至るまで、2008年版栄養勧告の訂正なんて出ていない。

 同じメールに、
このメールへの返信で氏名と住所を寄越したら、糖尿病管理の無料パンフ送ってあげるよ♪
って書いてあったから、即、返信した。
 webで読んだからパンフなんか要らないわよ
とは思ったけれど、
 届いたらここの記事ネタくらいにはなるし~
というセコい計算が働いたもので。

 ・・・甘い、甘い。
 なぁんにも届かない。

 かれこれ半年近い。
 紙の雑誌に郵政省メールでコメントを出していた時代でさえ、訂正記事が出るには充分な時間。出す気があるなら。
 アメリカから日本への船便でも届くに充分な時間。本当に送ったなら。

 そのくせ、ADAからアンケートのお願いメールなんてものが来たのだ。

Adainq
 ADAへのご招待なんてタイトルだったから、何かと思ったよ。
カスタマー・サービスの向上のため、ご協力お願いします♪
なんて書いてあるから、クリックして行ってみた。

Ada_q_2_a

5段階評価で選んでね♪ (1が不同意で、5が大絶賛よ)

 ふん、いっぱい1付けてやったわよ。

 ところがクリックすると、

Ada_q_3_a

ADAに向かって同意しないなんて言ったわね? 説明してもらおうじゃないの!

という記述欄が出てくる・・・。
 コレは何かの陰謀ですか・・・?
 英語のテストじゃないんだから、もう。

 ええ、書きましたとも。

使っていないアドレスをwebページに載せたままにしておくなんて、何考えてるの?
よろず承りアドレスは、質問メールを他部署に回すだけ? しかるべき人からの返事なんて来なかったわよ。
住所氏名教えたらタダでくれるって言ったパンフはどうなったのさ?
肝心の訂正記事はいつ出るのよ。今も待っているんだからねっ。
だいたいオタクの組織、もうちょっと部門間の連携を取ったらどうなのさ。

 アンケートの最後のほうに、
ご希望の資料はありますか?
という項目があったから、ADA入会案内書にマルしておいた。
 いや、これも本当に来たらここの記事ネタにしようと思って。

 ・・・もちろん、何も届かない。
 訂正記事は出ないし、使われていないアドレスが載ったページは今も公開されている。
 
 そのくせ、寄付くださいメールグッズ買ってメールはしょっちゅう送られてくる。

 そうよ、これがアメリカ流。
 右手がやっていることを、左手は知らない。知らされたって、関係ない。よその部門への苦情?そんなのマイ・ビジネスじゃないもん。

 嗚呼、素晴らしき哉、アメリカン・クオリティ。


# なんでこんな悪趣味な暴露記事を書いたかというと、もう1回、ADAにコンタクトする気力を奮い起こすためなんだな。
 長ったらしい駄文を最後までスクロールしてくださった方、ありがとうございます。また英作文します。


copyright (c) 2010- えいりあん
 転載厳禁。引用の際は、ブログ「血糖を管理する日々」に言及の上、リンクを張ってください。

|

« 5月の途中経過 | トップページ | ドクター・ヘリは日本じゃ飛べない? »

コメント

 はきだめから鶴が飛ぶこともある……みんなで足をひっぱりっこして、はきだめでのたうっているばかりのどこかよりマシ(´ヘ`;)。
 正義とアバウトの国ばんざあああい(^!^)

投稿: YCAT | 2010年5月25日 (火) 00:43

こんにちは^^

こちらには、初コメントですm(_ _)m

内容的に敷居が高くて、眺めているだけですいません、YCATさん、えいりさんさん。

引用誤りに気がつくとか、英語でのやりとりとか、もう@@;すごいなー、さすがだなーという言葉しか出ませんが、20年前はアメリカ在住だったのですか?

アメリカン・クオリティに触れさせてくれてありがとうございます。

そういえば、アメリカに数ヶ月行っていた友人のところに、ネット購入をしたピーカンナッツを送る手配をして(私にしたら結構必死)、余裕があったにもかかわらず予定の日に届かず、結局キャンセルした覚えがありました。

それ以後、気になる商品はあるものの、手を出す気にもなれません。

英語を自在に操るえいりあんさん、すごいです。

投稿: 松 | 2010年5月26日 (水) 08:18

>YCATさん

 私はアメリカに対しては、とてもアンビバレントな感情を抱いておりましてねえ・・・

 強くて大きくて明るくて、
 助けてもらったこともあって、
 でも、無神経でがさつで単細胞で、
 自分が正しいと露ほども疑っていなくて、
 たいていの事をやり過ぎて、
 そんな だめんず ぶりに何度も呆れ失望して、
 それでも離れられないアホ女の気分。

投稿: えいりあん | 2010年5月26日 (水) 21:07

>松さん

 ようこそ♪

 あらま、これが初コメですか?

>内容的に敷居が高くて

 チョコ食べたり、ケーキ食べたり、和菓子食べる話がですか・・・?

