« にょたいの神秘 | トップページ | 血糖測定が当たり前になる前兆? »

2008年9月21日 (日)

おいしく手軽に、デブになっちゃおう!?

 インターネット上の情報は玉石混交。
 信じる/信じないは、読む方が決めること……同時に、新聞、テレビなどのマスコミ情報も同じように受け止めなければならないってのを知らない<幸せな子羊>が、あいかわらず多い。
 だまされる方が、マヌケなのさ! 
 とはいえ、極力正しい情報、せめて裏づけ情報を添付するのが、書き手としての良心というものだろう。
 新聞は紙面スペース、テレビは時間。それぞれ制限があったのは遠い昔の話。無償で使えるネット資源に連動させないのは、旧勢力の限界というより、怠慢以外の何ものでもない。横着な官僚を非難する資格などない。
 本日付朝日新聞日曜版のコラム『元気のひけつ』の題材は「生ジュース」 筆者は野瀬輝彦記者。
 編集委員さんらしいので、それなりのキャリアはもっているのだろうが、やっぱり勉強不足。この程度の受け売りの記事しか書けないのが一般紙記者の限界。
 ネットの石ころや、雑誌、夕刊紙の酔っ払い記事よりレベルは上だが、ゴミはゴミだ。
 科学についての最新情報が、ほとんどトンチンカンな場合が多いのは知る人ぞ知る現実だが、医学がらみの記事は、人の生命に関わってくるだけに、もう少し慎重であって欲しいよなあ(´ヘ`;)

 飲みましょう! と勧めておいて注意書き。

いいことばかりに見える生ジュースだが、落とし穴もある。果物に含まれる果糖は体に吸収されやすい。ジュースにすると果糖はさらに吸収されやすくなるので、果物をそのまま食べるより血糖値が早く上がる傾向にある。糖尿病の人は要注意だ。

 栄養士さんから取材したことを、事実関係の裏づけなしに整理して書くとこうなるって見本のような文章だ。

 朝日新聞医療班は、下々の声に鈍感――何度メールしてもなしのつぶて(´ヘ`;)
 まあ、会議の為の会議で忙しいって典型的大企業病の可能性が高いから、インターネットの海を漂流するようなヒマ人はいないのかもしれない。カステーラさんの果糖シャーベット実験報告なんて目に留まらないかなあ。
 管理栄養士の牧野直子さんが最新の栄養学の知見で、果糖は血糖値に影響しない報告を知っているかどうかわからないが、<血糖値が早く上がる>について、具体的データを持たない専門家の意見は、どシロウトの意見とまったく同じこと。

 筑波山へ行って、ガマの油売りに取材したら(´ヘ`;)

 まだエビデンスとして確立されているわけじゃないし、ところどころは正しいとも言えるから、ことは厄介なのだ。

果物に含まれる果糖は体に吸収されやすい(直接中性脂肪やグリコーゲンに変化するそうで、つまり、太りやすい)。ジュースにすると(食物繊維がじゃましにくくなるので)果糖(果物には、果糖だけじゃなく、ブドウ糖(グルコース)も含まれているので)はさらに吸収されやすくなるので、果物をそのまま食べるより(ブドウ糖(グルコース)のせいで)血糖値が早く上がる傾向にある。糖尿病の人は要注意だ。

 果物に含まれるカーボの果糖(フルクトース)/ブドウ糖(グルコース)/蔗糖(スクロース)他の比率をどらねこさんに教えられてびっくりしたが、栄養士さんにとっては当然のことだったみたいだ。日本糖尿病協会機関誌「さかえ」にも、果糖だけじゃないから注意って記述を、今頃発見。遠慮がちで、人目をひかない言い方は、血糖値測定に関わっていない日本の現場の悲劇?

毎日の食事で不足しがちなのが果物や野菜です。(中略)大人は1日に野菜を350g、果物を150g食べるのが理想と言われる

 でました! 
 無責任(おら知らね)表現<言われる>
 サッカーの中田英寿選手がハードな現役を、最後まで野菜嫌いで貫いたように、この必要量に具体的エビデンスはない。
 本当に必要なのは、たぶんそれぞれにちょっとずつ含まれる微量金属などのミネラル。野菜や果物じゃなきゃダメとは限らないはずだが、具体的にその量を知るのは当面無理だろう。コンピューター・シュミレーションをするにも、データが足りなすぎる。
 サプリメントでの代用は可能なはずだが、今度は逆に過剰摂取のリスクもあるわけで、できるだけ食べましょう! が妥当なところだが……。
ジュースのためだけに立ち寄る仕事途中の男性も目立つという。

 リンゴ腹のおじさんが、(体のため、体のため)と無理に寄っている可能性が高いよなあ。間食として、中間カーボ摂取と意識してくれているならいいんだけど……。
「おお~い。眠る前にラーメン、食うな!」

