« 3月の(絶望的)途中経過 | トップページ | マルチスライスCT »

2007年3月18日 (日)

腐らない油――マーガリン問題

 使用禁止となると、ファーストフード業界にとっては死活問題なので、欧米で大騒ぎになっているトランス脂肪酸の動脈硬化主因説。以前にもエントリーしたが、この国ではまったく火がつかない(´ヘ`;)
 ……なんでだろ? 
 末端の栄養士さんが無知なのは、しょうがない? 
 内閣府の食品安全委員会は、現時調査中――お役所仕事というより、メーカー保護か? 報告しろといえば従うのが民間企業だから、ひょっとして知っていて黙視しているのか? 
「金(予算)がない」と騒ぎつつ、厚生労働省は、何の動きもしない。相変わらず、コレステロールを下げるためのマーガリン推奨でも、しょうがないか(´ヘ`;)
 患者の健康より、上からの指示通り! 
 バターの飽和脂肪酸も、動脈硬化の要因には違いないから、まあどっちもどっちではある。

 本日付の朝日新聞別刷りbe3面(元気のひけつ)で、知りたかった事実が判明。現場の実態を多少は知っているから、当然と思っていた雪印/不二家同様、やっぱり食品メーカーは信用できない! 
 業界団体日本マーガリン工業会の秘密主義の謎――それはやっぱりヤマシイ点があったから!
 ――何が、トランス脂肪酸の比率は問題になりませんだ。
 どこまで正確か、個人では検証不能だけど、食品と暮らしの安全の調査を頭に入れる価値はあるだろう。
 参考に、1998年段階の分析データも見つけたけど、当時は、メーカーによっては、約14%! 10g塗ると1.4g
 10年前、マーガリンを(我慢して/健康にいいと信じて)せっせと食べていた人たちの現時点、動脈硬化達成率は、どんなもんなんだろう? 他の要因とまぎれて、もうわかんないか……。

 適当なサイト/ブログがないので、概略ははてなダイアリー トランス脂肪酸で踏まえてください。
 話題の映画『スーパーサイズ・ミー』は、過食/偏食にだけ目を向けてはいけない。日本じゃ「ヤンキーは太りすぎよぉ」で片付ける人が多いだろうが、プラスティックコーティングされた油が、主因と疑われているのだ。

 ニューヨークの飲食店が使用中止の覚悟を決めたらしい記事を読んだ覚えがあるが、続報見つからず。

 こうした海外の動きを伝えつつ、日本の状況をまとめているのが権敬淑記者の記事。このコーナー、時々優れているんだけど、なぜかネットにはアップされないので要約すると――。
1-WHO(世界保健機関)推奨基準
 1日当たり総エネルギー摂取の1%未満
 (2200kcalなら22kcal=つまり2.4g未満)
2-脂質栄養学 菅野九州大名誉教授1999論文より
 日本人のトランス脂肪酸平均摂取量推計
 (……なんのデータを元にしたんだか)
 総エネルギーの0.7%(14kcal) 1g=9kcalなので、1.56g
3-行政、業界の動き――日本で規制がない理由
  食品安全委員会見解――日本の食生活だと、外国に比べて
  摂取量が少なく、健康への影響は小さい
  (マーガリンの含有比率も、いまだに調査中だってのに、
   何を根拠にそう言えるのやら……)
  根拠なしに、企業に負担をかけさせられないのも事実だけど。
  マーガリン工業会――製造過程の工夫でアメリカ産より少ない。
  (……だから、具体的な量は?) 
4-食品と暮らしの安全2005年調査から引用 ()内は、MAX値
  食パン1枚にマーガリン(0.72)フライドポテトMサイズ(4.55)
  コーヒー用カップミルク(0.29)菓子パン(0.95)

 これって都市部の若い女性の典型的朝昼? すで6.5g……。 
 ダイエット中なら、朝のパンをもう一枚食べることはなくても(夕食は、居酒屋で唐揚げなんか食わずにきちんしても)夜の間食に、菓子パンかケーキを食べれば、ショートニング(トランス脂肪酸)追加!  
 ただでさえバランスの悪い彼女たちが、もうじき、ばたばた心筋梗塞? ケーキ大好きの私に、マーガリン好きの人を笑う価値はないか。
 
 ほめようと思って書き始めたんだけど、サイトを読んでみたら、業界も気にしているらしい。不言(こっそり内緒で)実行で、水素添加の人工脂肪をやめ、パーム油に切り替えているんだと。パーム油がいいってわけじゃない(飽和脂肪酸メイン)から、消費者の健康を意識しているというより、結局は商売、商売。
 前回調査から2年近くたった現在では、20%(過剰だったものは80%も)削減など、努力しているらしい(ちゃんと読めよ、権記者!) 
 あげくの〆言葉が、紋切り調。
 菅野名誉教授「……偏食せず食べることが先決です」(´ヘ`;)
 服(理想的/机上的平均値)に体をあわせるのではなく、体(偏食している現実)を知ってこそ、完璧ではなくとも、次善の対策が可能となる。
 メディアの新米記者にケチをつけるより、やっぱ現場に来ない人たちを、どうにかすべきかあ(´ヘ`;)
 

 

|

« 3月の(絶望的)途中経過 | トップページ | マルチスライスCT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/14310109

この記事へのトラックバック一覧です: 腐らない油――マーガリン問題:

« 3月の(絶望的)途中経過 | トップページ | マルチスライスCT »