« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

1月の結果報告

 平穏無事な食生活のはずが、どうして体脂肪が落ちないんだ?
 いけない傾向――表1食品(澱粉系)のいわゆる主食が減って、それを砂糖/ブドウ糖で代用中(^!^)
 良い子はまねしてはいけません。
 怖いおじさん(おばさんかもしれない主治医)に因縁つけられます。

 とはいえ、この事例は過去に経験済み。問題ないはず。

 今年の東京地方は、普通に寒いから「コートを着なさい」って誰かが言っているのか。あるいは、ひょっとすると、珍しくも2単位を越えた果物が犯人か? 
 果糖は、中性脂肪になりやすい。余剰分カーボ20g/日x31日は620gだから、ぴったり?  みかん、怖い(´ヘ`;)
 ……ま、大勢に影響はないはず。
 それとも半年にわたる脂質増量作戦で、やっと3月検査LDL増加? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

リベラルってのは、いい加減ってことだけど

 先立つものが見えないと不安に駆られるのが独立したものの宿命。とはいえ、いつまで続くかわからないが、先立つものが楽に入手できすぎるってのも困りもの(´ヘ`;)
 <自由>はすばらしいが、自己責任をにない続けるくらいなら、奴隷の方がお気楽ってこともある。<束縛>されていると、何も考えなくていい。上司なる怪物さえいなきゃ、宮仕えもおつなんだけどねえ。
08013001 昨日、心臓増毛訓練を13時間。
 それも前夜、眠らずに(´ヘ`;)
 たっぷり鍛えられて、元の木阿弥。お疲れ様。
 おかげで、今日は12時間爆睡。
 あやや! と空腹を抱えて銀行へ。
 途中、くらくらっと来たから、低血糖な時もあったのだろう。1時間ばたばたして、落ち着いたところで測定。もちろん空腹感などどこかへ行っている。
 ひええええ。
08013002 教育入院中、商談で怒りまくった時以来の随時血糖値じゃないの(´ヘ`;)
 自転車で駆けずり回っただけだから、溶け出した体内カーボの消費は遅い。血圧は標準値。起き抜けよりは高いけど、まあ、こんなもの。
 ……などなどいいつつ使用期間53年目が終わろうとしている。
 ポンコツ車だって、10年や20年走るのだ、はははは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

内臓脂肪過多は危険だよね?

08012700 特集 思った以上にあなどれない「内臓脂肪のすべて」
 解説は、群馬大学医学部付属病院内分泌・糖尿病内科の清水弘行先生。
 ちょいと専門的だけど、まあ適切な説明ぶり。
 しかし、ここで思わぬ発見!? をした。
 shoさんのブログでコメントをやり取りしていて、あれ? って疑問を持った。それを解消できるかもしれない。
 CT撮影は、奨められています。ただし、胃がんの早期発見のためと聞いています。
 胃がんも大事だけど、shoさんの緊急課題は食後血糖値の改善だ。インスリン自己分泌があって、カーボを減らしていて、BMI標準の体重で、血糖値が下がらない? そんな状況では、内臓脂肪の状況チェックは必須のはず。どうして?

続きを読む "内臓脂肪過多は危険だよね?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

1月の途中経過

 元日こそmini爆発したけれど、まあまあ平穏な食生活

 めでたさも ちうくらいなり A1cろく

 60日後の3月血液検査予想……ううう、お寒い(´ヘ`;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

新メニュー開拓

 定番まるごと野菜も、農林水産省協賛コンビニサラダも食いあきた。とはいえ、野菜(ミネラル)確保は、健康確保にも、理論武装的にも必須。新聞記事で、夏野菜いっぱい南仏料理ラタトゥイユのレシピを見たので、その気になった……ああ、面倒くさい。
08011100
 新聞レシピでは、胡椒と塩の他に、砂糖も味の調整上必要とあったが、ネットを見たら使っていない! エリスリム(人工甘味料)を使おうか一瞬迷ったが、いらないじゃん。筆者というか調理家さんは、どういうつもりだったんだろう? やっぱカーボ大好き日本人なんだろうな。
08011101080111020801110308011104
  食事前      1時間値     2時間値     3時間値

 2人前のレシピを4人前の適当に増量して……なんでも<やりすぎ>が特徴のアホYCAT。1108gの野菜を一気計上はラクチンでいいけど……だって、美味かったんだもん。
 おなかが苦しい(´ヘ`;)

続きを読む "新メニュー開拓"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

測定初め

 危険度ゼロと見切っているものの念のため計測。
08010355 食べきるのに40分もかかった。
 ちょー満腹。
 早食いの私にはありえない摂食時間。
 合計657gの野菜を食べるってことは、そこに含まれる水を飲むってことなのだ。食物繊維(推定15g)はたぶん関係ない。

 夜の食事も控えめにして、準備よし! 
 で、眠ったら12時間の爆睡――徹夜して遊んでいたからしょうがいないけど、合計19時間も燃料補給なしだと、こんな空腹時血糖値になっちゃうのが不快。
 爆睡! して高血糖して、シカゴ大学の先生方ごめんなさい。
 今年もヘモグロビンA1c6ラインでうろうろだな、きっと。
 ……ああ、中性脂肪値を自宅測定したい! 

続きを読む "測定初め"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

不眠は糖耐能減退への道?

 本日付朝刊穴埋め記事――ワシントン発 勝田敏彦記者
 元ネタは、アメリカ科学アカデミー紀要(電子版)

 20-31歳の健康な男女9人を対象に(BMI、食事内容不明)、3日間に渡って、脳波測定しつつ安眠妨害した結果、糖耐能が25%ほど下がって糖尿病に近い状態になったそうだ。

 原文にあたっていないので、是非はいえない。シカゴ大学研究チームが遊び半分だとは思えないが、勝田記者が「突き止めた」といえるほどのものかしら(´ヘ`;)
 「品行方正に生きろ。生活習慣改善じゃ!」って、説教好きにまた利用されそう。「いい加減で、不規則な生活をしちゃいかん!」
 それじゃ刑務所か軍隊で、管理されるしかないじゃん。
 毎日、ぐっすり眠って糖耐能が向上するならバンザイなんだけど……。

続きを読む "不眠は糖耐能減退への道?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

わかちゃいるけど止められない?

 温暖化現象により、ヒマラヤ、アルプス、北極海では氷河が減少し、海面の上昇で海抜の低い島々が地図から抹消寸前。
 今年の朝日新聞のメインテーマのひとつは<エコ>らしい。
 しかし、そもそも根本原因は<ヒト>族の過剰繁殖に尽きる。
 36℃から37℃のごく狭い範囲で体内環境を維持しなければ、生命維持困難なはずの人間が、食糧増産に輸送手段の革命で、ありとあらゆるところにはびこってしまっている。小手先の知恵で、はて追いつくかどうか。
 
 知らない/気にもかけない人も当然多かろうが、知っていてどうにかできるものなら地中海南部諸国の森は残っていただろう。日本の里山のように。
 火山の高熱、大陸内部の乾燥、極地の氷河。
 懐の深い<地球>さんの生命力はいつまでもつか? 
 
 これって、どこか生活習慣病に似ている。

続きを読む "わかちゃいるけど止められない?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »