« 生き残った季節限定甘味 | トップページ | 5月の途中経過 »

2010年5月13日 (木)

多少のカーボなんて怖くない

 えいりあんさんがお仕事で上京。いつも何かしらお土産を持って来て下さるのはありがたいのだけど……。
10051355
 水分を飛ばした粉に、精製白砂糖。遅延なき血糖上昇アイテムは、神戸一番館の毒リンゴより、さらに凶悪な和菓子! 
 
 何を考えておるのだ? 

 うふふ。ごちそうさま(^!^)
 糖尿病で遊んでいる以上、これくらいの攻撃にびびるあたしぢゃない!

 骨折の補修用糖新生は終わったはずなのに、ずっと朝の空腹時血糖値が130mg/dl台のままで推移。特にゴールデンウィーク前から、24時間、どこで眠っているの式、わけわからん生活時間しているので、つまりが、いつも興奮状態なんだろうな。
 困ったもんだ(´ヘ`;)
 よって、半分ずつ処理しましょう(^!^)

 中ししゃも7匹パック190gに、練り物さつまあげ220g。海草ワカメパック180g。馬鈴薯粉にブドウ糖、なだかだで、これだけでもカーボ45gあるし……。
 60分値
10051300 食事前の測定なんかしない。
 どうせ130台だろう(´ヘ`;)
 
 あら! 

 やっぱりね。
 じっと高血糖に耐えて、待ったりするものか! 
 ええい、動けばいいんでしょ、えいりあんさん!

 鶴屋吉信は、上品で高価な京和菓子。
 油断すると、60gパックの半分30gどころか、あたしは10倍の600gでも平気で食いかねない。油っ気がないヘルシー(´ヘ`;)さゆえ、いくらでも食えるのだ。
 それはデブの元良くないことだけど、それが夢だった時代――公家にしか口にできないものを、大人買いできるってのは、うれしいよなあ(^!^) なのに、好きなだけ買えるのに、食えない(´ヘ`;)
 村上春樹さんが「ダンス・ダンス・ダンス」でセックスについて薀蓄したのと似たようなものだ(´ヘ`;)
 うまく行かない、それが人生。ずいぶん遠くへ来たもんだ。
 セ・ラ・ヴィ。

|

« 生き残った季節限定甘味 | トップページ | 5月の途中経過 »

コメント

>何を考えておるのだ?

 くふふ。
 言わぬが花。(^-^)

 IGT(耐糖能異常)初心者だった私に、
ローカーボ食品を探求しているうちはまだまだ、IGTたる者、いかにカーボを食べるかを追求しなくては
と力説なさったのは、YCATさんではありませんか。

 さつま揚げ200g事前投入なんて、それこそ何をお考えで??
 200mg/dlでは、お手本にならないじゃありませんか~。

投稿: えいりあん | 2010年5月15日 (土) 20:40

 あのね、えいりあんさん。

>200mg/dlでは、お手本にならないじゃありませんか~。

 聖人君子ならぬあたしとしては、ぴったりでしょ? 
 はしごから落ちない程度の(ほどほどに)悪いお手本であります。

>さつま揚げ200g事前投入なんて、それこ何をお考えで??

 だって食いたかったんだもん。

 

投稿: YCAT | 2010年5月16日 (日) 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/48354496

この記事へのトラックバック一覧です: 多少のカーボなんて怖くない:

« 生き残った季節限定甘味 | トップページ | 5月の途中経過 »