« 3月の結果報告 | トップページ | 白菜キムチのハム海苔巻 »

2007年4月14日 (土)

アーモンドは美味しい

 ネタが、なああああ~い。河合勝幸さんもご同様みたい。
 3/8付記事食べて糖尿病対策! アーモンドのススメ
 これは2/6にあったセミナー『ウエストサイズを下げて健康に!咀嚼(そしゃく)と満腹感が体重管理に与える影響』に参加しての記事。
 セミナーの内容は、カリフォルニアアーモンド協会2007/2/6News咀嚼と満腹感が体重管理に与える影響でも読めます。
 サブタイトル/ナッツを食べても太らない!? 意外な研究結果
 こっちの方が、河合さんの原文じゃないのかなあ。
 ちゃんと<!?>マークがついて、冗談半分であることを示している。
 食べて糖尿病対策 は客引き用タイトル? こう書いちゃいけない。
 またぞろ真に受けてしまうあるある羊が群れてくるぞ(´ヘ`;)
 これだから all about は信頼できないんだよなあ。それが、広告で金を稼ごうとするメディアの宿命/業病なんだけど……。

 笑っちゃうことに、私のアーモンド摂取実績は、本多京子医学博士の推奨値「1日のアーモンドの適量は、約23g」にぴったり(^_^)
 毎月700g食べている! 貢献度大! だね。
070414al_ok
 「携帯ケースに入れて持ち歩き、小腹が空いたとき、時間がなくて食事ができないときなど、アーモンドで栄養を取りながら満腹感を得ると、簡単に健康的に肥満対策ができます」
 このお言葉は、まさに私の考え通り――そのへんについて、いろいろ理屈があって、裏づけにもなっているのはうれしい。

 1-満腹感が、他の食べ物を我慢させる。
 2-高カロリーだが、全部吸収されるわけじゃない
 3-ビタミンEの1日必要量がまかなえる
 4-オレイン酸/抗酸化物質……すべったころんだ
 
 アーモンドを300kcal取ると、他の食品200kcal分を食べなくなるってんだが……はははは、タヌキの皮算用みたい。
 脂質によるカーボの吸収遅延が、血糖管理(つまりは空腹感の減少)に有効なのであって、満腹感ではないと私は思うんだけどなあ。体感ほど当てにならないものはないのが実感。量の管理こそポイントなのに、どうしてそう言わないんだろう。
 やっぱり食事量管理が面倒で、無理だと思っているから? 
 へええと思って覗いたカリフォルニア協会のサイトだけど、こっちは、だんだんセールストークが主力になってしまっている。
「噛み応えのあるアーモンドで咀嚼回数が増え満腹感に影響?」
 ――またしてもカミカミ教の布教(´ヘ`;)
「アーモンドの脂質はそのまま排泄される率が高い」
 ――グラフで見るとピーナッツの方がもっと吸収されない?
 ま、余計なことを書きすぎると、うそ臭くなるってもんなんだけどね。PRの意味を理解していない――要するに消費量を増やしたい(売りたい)って願望が先にきちゃうんだろう(´ヘ`;)
 
 河合さんの言う「スナック菓子の代りにするといいですね」は同感。
 「私は生(なま)のアーモンドをいつもポケットに入れてあります」
 一気食いは、しないように――重要なのは適量管理! 

|

« 3月の結果報告 | トップページ | 白菜キムチのハム海苔巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/14471629

この記事へのトラックバック一覧です: アーモンドは美味しい:

« 3月の結果報告 | トップページ | 白菜キムチのハム海苔巻 »