« 干し柿でノックアウト? | トップページ | リンパ腺鎮火 »

2008年2月29日 (金)

2月の結果報告

 今月もジャスト平均値の食事データ
 ……で、どうして体脂肪率、内臓脂肪比が落ちないんだ? 
 
 やっと春めいてきた東京地方。
 着てはもらえぬ脂肪セーター♪ もう編む必要はない……無理に着せるって? よしてよ(´ヘ`;)

|

« 干し柿でノックアウト? | トップページ | リンパ腺鎮火 »

コメント

 杉本医師のブログ読みました…。
 ≪アマリール多すぎて間食≫なんて、本当にあるんですかね(笑)。
 ところで、体脂肪と内臓脂肪ですが、私は最近、下がりましたよ。
「春」は、突然やってくるようです。

投稿: sho | 2008年3月 5日 (水) 07:56

≪アマリール多すぎて間食≫なんて本当にあるんですかね

 大いにありそうに思っています。
 食事性低血糖/遅延型過大反応はインスリン過剰分泌です。アマリールによって(血糖もない状態なのに)遷延して(時間がずれて)強制的体内インスリン分泌が起これば、同様な状態となって低血糖となり、つまりはおなかがすきます。間食しない方が不思議なくらいです。
 その辺のメカニズムについて言及しないのがまだまだ不満です。
 尚、薬が怖いというのは、このように、体内の組織に働きかけて、その能力次第ということがあるからです。タイミングの問題も発生します。
 1990年以前の速攻型インスリンは、効果発生にバラつきがあるため、SU剤と同様な状況でしたが、超速攻型インスリンの登場で、低血糖リスクを避けられる、ある意味では(摂取カーボ量に対して?)完全型対症療法が可能になったわけです。
 閑話休題。
 中原先生の本の書評の件、コメントしておきました。
 ウェブリブログのコメント欄横サイズは変更できないのでしょうか? 相変わらずリンクの表示が切れてしまいますね。直リンクはできないし、そうかといってコピーすると途中で切れてしまう場合もあります。

投稿: (管) | 2008年3月 5日 (水) 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/40350449

この記事へのトラックバック一覧です: 2月の結果報告:

« 干し柿でノックアウト? | トップページ | リンパ腺鎮火 »