 体にいい食べ物なんてない。
 あってほしいという気持ちが、『元気のひけつ』にだまされて、通常の食事以外に余計なものを詰め込むマヌケを産むんだろう。自分の必要代謝以上に摂取すれば、果物の種類によって、高血糖を持続する羽目になるか、中性脂肪を溜め込む羽目になる。
 重要なのは<中庸>適度なバランスを取る<量>の管理なんだけど……お気楽に言うことを聞いて、膨らんだお腹をじっと見つめ続けるのがオチだわね。
 ま、軽く一杯程度ならどうってことないわけで……ということは<糖尿病の人は要注意>なんていう必要もないんだけど(´ヘ`;)

|

« にょたいの神秘 | トップページ | 血糖測定が当たり前になる前兆? »

コメント

>栄養士さんにとっては当然のことだったみたいだ

 食品化学を専攻している方や、農学系のゼミにいる栄養士でしたら、当然かも知れないですが、一般的栄養士さんにとっては常識と言えるかどうか・・・

 自分の常識と業界の常識にはズレが大きいことを最近痛感しております。

投稿: どらねこ | 2008年9月22日 (月) 07:12

 生ジュースだが、果物に含まれる果糖は体に吸収されやすい。ジュースにすると果糖はさらに吸収されやすくなるので、果物をそのまま食べるより血糖値が早く上がる傾向にあるのですね? ありがとう御座います。
 はじめまして・・お願いします! 見続けてやって下さい
 自分は静岡県駿東郡在住、先月40歳になりました。
 現在は建築現場監督休業してますが・18歳時、大学入学前に交通事故にて脳挫傷で1ヶ月意識不 明・・CT(脳のレントゲン)では、一時・脳が半分になった程でした。大学復帰したが、人からは分かりにくい障害持ち奇跡の復帰! 大学では頑張りましたしかし.社会に出て絶えない苦労ですが、楽観主義で闘ってます! まだ学生編ですが、よかったら自分のブログも事故発生の始めから読んでやって下さい。
 尚、ブログには、当時の写真・面白い・可愛い・画像・動画ありますので、時あれば、楽しんで見てやって下さい。 
 尚、左下のボタンを(「脳・神経・脊髄」「理系大学」「病気プログ」「サラリーマンブログ」)プチプチ押して下さったら幸いに感じます

投稿: 智太郎 | 2008年9月24日 (水) 14:19

 YCATさん、はじめまして。
『低血糖.com』を運営している木下と申します。
 貴サイトを紹介してもよいか確認したく、直接コメントさせていただきました。
 病気を患った方に役立つ情報を紹介することで、少しでも悩みや疑問を解消できれば、と考えております。
 御了解頂けるようでしたら、折り返しリンクの掲載方法の詳細をご連絡差し上げます。
 ご多忙かと思いますが、何卒よろしくご検討をお願いいたします。

投稿: 低血糖.com | 2008年9月30日 (火) 21:10

 木下様、いらっしゃいませ。
 右にありますように、リンクはご自由にどうぞ。どんな風に紹介いただいても、いや、されても文句は申しません。往来に立つ以上、その覚悟はできております。
 もちろん、どう評価されるかによって、そちらにコメントする気になるかどうか決まるわけで……そんな感情は、抑えられないと秋波を送っておく。
 ただ低血糖ってのは、ちょっと違うんじゃないかしら?
 そんな事態になるには、私のすい臓はもはや元気が足りません。カーボ過剰摂取による<食事性低血糖>の時代は、はるか昔、もっと若い頃の話で、今は、高血糖が怖くて<まんじゅう怖い>とケーキを食べ……過ぎちゃう日々ですもん。
 右にリンクしてありますコクボさんのIDDM生活向上委員会の方が相応しいと思います。
 ところで、医原性低血糖を含め糖尿病がらみの目線のようですが、<反応性低血糖症or食事性低血糖>は胃切除された方だけでなく溝口先生のブログのように、ごく一般的な食生活を送っている方にも、起きている現実をご承知おき下さい。
 カーボの過剰摂取対抗のインスリン過剰分泌で低血糖&中性脂肪合成でデブになって、インスリン抵抗性増大ってのが、糖尿病への道ですが、低血糖による昏睡症状ではなく、それに対抗する(余計なことに)アドレナリンの過剰分泌(体内カーボ解体用)によって、攻撃反応という副作用を惹起し、凶暴になる症状も存在します。
 記事量が増えてしまっているので、まあ、読むのはとても大変ですが、サイト名からすれば、一応目を通しておくべきかと存じます。

投稿: (管) | 2008年10月 1日 (水) 04:52

 お返事ありがとうございます。
 ご指摘いただきましたHP参考させていただきます。
 後日コンテンツ内容を再検討することにいたします。

 それでは、改めてお伺いしたい点がございます。
 訪問者の方が闘病記を探しやすいように紹介文を詳しく掲載したいと思っております。

 以下の3点を紹介していただければ幸いです。
 1.サイトの説明文
 2.病歴、現在の症状
 3.訪問者へのメッセージ

 ご都合の良い範囲内で結構でございますので、どうぞご協力のほど、よろしくお願いいたします。

投稿: 低血糖.com | 2008年10月11日 (土) 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/42549441

この記事へのトラックバック一覧です: おいしく手軽に、デブになっちゃおう!?:

« にょたいの神秘 | トップページ | 血糖測定が当たり前になる前兆? »