« 文言春秋雑感-4 揺れるエビデンス | トップページ | 10月の結果報告 »

2007年10月27日 (土)

カーボカウントのにほい?

 出先で、珍奇な、もとえ画期的なポスターを発見。栄養士さん、目覚める!? どうしちゃったんだろ? 
07103022
 寝る前に、カーボを摂るな!

 メタボ族(ショウジョウバエ的に増殖発生中)防止には、これだけで、けっこう効果的。ゴミ(元)を断てば大丈夫。お相撲さん育成と逆手法だから、現場では周知のことだけど、公に栄養士さんが主張するなんてねえ。
 時代は動く。
 夜食に、ごはん抜きのオムレツ! 芸が細かい。
 
 カーボ量についての注記がなく、つまりはカロリー管理に変わりないのは残念。もっとも、まだ糖代謝機能が壊れていない(と思っているひとも含む)人に、言ってもしょうがないし、食後血糖値測定と組み合わせなければ、カーボカウント(プラン・ドゥ・チェック)でもない。

 定番セリフ<食事は、一定量を三回に分けて定時に食べましょう>に対応できない? そんな奴のことなんか知ったことじゃない。栄養士さんや医師の方にとって、営業職は想定外の存在。
 でもね、夕食時は、営業から戻ったところ。
 受注整理に、報告書作成。あれば出張お土産か、お使い物の菓子をつまみ、なければ我慢。一段落した時には、なべ底状態。そのあとは、居酒屋残業のお時間。
 潤滑油アルコールの海に浸かって、愚痴生産と床屋政談。肝臓をまごまごさせ続けるので、帰る頃には、だいたいがカーボと塩分の禁断症状。「ああ、ラーメンが美味い」
 かくして新入社員は3年目にメタボ族の卵になる。
 そんなデブ以上、病人未満たちのことなど相手にせず、ずっと放置プレイしていたのにさ。
 
 必要は発明の母。これぞ健康増進法の派生効果。
 平成20年(2008)より、被保険者のメタボリックシンドローム度によって、特定健康診査が義務付けられることになった。40代以降の半数が対象になるという噂。
 理念では人は動かない。<実利>が絡むと動く奴が出てくる。
 
「やせろ、デブ」
「うるせえ、総務」
 ナチスゲシュタポ総務が、健康ファシズムの旗の下、デブ族抹殺運動に乗り出す日が来た!  
 
 ……想像過剰でした。
 
 独身ナイスボディ(どうして相手がいないの?)総務課長。
「え? 見てなかった。そんなこと書いてあるんですか?」
 おい、おい。
 
 対象年齢以上のメタボ族が、一定期間改善の様子なしだと問題視される。そこに間違いないが、国からの補助金が削減されるので、まずは健康保険組合の財政に響く。 
 それが「食べ過ぎに注意しましょう!」か「運動しましょう」のお題目から、具体的に原因追求のポスター文案になったようだ。
 しかし猶予期間が、なんと5年(!)
 おい、おい。
 
 自宅通勤、定時退社組で、食事管理簡単な総務課長に危機感はない。
「でもおかしいですよねえ。デブのメタボ族は自業自得。病気になったら自己負担すりゃいい。他の人の保険料に影響するなんてふざけている」

 甘いね。
 5年なんて、あっという間だ。
 いずれ上部団体(健保組合)の圧力が、下部組織(企業上層部)に伝わり、君はハーケンクロイツの腕章を身につけ、脂ぎったオヤジと対決する羽目になるのだ! 
 たぶん、声の大きい(トップセールス)人じゃなく、まず落ちこぼれ(ダメセールス)からいじめるんだろけど。 
 
 因果関係が見えない限り、不毛の対決は解決しない。カロリー/体重管理だけでもダイエットは可能だが、それだけじゃ足りない。監修している女子栄養大学栄養クリニック蒲池桂子さんは、影響力がありそうなので、ちょっとは様子が変わるかもしれない。
 淡い期待をしておこう。

|

« 文言春秋雑感-4 揺れるエビデンス | トップページ | 10月の結果報告 »

コメント

「意外と皆さん分ってきているのかも?」
 カーボカウントの伝道師Ycatさん。こんばんは。最近、気付いたのですがDM発症している人達の間では食品交換表ばかりでなくカーボカウントもかなり普及して来ているのではないでしょうか?
 もはや常識かも?
 そう思ったのは、先日、社内食堂で定年近いAさん(見かけ判断でDM系)がご飯抜きでお肉は大丈夫と話しながら食べていたのに気付いたから。
 確か以前は蕎麦がいかに身体に良いか力説していた筈。そしてふと横を見えると暫らく前に、激ヤセしたBさん(40代男性)がスズメの涙ほどのご飯をお茶碗につけていました。血糖値高いとカミングアウト済みのCさんがバリバリ何を食べているか見てみたら、ナッツだったとか。
 私の周りでは勉強している人が増えているのを実感します。
 昔、看護婦やってた友達はカロリーが大切だよ。炭水化物は悪くないと思うけど…と言いますが(笑)
 患者は自分の事ですもん。日々、真剣に勉強してます。
 江部先生の糖尿病食レシピ本は大きな本屋さんでは大抵置いてありますし、外国からのカーボカウント本もどんどん訳されてます。最近の本ならば、例え賛成ではないという主旨であっても必ず炭水化物について触れてあります。もうどんどん広まってきていますよ~布教活動は徐々にではありますが浸透しております。お知らせまで。

投稿: モトは能天気 | 2007年10月27日 (土) 19:44

 いらっしゃいませ、モトは能天気さん。
 そううまく行くといいんですけどね(´ヘ`;)

>蕎麦がいかに身体に良いか力説していた筈

 はて、どこで気がついたんでしょうね。
 ネットであれば、私のエントリー<高血糖の元凶 そば>のせいもあるかもとニヤニヤしております。<そば 血糖値>でググルと、血糖値を下げる効果を強調するサイトばかりだったのに、トップがそれを否定する記事だもんね(^!^)

>江部先生の糖尿病食レシピ本は
>大きな本屋さんでは大抵置いてありますし

 江部さんの影響も大きいでしょうね。
 牧田先生の本だといいのですが、こっちは店頭から消えてしまいました。どうしてかといえば、民間療法(糖尿病、高血圧対策他)コーナーに並べられるので、有象無象の山の中に埋まってしまい良否がわかりにくいためです。『糖尿病専門医……』タイトルは他の方も使っていますから、差別化できません。書店員に内容がわかるわけがないので、返品されちゃうんでしょう。
 江部さんの本は『主食を抜けば……』のタイトルのインパクトもありますが、ダイエットや食事療法のコーナーに置かれているから、残るのです。街の書店でも、病気の原理説明本はすぐ消え、残っているのは、レシピ本ばかりですから、これは東洋経済新報社の販売戦略大成功ですね。
 
 やっと最新刊で、20-30%脱落者がいることを認めたり、江部さんがいい人であることは間違いないでしょう。無批判に真に受ける人がどうなろうと、その方の選択で、とりあえず方向性は一緒だから、むかつきながらも放置していたのですが、やっぱり問題点を明確にしておく必要があるでしょうね。
 元々馬鹿にされて相手にされなかったのですが、ここまで来ても騒ぐ人がいない以上、正規の医学界からは永久に無視されるでしょう。しょうがないから(患者の意見として)私がまとめるしかないんでしょうね(´ヘ`;) あと3種類記事を作らないと、そこまでたどりつけないんだよなあ、ああ、めんどくさい。

>外国からのカーボカウント本もどんどん訳されてます

 はて、何か見逃しましたかしら?
 書名を教えていただけませんか? 

投稿: (管) | 2007年10月28日 (日) 02:03

 こんにちは
 江部先生のブログは私も良く見ていますが、どの辺が問題なのでしょうか?
 完全に主食を抜くこととか、後は何食べてもいいとかいうところでしょうか? その辺は私も怪しいなぁと思ってはいるのですが。

投稿: えり | 2007年10月31日 (水) 12:29

 こんにちは、えりさん。
 
>どの辺が問題なのでしょうか?