 どうぞ遠慮なくコメント入れてくださいよぉ。
 でないと、YCATさんと私の漫才になっちゃいます・・・。(u_u;;;

>20年前はアメリカ在住だったのですか?
 コーン・イン・ザ・USAの記事の中の、子ども抱っこして牛を見せている写真。あれ、22年前の私です。(^^;;;

>アメリカン・クオリティに触れさせてくれてありがとうございます。

 いや、こんな愚痴エントリにお礼を言われてしまうと困るんですが・・・


 ちょっと真面目に補足しておくと、アメリカでは自分の直接の担当以外の仕事も気を利かせて対応したり、全体の流れを把握しながら仕事できるような人は、どんどん出世して行くのですよね。だから末端にいるのは常に未熟な新人か、いつまで経っても向上しないタイプの人になってしまうわけです。上に行った人は、とてもデキるしよく仕事しますよ。そういう人をつかまえて話をつければ物事は進むのですが、外国からメールでやりとりするという手段では、それが難しくて愚痴るはめになったのです。

 ま、私は執念深いから、結果が出るまでプッシュしますが。
(例のレシピ盗作疑惑本の話も、私だったら購入サイトのレビューだけでなく、著者と出版社に質しただろうと思います。((((((^^;;; )

投稿: えいりあん | 2010年5月26日 (水) 21:27

アメリカではできる人は出世・・・なるほどと思いながら読ませて貰いました。( ̄◆ ̄;)

例のレシピ本もねぇ・・・・出版社とか著者に・・と思うのですが別の方が動くようなことを言っていたので・・・と思っているうちに^^;

あ、それで、ちょっと別件ではあるのですが
>ま、私は執念深いから、結果が出るまでプッシュしますが。

とあったので、えいりあんさんならこんな場合どうしますかー?って思って。

以前、住所も聞いていてメルアドも知っていて何度かやりとりした人だけど、しばらく連絡しないうちに私のPC不調でデータがなくなり(しかたないけど絶賛後悔中)直接の連絡手段なしに。その頃、その人のブログも動きがなくなり・・・
その後、その人の動いてないブログなど2カ所で、「メッセージ」を送って見たけれど数ヶ月返事がない状態・・・。

で、オープンにはしていないけど別名でSNSミクシに持っていることも実は知っていて、そこにはログインしている形跡があり・・・。(私のミクシ名は相手は知らない)

メッセージを送るか悩んでます。

連絡したくないからしてこないのかもしれないし、入っていた同じコミュニティからは抜けていて・・・。 迷惑かなぁ・・・と。

私も結構しつこくて、できる限り連絡したりしてみたい。でも、考えすぎかもしれないけど迷惑かなぁと・・・^^;

送りたいけど送れない・・・状態で2ヶ月くらい悩んでます。

投稿: 松 | 2010年5月28日 (金) 12:07

>松さん


 あ、前のコメントには、全部、「・・・とえいりあんは思う」が
付いていると思って読んでくださいね。(^^)
 アメリカは・・・なんて勝手に断定すると、怒られるわ。

 もうひとつ、チョコとケーキと和菓子に、マカロンを追加。
あの長大作のテーマを書き落としたなんて、YCATさんのお怒りを買ってしまう・・・(u_u;;;

 別件については、メールします。

投稿: えいりあん | 2010年5月28日 (金) 22:54

メールありがとうございます^^感謝。ちょっと気楽になりました★

チョコとケーキと和菓子とマカロン・・・どれもあこがれてやまぬ物で、いつも氏の勇気には感服しております。
ただ、それらは、似て非なる物でも代用できなくもなく。
やっぱり一番は米の飯でございます。
食べたいなー・・・。

私はたぶん食べても200前後くらいで押さえれると思うのだけど、ドキドキして美味しく食べられないし後で後悔すること必死なので食べれない(笑

なんていいながら先日もジャガイモたっぷりカレーを(^^;;;;

運動不足だし、いろいろ頑張ろう。うん。

投稿: 松 | 2010年5月29日 (土) 08:29

 この記事を書いてからADAに再度メールして、2ヶ月・・・。結果が出ました。

~~~~ 21 mg/dl (1.17 mmol/l) and 28 mg/dl (1.55 mmol/l) for the low-carbohydrate and low-fat diets, ~~~~

の文章は不正確で、正しくは、

~~~~ 21 mg/dl (1.17 mmol/l) and 28 mg/dl (1.55 mmol/l) for the low-fat and low-carbohydrate diets, ~~~~

です、という修正記事がDiabetes Careの8月号に掲載されました。

 って、単語入れ替えただけの修正を公表するのにどんだけかかってるのよ、流石アメリカン(www
・・・と笑えないくらい、実はジャパニーズ・クオリティもお粗末なんだなぁ・・・

 早くしないと、また悪趣味な暴露記事を書いちゃうわよ>某出版社@日本

投稿: えいりあん | 2010年7月31日 (土) 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/48373884

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・クオリティ:

« 5月の途中経過 | トップページ | ドクター・ヘリは日本じゃ飛べない? »