« 大本営発表 | トップページ | 医療行為の重さ »

2007年9月 3日 (月)

野菜が売れている?

 8月の途中経過で書きかけたんだけど、多品目野菜サラダパックが、コンビニ、スーパーを席巻している。
 東京地方だけの現象だろうか? 
07090301 07090302
 ローソンで見かけたときは、ダイエーの運動の展開かと思ったけど、ミニストップ、ライフ、サミットストアときちゃあ、戦略的匂いがしないでもない。健康日本21?
 家族の健康を思う主婦の方にはもうしわけないが、こんなにいろいろ野菜をカットするなんて、やらない/やれないはずだ。
 先々月あたりからの動きだが、最近深夜に行くと品切れ中であることが多い。

 ……よし、よし、ちゃんとネズミは食べてくれているな(^!^)
07090303
 これが厚生労働省の担当者の根回しだったりしたら、見直しちゃうんだけど……。

 ミニストップとサミットストアは東京近郊の同一食品会社製造品。
 おそらくそこの企画担当者のアイデアと思われる。このまま大当たりすれば、アメリカの野菜運動と同等の成果を得られ、数年後心疾患が減る可能性がある。
 やっと野菜を食わせられた! 
 
 ノンオイル志向が強くなっているので、ドレッシング別売が当たり前になってきているが、サミットストアは同梱。
 (他よりキャベツのカサがやたら多い。
  スーパーは主婦の目が厳しいったって同じ298円値付。
  あ、売れなかったので、30%引だったのかな?)
 一見総カロリー(左上参照)が高く見えるが、カーボカウントを知っていれば、ドレッシングはきっちりオイルを使った方がお勧め。
 腹持ちがいいから、あとは蛋白質を足すだけで十分。絶対カーボ量が少ないから、太ることはない。
 ただし! 
 これに、どんぶりごはん。菓子パン2個以上、シュウマイ、餃子、フライ類をセットすると……そりゃあ、太っちゃう(´ヘ`;)
 みんなカーボ大好きだからねえ……。
 なんの注意書きもないのが、食品会社のアイデアじゃないかと考える根拠。
 厚生労働省でも似たようなものか(´ヘ`;)
 
 糖耐能異常者は、自分の分泌インスリンの許容範囲カーボ量で食べるべし……よし、ハーゲンダッツ(26g)1個処理!
 主食と甘味の置換え。あ、そこの方苦い顔なさらないで。
 成否は11月中旬。
 はたしてLDL(低密度)コレステロールの増加はあるや否や。

追記――エントリー中、ついもう一個(26g)――だから核貯蔵はいかん! ひょいと計ったら、186。……セーフ(´ヘ`;)

|

« 大本営発表 | トップページ | 医療行為の重さ »

コメント

 はじめまして。
 いつも楽しく拝見&勉強させていただいております。
 以前は、コンビニのサラダは、上の方に葉っぱが2-3枚で、中は殆どキャベツの千切りってのが大半でしたが、この手のは色んな種類の野菜が食べられるってのがウリのようですね。
 私は通勤途中のセブンイレブンで、"一日の必要量の1/2を摂取できる"ってのを取り置きしてもらってます。
 私の糖尿病発症のタイミングを見計らったような発売でありがたいです。

投稿: saka10 | 2007年9月 3日 (月) 20:08

 いらしゃいませ、saka10さん。
 九州でしたよね? 全国チェーンのセブン・イレブンとはいえ、東京府中市の食品会社のものを仕入れているとは思えません。ついでがあったら、教えてください。
 あるいは、自社カット? 
 本当は、産地の農業団体――特にJAあたりがやるべきことなんですよね。その方が付加価値がつくから、地方振興になります。昭和30年代なら、近郊じゃなければ鮮度の問題がありましたが、冷蔵技術がすすんだ今では、どこからでも運べるはずです。
 ……コスト的には、高速道路の無料化も必要ですけど。

>私の糖尿病発症のタイミングを見計らったような発売

 1988年に始まった 5 a day (一日5皿の野菜、果実を食おう)運動の成果で、アメリカでは1994年から癌の発生率が低下し、心筋梗塞での死亡率も低下。ここには糖尿病食事療法の1993年改定の影響もあるはずです。最新のジョスリン『糖尿病学』14版には、それが反映されています。
 日本では、2000年から健康日本21として、一日350gの野菜を食わせようキャンペーンが始まり、実際にはあと80g――ちょうど一皿分食べてもらえばいいだけなのですが、年々摂取量が減っているお粗末さでした。
 やっと、やっとで、ちょうどsaka10さんに間に合ったわけです。