 エビデンスだからと、形式的に薬を出すばかりで、因果関係をつきつめない医師より、結果としてマシって形にはなっているわけですから、患者仲間としては、否定したくないものもあります。
 しかし、どっちも<科学する>気がないってのが困ります。

 カーボカウントの本格紹介
 ↓
 エビデンス問題

 次は、食後高血糖について
 そして、カーボの必要度
 
 半分来ましたが、あと半分背景事情を書いてからじゃないと、江部さんを位置づけることはできません。ここまででも、何が言いたいのかわかる人にはわかってもらえるかとも思うのですが、そうもいかないでしょうね(´ヘ`;)
 とりあえず「……なんか怪しいなあ」と疑問を持たせて、自分で考える癖をつけてもらえれば、それで私の役目は完了。あとは、自己責任ね! って言ってしまいたいけど、まあ、乗りかかった船でしょうがない(´ヘ`;) 

 動物の筋肉にはある程度の糖質が含まれています。そのため三食とも主食抜きの場合でも、総カロリーの大体15-20%が糖質となるわけです。――『主食を抜けば……』P119
 
 びっくり仰天! 
 この人、食品分析表を見たことがあるの? 
 澱粉でつないだ筋肉なんて、ハンバーグみたいで子供が喜びそうですが、ここまでひどい筆の滑りは、これだけです。
 
 野菜の中にも少量の糖質が含まれているので、主食を一切食べなくても総摂取カロリーの約12%が糖質となります。
 ――『糖質制限食 春のレシピ』P14
 
 こっちなら、アトキンス・ダイエットと類似表現です。
 微妙にあれえ? な表現満載でしたが、江部さんは私と同世代の古狸なので、そうそうボロは見せません。本来お勧めであるべきアボカドについての間違いも、ブログで指摘されたら、あっさり謝ってしまうなど、フットワークもいいです。誰かに指摘されたのかどうか、新刊になればなるほど、表現がたくみになっています。
 
 筑波山のガマの油も、効くときは効く。
 
 野球の野村監督の名言に「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」とあります。元々、ハイカーボ&断食主義では、自分の糖尿病が改善せず、釜池さんの糖質完全制限食を試したら(たまたま)うまく行った。それが、江部さんの出発点です。
 いろんな文学表現で、理屈をつけていますが、否定も肯定もどちらも証明困難なことばかり。イヌイット(生肉を食べる人)をさかんに取り上げのはけっこうですが、出典はどこにもなし(´ヘ`;)
 ビタミンCが欠如すると生きていけないため、生き血を吸うことを代用としていた近代以前の彼らに生活習慣病はなかったようですが、そもそも長生きできなかったって説もあります。
 どっちも資料が見つかりませんでした。
 GI(グリセミック指数)にこだわっているのも、不思議です。
 カーボが血糖値を上げる指数なのですから、完全糖質制限なら、関係ないでしょうに。長年こだわった玄米偏愛のなごりかな?
(蛋白質が糖新生で50%カーボになるって理屈もあるのですが、これは怪しいって説が、ADA『カーボカウント完全ガイド』に出てきます。個人的にも疑問です。エビデンスもありません。ただのコンセンサスに過ぎないようです)
 
 Dr.バーンスタインの扱いもひどいものです。
 自己分泌がないので、基礎インスリンの投与は必至。追加インスリンの量を減らしたくてカーボカウント(プラン・ドゥ・チェック)した苦心の経緯抜きで、自分の論理の参考にするだけ。
 あの(大変な)本を読んだとはとても思えません。
 
 ……まあ、書けば書くほど馬鹿馬鹿しくなってくるわけで、医学(科学を志すものとして)的立場からすると相手にする気になれないのはしょうがないのでしょう。とはいえ、一般人への影響がないってわけには行かない以上、注意点は表示しなきゃまずいと思うのですよねえ……私がやるべきである<義務>も<責任>もなく、つまりはただの<おせっかい>にしかならんというのに(´ヘ`;)
 やれやれ。

