« 糖尿病を借りてきた猫にする方法 | トップページ | 8月の結果報告 »

2009年8月28日 (金)

画期的! ワンコイン検査。

 びっくり仰天! そんな手があったのか! 
09082855
 店には医師がおらず医療行為ができないため、採血は来店者自身にしてもらう。――2009/8/25朝日新聞朝刊より

 血糖値/総コレステロール/中性脂肪/身長体重BMI血圧骨密度、それぞれ各項目500円、全項目セットで1,500円。ケアプロ中野店
 ちょっと気になっているあなた! 
 中野駅で下車してみてはいかが? 

 パチンコ屋への出張健診って記事を数回見たけど、不健康の巣窟が相手じゃ、毎度おなじみ無駄な努力と思っていた。
 健康診断じゃなく、SMBG(血糖自己測定)させるって話だとは気がつかなんだ(^!^)
09082800
 なぜ中野ブロードウェイでスタート? 
 大学病院で腎臓透析を受けるほど悪化させてしまった若者の「保険証がなくて病院にいけなかった」という声で、「気軽に健診を受けられる場所をつくりたい」と社長が思ったからなんだそうだ。 
09082801
 オタクたちの<精神的>病院で、一般病院的血液検査。
 ううううむ。

 血液データは<ヒトマシーン>のレベルメーターである。自動車の運転席のメーターのように見られ使われるべきだが、代謝はややこしすぎて数値を見てもよくわからん(´ヘ`;)
 重苦しい雰囲気の病院なる迷宮へ出かけて、<病い>の重圧を感じさせる医師のお言葉で語られるのを待つしかなかった。
「きみ、ビョーキだよ」
 
 情報が氾濫する現代。それでも使える指標は少ない。
 それが代謝だったが、カーボカウントの登場で、道が開けようとしている。この一歩は、だれでも気軽に、体調を示すデータをチェックすることにつながるかもしれない。
 病院は、病気になったら行くところであって、健康管理は楽しいところでやりたい(^!^) かわいい看護師さんが受付してくれている。それだけでも行く価値があるかもよ。
09082866
 冗談はともかく。

 このブログをお読みいただいていればおわかりのように、実は空腹時血糖値測定だけじゃあまり意味はない。
 測定してみて、120mb/dlを越えていたら、それはもう糖尿病確定だ。すぐに、病院へ行って、腕採血によるヘモグロビンA1cの測定をお勧めする。
 もし、10年以上血液検査から逃げていて、さらに血圧が高かったら――念のため、尿アルブミンの検査もやることをお勧めする。いやだろうけど、合併症のステージに進んでしまっていたら、ここで止めないと費用は増大する一方になってしまう。血糖管理も容易ではなくなってくる……。

 最初に空腹時血糖値を測定する手もあるが、そこまで悪化しているつもりがないなら、上記写真のように40gのカーボ(蛋白質、脂質の遅延要素が少ない)での、簡易OGTTがお勧めである。
 羊羹を食べたら、入口の喫茶店でコーヒー(ブラックだよ!)を飲んで食後1時間値を測定してみよう。
 じっとしていること。歩いたりしたら、血糖値が下がっちゃう。
 健常であれば、インスリンがそそくさ、すぱっと通常値にしてくれているはず。
 そこで、140mg/dlを越えていたら、耐糖能異常(IGT)だ。
 まずはカーボオンリーの食べ物で、自身の許容カーボ量を調査。
 数回利用すれば、突きとめられるはず――なんどやってもわからん(´ヘ`;)とか、不安だって言うんなら、1万円ちょい出して買った方が安上がりだけど……。
 吸収遅延用に、脂質を追加したり、食後動けば(10分以上、ちょっと心臓がパフってする程度)どの程度、血糖値が下がるか? そんな実験にも使える。
 
 ……血糖値に問題がなくても、中性脂肪値が大幅基準外って場合も多いはずだが、その場合はまだ時間的猶予がある。まあ、いいやで甘く考えるか、ちょっと待て! と、体重減量を視野に入れるかは、あなたが決めることだけど……。

|

« 糖尿病を借りてきた猫にする方法 | トップページ | 8月の結果報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/46043387

この記事へのトラックバック一覧です: 画期的! ワンコイン検査。:

« 糖尿病を借りてきた猫にする方法 | トップページ | 8月の結果報告 »