 ところで、IDDM(インスリン依存症)でしたよね? 
 自己分泌があれば吸収遅延で、都合がいい脂質ですが、インスリン人力投与となると見通しが立てにくくなるわけで、障害物過剰ブログには、不愉快な点もございますでしょうが、お目こぼしください。
 ベテランちかりんさんほどになると、インスリンを使って、もぐらたたきする自在な食生活で、つい指をくわえたくなりますが、やっぱり乱高下しちゃうようです。
 まことにもって、恐縮です。

投稿: (管) | 2007年9月 3日 (月) 22:34

 YCATさんこんばんは。
 件のサラダ(野菜をたっぷり食べようサラダ)の製造元は福岡県にある惣和って会社でした。たしか、コンビニの惣菜に関しては、各ブロックの下請けにコンビニ本社が指導して品質をそろえたものを納入させるって話を以前聞いたことがあります。

>日本では、2000年から健康日本21として、一日
>350gの野菜を食わせようキャンペーンが始まり、

 そういうのをやってるよな~って事は知ってましたけど、発覚するまで意識して野菜を食べることはありませんでした。
 ましてや、コンビニでサラダを買う日々が訪れるとは・・・。なんせ、セットメニューのサラダを残す人でしたから。
 油については、経験不足ですが、遅延はかなりの量(メガてりやカレーや天ぷらやアーモンド100gレベル)でないと私の場合おきないみたいです。
 コンビニサラダにエクストラバージンオリーブオイル15~20mlぶちこんだ自家製ドレッシング+グリーンオリーブ10粒くらいの油脂では遅延はないです。
 まぁ、摂取カーボにインシュリンをあわせればいいので、楽といえば楽ですが、先々に脂肪蓄積→インシュリン抵抗性獲得となっては元も子もないので、悩ましいところです。

投稿: saka10 | 2007年9月 4日 (火) 22:43

 ありがとうございます、saka10さん。
 気になって行ってみましたが、川崎市のセブンイレブンは導入してませんでした。ファミリーマートもサンクスも従来通りの惣菜サラダで、やっぱり厚生労働省の深慮遠謀じゃないみたいです。

>先々に脂肪蓄積→インシュリン抵抗性獲得となっては

 大きな声じゃ言えませんが、1型発症IDDMさんがフリーダイエットで2型化する傾向が……。特に若い女性の場合、やめられない止まらない♪
 病状を受け入れる精神的問題が先にあるせいもあるのでしょうが、落ち着いて量的管理に目覚めてほしいものです。
 でも論理的作業って苦手な子が多いんだよなあ(´ヘ`;)

投稿: (管) | 2007年9月 5日 (水) 00:36

 追加報告です。
 ローソン品はこちらでは菜デリカ九州工場製(佐賀県)でした。セブンイレブン品とくらべると表示上は炭水化物量が約3g多いですね。カボチャ・コーン・豆の分でしょうか・・・。

投稿: saka10 | 2007年9月 6日 (木) 17:46

 ははは、ありがとうございます、saka10さん。
 3g多い程度じゃ関係ありません。どちらにしろ、カーボ量に対して、かさ(食物繊維&水分)が多いですから、無駄食いが減る効果も期待できるんですよね。
 購買層は、やっぱり女の子が多いみたい(´ヘ`;) 無自覚な中高年オヤジ(危険なお年頃)たちが食べてくれるかってえと……うううむ。

投稿: (管) | 2007年9月 6日 (木) 23:51

 Ycat様こんにちは。
 我々注射チームも苦戦しておりますよぉ。a1c の数値的には問題無い様ですが、食後血糖の一番高いところでは、どう頑張っても二百超が散見する状況です。
 超速効と名前は付いていますが私の場合、皮下注射では自前膵島の速さには到底およびません。コクボさんの様に効きのほうが血糖上昇より早い方もいらっしゃるようですが私は食後をピッチリ抑えようと思うと一苦労です。

 注射して先ず局所をモミモミしサラダボール一杯の野菜をかじり少なめのカーボ量にしたメニューを食べ、食後直ぐに筋トレまがいの事をして次は即入浴。これだけやってやっと150~160。毎日出来る訳無いですよこんなの。あぁ~静注したいw。

投稿: そんなヒロシ | 2007年9月 8日 (土) 18:23

 なかなか完璧にはいかないようですね、そんなヒロシさん。
 医師であり、超ベテランIDDMの黒田先生だってしくじる時があるそうです。しょうがないと私が言うのは不愉快でしょうが。
 ウルトラC(古い! 死後?)であるカーボカウント&超速攻インスリン以上のワザはそうそう見つからないようです。
 でも去年の同時期と比べれば、雲泥の差じゃありませんか? 
 気がついたら、都市部の道路の中央を歩いていた! そんな恐ろしい状態から抜出せただけで素晴らしい。
 いかがでしょうか? 
 
 ヘモグロビンA1cが低ければ末梢神経障害
 血圧が低く安定していれば、大血管障害
 
 それぞれのリスクは大幅に低減されたはずで、少なくとも、歩道を歩いているのと同様でしょう。調子に乗って、ガードレールの上を歩いてみたりする、私のようなおバカさんもいますが、大きな間違いはないと思っています。
 インスリン使用で、厳しく血糖値をおさえようとすることには、逆方向の危険がともないます。ブログを巡っていると、けっこう無自覚低血糖を起こしている方が多いです。気持ちは理解できますが、車道を避けようとしているうちに、崖から転落したなんてシャレになりません。
 
 あとは、人生観の問題だと私は考えています。
 安全なはずの児童通学路に、時速60kmで突っ込んでくる阿呆だって存在してしまいました。<絶対>なんてありません。
 
 食物繊維戦略で解説し、実際に糖代謝減退確定……。で実験したとおり、食物繊維じゃ遅延効果は足りません。
 やるなら、やっぱ脂質が一番効果的です。
 ナッツ類なら、仕事中にパリポリ食べても目立たないし、頭が良くなるってウワサ――ちっともそんな実感がないけど。
 おそらく経時変化(老化)で、今後ともこのような模索は続くでしょう。そこそこ管理でよろしいのではないか? そんな風に愚考する私です。
 
P.S.ところで、ちょうど良かったです。
 knackeさんのブログコメント欄でインスリン不足のモトは能天気さんとやり取りしましたが、そんなヒロシさんと類似していませんか? 
 お手数ですが、お読みいただいて使えそうな経験がありましたら、フォローよろしくお願い致します。

投稿: (管) | 2007年9月 8日 (土) 21:43

 YCATさん。こんばんは。
 knackeさんの所に書き込みばかりしていては申訳ないのでこちらに移ってきました。
 野菜のコメントじゃないですが、私は実家の母から野菜貰っていっぱい食べてますよ。野菜なら不安要素が少ないような気がします。意外と炭水化物入ってますけどね~

 ところで私もやってみました!
 <負荷試験>のご報告
 午前中、廃品回収のお手伝いをして身体を動かしたので昼食前血糖値は「90」と優!
 これはチャンスと思って冷蔵庫を探ると更科生蕎麦そば粉5割(130g)つゆつきを発見。炭水化物は78g。無謀過ぎ?(でもコレにはつゆの分も含まれているのかも。飲まなきゃもう少し少ない筈)
 で、単品早食いで食後運動なし。

 1時間後「169」まぁこんなもので良かったかな。
 2時間後「221」ヒェェェ!!!!
 慌ててステッパー15分踏んでシャワーを浴びて、車で薬屋に買出しへ。薬屋にて1時間ウロウロ。
 3時間30分後「190」エェェ?それはない!動いたし時間も経ってるのに(涙)
 3時間半後でお腹も空いた。190にも関わらずカマンベール5分の1ホール捕食。
 居ても立っても居られず今度は自転車で近くの洋品店へ買出しに。そこでに1時間ウロウロ。
 5時間30分後「85」で、今まで計測した中で一番低い値が出ました。

 何だったんでしょう?蕎麦って怖いです。初心者には理解不可能。

投稿: モトは能天気 | 2007年9月 8日 (土) 23:44

>野菜なら不安要素が少ないような気がします。
>意外と炭水化物入ってますけどね~

 根菜(イモ、蓮根、ゴボウなど)以外は、食物繊維も豊富ですし、水分でカサがあるので、胃も充満させられるので有効です。IDDM(インスリン外部投与)であるDr.バーンスタインさんもご推奨です。
 海藻類は……はて、甲状腺肥大に関係するほど食べていた記憶はありますか? 
 そうじゃないなら、空腹感対策として有効です。

><負荷試験>のご報告
>更科生蕎麦そば粉5割(130g)つゆつきを発見。
>炭水化物は78g。無謀過ぎ?
>(でもコレにはつゆの分も含まれているのかも。
>飲まなきゃもう少し少ない筈)
>で、単品早食いで食後運動なし。

 おお、ブドウ糖負荷試験(注――吸収遅延術付――後述)

>1時間後「169」まぁこんなもので良かったかな。
>2時間後「221」ヒェェェ!!!!
>3時間30分後「190」エェェ?それはない!
>動いたし時間も経ってるのに(涙)