 人類の叡智の結晶ともいえる<精製カーボ>白砂糖大好きの私は、江部さんの真似などしたくない。なにが悲しくてぼそぼその生地に、こくのない糖アルコールでごまかされなきゃいかんのか? 左党に、砂糖好きの心はわからん! 
 ちょっぴり美食で、平均2240kcal/day体重維持戦法と、江部さんの大ざっぱカーボ制限作戦とどっちが勝つか?
 試合終了は、20年後……50年後っていったらSFか?
 一人実験の私の例は、絶対無理だけど、今後のために高雄病院さんが、エビデンスめざして、きっちり資料を保存していることだけは切望する。せっかく多数の人体実験をしているんだもん。
 
 これで1/5くらいは吐き出せたかしら(´ヘ`;)

投稿: (管) | 2007年10月31日 (水) 13:53

 さっそくお返事いただいて、ありがとうございます。お忙しいでしょうにすみませんm(_ _;m
 結局、かのドクターは、きちんとソースを読み込まず、完全な理解をしようとしないまま、情報チラ見で書きなぐっているということでしょうか?
 確かに筋肉に糖質とか、変なこと言ってるんですね。GI値偏重も怪しい?玄米と精白米にそれほどの違いがあるのか、ほんとに調べて言ってるのか、ということですよね。
 ネットの情報、とくにお医者さんの発信などは、ついうのみにしたくなりますが、気をつけないといけないのですね。

投稿: えり | 2007年11月 1日 (木) 10:35

 YCATさん、かぼちゃの検証された事、ありますか? じゃがいもは拝見したんですが。
 どうしても、かぼちゃはうまく行きません。
 3回食べて3回ともダメでした。
 味付け一切ナシで、圧力鍋でふかしただけのかぼちゃ。西洋かぼちゃでしたので、100g20カーボくらいですか。

 食前   85、 87、 79
 食後1H180、176、178
    2Hは3回とも140以内に下がっていました。

何でなんだろう・・・?
食べ合わせは、肉野菜炒めのみで野菜類も大体同じ。

 GI値って何なんだろう・
 なんか、20程度で100近くも上がっちゃうと、スゴク損をした気分。
 これだったら、ミスドのドーナツの方が上がらなかったから、そっちを食べた方が満足なのに。
 かぼちゃの栄養も大事かと思うけれど。

投稿: mitiyo | 2007年11月 2日 (金) 15:58

 こんばんは、mitiyoさん。
 カボチャは避けております。ジャガイモの回で書いたように、同じ澱粉でもグルコースの結合に水分子をはさむB型(主として根茎由来)は、加熱すると分解しやすく、それゆえに吸収が早い<αデンプン化/糊化>が起こり二糖類<精製白砂糖>や果糖<クダモノ>よりおそろしいことが起きるらしい! 
 ……っていうより、カボチャだけで食べる趣味がないから! ですね。あえて食べたいとは思いません。しかし……実は、山梨名物<ほうとう>なら食べたいいいいい! 

 でかい(必至)鍋でどろどろに溶けてしまったカボチャ。鶏肉などの脂にくるまれた澱粉は、一味違う味覚となるのです(´ヘ`;)
 それにどっぷり浸かったうどん! 熱々で舌を焦がしながら、はふはふ……。

