« 一食200円惣菜 | トップページ | 一食で23品目 »

2006年10月 9日 (月)

東ハトの新作

06100900 ……。
 毎度おなじみ東ハトハーベストのクリームバージョン続編。
 1月のイチゴミルク&抹茶が、
 キャラメルショコラと洋梨のピュレと
 ミルクショコラと林檎のピュレに変化。

 セサミならぬミルク風味ハーベストに
 包んだのがこれ→
 キャラメルショコラがなんだかよくわからないけれど、悪くないお味(^!^)

 でたばかりなのか、カカオハーベストの方は未入手。
 うっかりしていたが、その前にマンゴー味が発売されていた。
「冷やすとウマい」とのふれこみだったが、クリームが固くて舌触りが悪い(´ヘ`;) ネタにするには再挑戦が必要と思っているうちに、消えちゃった。
 山崎製パン傘下になって、どうなるかと思っていたけど、同工異曲でお茶を濁しているようじゃなあ……。
06100999 日本ではまだまだ食べられると思うけど、この手の菓子は、アメリカでは今後食べられなくなるかもしれない。ナビスコなどのメーカーは、ほとんどがライセンス生産で国内で作っているのだろうから、関係ないといえば関係ないのだろうが、直輸入品はなくなる可能性がある。
 実際、ここまで溶けないとは思わなかった! 
 体温でも液状にならない脂。身体のなかで、どんな邪魔をしていることやら。
 それが水素添加の人工脂肪――トランス脂肪酸。菓子類につきもののショートニングは、これがないと作れない。
 明確なエビデンスまでは出ていないが、動脈硬化の原因と疑われて、使用禁止になりそうなのだ。
 六花亭の創業者のように、ショートニング、マーガリン一切禁止のお菓子屋さんもいるけれど、それだと日持ちがしない。売る方――製造業者、流通業者からすれば、なくてはならない画期的脂肪。
 疑わしきは罰せず。微妙な判定は、セーフ! 
 でもそれは、儲ける方の都合だよねえ……。
 君子危うきに近寄らず――まして<マズイ>マーガリンを食べる人の気持ちがわからない。BSEより、発病の危険性は少ないようだから、どっちでもいいっていえばいいんだけど……といいつつ、甘味だとトランス脂肪酸を許してしまう私(´ヘ`;)
 勝手なもんだ、はははは。


|

« 一食200円惣菜 | トップページ | 一食で23品目 »

コメント

 こんにちは。
 不勉強ゆえ、トランス脂肪酸という言葉をはじめて聞きました。
 毎朝パンに○オソフトなどのマーガリンを塗って食べている我が家はどうなってしまうのでせう^^;
 BSEより危険性は低いとのことでちょっと安心しましたが。

投稿: kaorim | 2006年10月11日 (水) 13:55

kaorim様、お久しぶりです。
 サイトをのぞいてみると、栄養成分に<食用植物油脂><食用精製加工油脂>とあります。
 バターのような動物性油脂(飽和脂肪酸)を食べるより、植物油脂の方が、溶けやすいから健康に良いってのは、まずい、まずいと悪評サクサクだった30年以上前に考えられたセールストークなんでしょうね。
 精製加工油脂ってのが怪しくて、たぶんこれがネズミが(またいで)食べないトランス脂肪酸なのでしょう。溶けやすくて身体にいいのは、ほほほほ(^!^)なんだけど、それだけだと、どろどろになっちゃうぞ。あ、いいものめっけ! だったんでしょうけどねえ(´ヘ`;)
 どこで読んだか忘れましたが、「アメリカと違って、日本のマーガリンに含まれるトランス脂肪酸の比率は小さいから、大丈夫」なんてのがメーカーの見解でしたが、だったら比率も書けばいいのにね。
 日本の健康増進法では、脂質の量の表記義務はあっても、トランス脂肪酸の表示をする必要はありません。
 心臓病の多い国だから、だれかが非常に気にしているようで、アメリカでは10年以上以前から表示されています。
 危険性は、低いといえば低く、高いといえば高い。
「このまま食べ続ければ、あなたは間違いなく心臓発作を起こす……80年以内に」
 バターを食っても、ショートニング入り洋菓子を食っても、マーガリントーストを食べ続けても、どれが大当たり! なのか、正確なエビデンスはまだないようです。
 ……あったら、食品メーカーは反対できません。殺人者になっちゃうもん。
 どうなってしまうのでせう? と言われても、答える立場でもなし、世の中にデータもないようです。
 ググッて見れば、あちこちで火の手が上がっております。適宜読んで、御自分でお決め下さい。
 こってりバターをさっと塗るのと、物足りずにマーガリンびたしにして食べるのと、どっちが大当たり? 
 ……私が好きだったのは(食べたい……ダメ!)、バターの海を泳いでいる、カリカリパンなんだけど(´ヘ`;)
 

投稿: (管) | 2006年10月11日 (水) 23:44

 大当たりしたところで、何が原因かわかるほど人間の身体は単純じゃないですもんね。
 トランス脂肪酸に限らず、この類のもの(ネズミがまたぐもの)はいっぱいあるんでしょう。
 知らぬが仏で・・・いちいち神経質になっていたら食べられるものがなくなりそうです。
 まぁ必要以上に恐れることはないと解釈しておこう。

 毎度毎度、お菓子情報に詳しいですね。私などバーゲン品以外のお菓子の棚は素通りなもので^^;
 あのお方は今でも東ハトの執行役員なのでしょうか・・・。

投稿: kaorim | 2006年10月12日 (木) 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/12205750

この記事へのトラックバック一覧です: 東ハトの新作:

« 一食200円惣菜 | トップページ | 一食で23品目 »