 高血糖の元凶 そば!で書いた通り<粉もの>そばは、砂糖並みに強敵です。インスリン分泌不足なのに、自殺行為! 
 ゆでていない乾麺状態での130gですよね? つゆは関係ありません。そばだけで、これくらいあります。まるっきり通常人同然じゃないですか。
 私は40g(茹でると水分を含んで140-160g)が限界で、それすら脂質による吸収遅延がないと、インスリンが間に合いません。布団からなかなかでてこない(´ヘ`;) 
 初期の人体実験 脂質の使い方も参照ください。
 今の私なら、300近くになりそうです。
 この程度でおさまっているから、ヘモグロビンA1c6.6程度で、そう医師も大騒ぎしないのでしょう。今後どこかでさらなる糖代謝能力の低下が予想されます。もっと低くするにも有効ですから、カーボ量把握だけはやっておいた方がいいでしょう。
 有酸素運動で心肺機能を高めて、能力低下防止という手もありますが、分泌不足がわかっているなら、食べるカーボ量を減らす方が簡単です。

 しかも吸収遅延実験――私の噛めば、かむほど高血糖!?実験の追試もしてくださったみたいですね。
 ずるずるっと、かまずに飲み込んだんでしょ! ふふふ。
 そばの粒子は、あの実験ほど荒くはないと思いますが、のんびり胃で滞留していたんでしょうねえ。3時間かかって吸収されたように推測します。

■すいません。モトは能天気さん。↓以下は、間違いです。
 カーボ15g程度で250なんて、おかしいと思ったのに(´ヘ`;)。
 その下の提案は、有効です。  
 
 knackeさんのところでのコメント<たいした内容じゃないおかずにご飯50g食べて指で測定したら「250」>は、たぶん脂質なしじゃなかったでしょうか? しつこくかんだら、砂糖をなめているのと同じです。……ちょっと高すぎるけど。

 今回は特に許そう! 貴重な体験じゃ……なんて(^!^)
 
 遅れてインスリンが分泌されるのかどうか? この様子だと、少ないように感じます。もう少し、カーボ量を減らして脂質を増強して再試験する手はありますが、その前に医師と相談する方を勧めます。
 追加インスリンの分泌がどの程度ありそうなのか質問してください。過去のOGTT(ブドウ糖負荷試験)データからでも、ある程度の推測は可能なはずです。

■9/9追記■
 すいません。勘違いして、モトは能天気さんの食事、血糖測定例だと思い込んだようです。寝ぼけてたみたいですね。 
 knackeさんであれば、やっぱり乱高下しすぎです。
 ブドウ糖負荷試験の簡易タイプで、少しずつ、謎の正体に迫っていくしかないでしょう。

投稿: (管) | 2007年9月 9日 (日) 02:40

 おはようございます。・・・もうすぐ昼ですが。

>knackeさんのところでのコメント<たいした内容じゃないおかずに
>ご飯50g食べて指で測定したら「250」>は
>たぶん脂質なしじゃなかったでしょうか? 
>しつこくかんだら、砂糖をなめているのと同じです。
>……ちょっと高すぎるけど。

 ビンゴです。味噌汁(大根・葱・えのき・わかめ)、和え物(きゃべつ・ホタテ)、ブロッコリーといった脂質を加えないおかずを食べてから、最後にご飯だけ食べるって食事でした。
 しつこく噛んだかどうかは記憶にないです・・・なんせ、バレンタインの夕食の話なので。

>今回は特に許そう! 貴重な体験じゃ……なんて(^!^)

 これも貴重な体験だったんですね・・・せっかく手帳に書いても、よく見えてないんじゃ意味無いですね~YCATさんが手帳見たら面白いんでしょうね。
 ぶちぶち書いてあるから見せらんないけどさ。
 質問なんですが、限界カーボって、blogを拝見していると200mg/dlあたりを、狙ってる印象ですが合っていますか?
 摂取カーボ増やしながら探るのって要領悪いでしょうかね?

投稿: knacke | 2007年9月 9日 (日) 10:47

>200mg/dlあたりを、狙ってる印象ですが合っていますか?

 1時間値だったら、それが限界かな。
 2時間値だったら、ぎゃあああですね。

>摂取カーボ増やしながら探るのって要領悪い?

 にゃんとも言えません。勘がよければ一発でしょう。

投稿: (管) | 2007年9月 9日 (日) 14:13

 YCATさん、ありがとうございました。
上記を参考にやってみます。

投稿: knacke | 2007年9月10日 (月) 16:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/16325363

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜が売れている?:

« 大本営発表 | トップページ | 医療行為の重さ »