 カーボばっかり! 超<危険>物です(´ヘ`;)
 洋菓子の方が脂にくるまれている分、吸収が遅くできてどうにかできそうなので、いやいや(!)、こっちで我慢しております(^!^)
 閑話休題。
 炒める際に、そんなに脂は使ってませんよね?
 肉野菜炒めで、遅延を期待してもしょうがないと思います。たくさんベーコンを炒めたらちょっとはマシかも。
 カロチンは他でも取れるし、20gで100mg/dl上げるくらいなら、やっぱり私は遠慮しときます。
 でもmitiyoさん、ちょいと確認です。
 2時間値からすると、遅れてはいても十分自己分泌がありそうです。
 過剰インスリン分泌→内臓脂肪増加→体重増加
 つまりはインスリン抵抗性増加の傾向がないなら、この程度の食後高血糖をあまり気にしすぎない方がいいと、私は思っています。
 20gのカボチャカーボだけで、満足できますか?
 私にはできません。だいぶ手前なら、まあいいやってのが、現時点リスク判断です。もし、今後どこかで閾値を越えて、300mg/dlになってしまうなら、薬物投与を検討するつもりです。
 <天(そら)>が落ちてくるまでは、美味探究をやめる気はありません。もうちょっと動脈硬化の予兆がわかりやすいといいんですけど、たぶん先に高血圧が来ると見ています。

 江部さんの<血糖値200を越えると血管内皮が傷つきます>に、怯えているわけじゃありませんよね? 
 ……だとしたら、被害者7号と認定します(´ヘ`;)
 内皮は自己修復機能つきですから、プラスチック製品とは違います。動脈硬化の発生メカニズムも、小学生の理科実験のような単純なものじゃありません。さすがに最新刊では、その点まで言及して、やっと恐怖小説ジャンルから抜出そうとしてます。
 脅し文句は■健康■食品■販売業者の常套セールストークだってのに、どうして真に受ける人が多いんでしょうね(´ヘ`;)

 自己管理に目覚めた人を増やした功は認めなければいけません。
 しかし我慢ができず対応できなかった人が、ヤケを起こしちゃうような事態をひきおこしたり、QOL(生活の質)をがたがたにしてしまうようじゃ困ります。そんなに完璧を望んじゃいけないってのも、心しておく必要はありますが。

投稿: (管) | 2007年11月 3日 (土) 00:40

 そうなんですね。私は被害者7号確定です・・・。(反省)
 なかなかマトモな食生活が出来てなかった、という負い目が記憶にふか~く刻まれている恐怖心なんだと思います。
 大体、心配のない人が食欲を押さえつける事って難しいわけで、多くの人々が心の奥底に一抹の不安を抱えているんだと思います。
 過剰な心配は却って良くないと思いつつも、血糖値上がらないとすごく満足→コレも一種の病気かもしれませんね。
 同じものを食しても70過ぎの父、母の方が良い血糖値だとガッカリしてしまう→私は異常と結論出しちゃう。

 YCATさんの検証データーや、いろいろな方のブログを拝見して、うまい食べ方がわかった事、それが一番の満足です。

投稿: mitiyo | 2007年11月 4日 (日) 11:52

 あらら、やっぱりそうでしたかmitiyoさん(´ヘ`;)
 まあ、インスリン使用状態じゃないから危険度が低いのが救いです。さすがに大人なので、子供たちとは精神的安定度が違うようで、過食症にまで至った人はまだ見ていません。
 ……行ってしまったら、ブログに書かないかも。
 
 血糖値は極力下げるべきですが、目的は合併症を防ぐことです。それ以前に、QOL(生活の質)を確保できないなら、生きている意味はありません。
「健康を保てたら、いつ死んでもいい!」
 人生の目的が、正常代謝を保つことだなんて、とても空しい(´ヘ`;) この論理を延長すると<デブオヤジ糖尿にまみれて暁に心筋梗塞>を許容することになります。そこで自死を遂行して鮮やかに人生に幕を降ろせるなら、カッコいいんですけどね。私には、そんな確信はありません。
 微妙にはずれたチョイ悪オヤジ道を歩む。
 セ・ラ・ヴィ。

 明日は検査日だ。
 良くなったと思った頚椎の炎症が冷え込んできたからか復活。白血球数が増えていればいいわけになるが、ヘモグロビンA1c最悪記録更新? 
 ついに<7>に届く日が来たか?  

投稿: (管) | 2007年11月 4日 (日) 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/16813643

この記事へのトラックバック一覧です: カーボカウントのにほい?:

« 文言春秋雑感-4 揺れるエビデンス | トップページ | 10月の結果報告 »