« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

6月の結果報告

 やれやれ(´ヘ`;)
 今月もなんとか達成。いつものようにデータはこちら
 あと2日、2200kcal状態にせんとね。
 多くもなく、少なくもなく、食べたくなくても食べる!
 ……ああ、めんどクサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

血糖値測定の歴史

 ほんのちょっぴりの血液(指の穴あけ、痛くない!)で、たった5秒(第2世代センサー)待つのだよ! もうすっかりラクチンなSMBG(血糖値測定)。ここに至るには、当然歴史がある。
 以下はクラブアークレイの医療関係従事者向けサイトにある解説<簡易血糖測定機の変遷>からの引用。
 第1世代:酵素比色法(ストリップ試験紙型)
        試験紙を目視することも可能。水洗いまたは拭き取りで
       反応を止める。操作者の手技による誤差が大きい。
 第2世代:酵素比色法(ノンワイプ試験紙型)
        水洗いや拭き取りの必要がない。
       操作者の手技による誤差が少ないタイプ 。
 第3世代:酵素電極法
        化学反応で発生する電流を捉える現在主流の方式
 第4世代:無侵襲方式
        採血不要。国内では未発売。
        近赤外線方式、細胞間液吸引方式などが開発途中。
 それ以前に、病棟での血糖測定の歴史がある。そのエビデンスがあってこそ、在宅での血糖測定が始まった。現在主流の電極方式の発売は、1991年。日本で開発されたようだ――それでも、測定結果が出るには、まだ1分間必要だった。
 古書(!)『糖尿病の解決』の著者、Dr.バーンスタインは、すでに遠い過去の存在と化しているようで、だれも知っている人を見つけられなかった。しかし、彼の活躍は本物のようだ。
 必要は発明の母。いずれ、ここまで進化しただろう。しかし、黎明期の彼の存在は時代を動かした。わかった範囲の事実を報告しよう。

続きを読む "血糖値測定の歴史"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

生活習慣改善へのまったく違う場所からの第一歩

 土曜日6/24の朝日新聞別刷り<be>フロントランナー。
 今回はカリスマ副社長(?)志村法美さんをクローズアップ
 ABC Cooking Studio(本社・東京都千代田区)は、全国17万人以上の生徒を抱え、その7割が20代の独身女性。女性専用の料理教室を全国展開し、現在各地に79ヶ所もあるそうだ。
 集客力に注目して、あちこちから出店要請殺到中。
 (若い娘が集まる街は、繁盛するのだ)

■6/30追記
 どんなものか覗いて見た。
0606abc
 オフィスビルの地下街。
 ネクタイ族のおじさんたちは、気になるだろうなあ。
 生徒たちの楽しそうな笑顔と、ミーティング中なのか若いスタッフの真剣なまなざし。……象徴的だ。
 小規模なら、サークル活動は成立するだろうが、17万人も集めるとなると、スタッフの質を維持するのが大変だろう。やっぱり<カリスマ>と言われるだけある人なのかもね。

 大当たりした理由は、押しつけられた家事ではなく、ファッションとしての料理を教えるかららしい。独身でヒマで金(可処分所得)があるから、マナブ君大好きだし、悩むほど頭を使う必要のないように見えるから?
 金(交換価値が成立する)が流れ出せば、どんなかたちであろうとビジネス。利益は、それを管理するところに落ちる。
 老人と病人しかいない内科外来にも、こんな若い空気があれば明るくなる。
 糖尿病外来に、ダイエットスタジオを!
 それが、私の夢のひとつ。お堅い栄養士さんや看護士さん、太り気味の医師も巻き込んで、楽しく体を動かす!
 (運動しよう! なんて言わないぜ。豚を引っぱったって、動くもんか。群れが動けば、勝手に走り出す!)

続きを読む "生活習慣改善へのまったく違う場所からの第一歩"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

ダメなものはダメ

06062877 確かに、ブドウ糖が入っている。4.7gのカーボ。
 でも、追いつかないものはどっちにしろ追いつかない。走り回る孫(カーボ)を、じいじはつかまえられない! 年をとるってのは、やあね(´ヘ`;)
 これがヘモグロビンA1C上昇の秘密なんだろう――1月まではよかったのにねえ(´ヘ`;)
 散々悩んで、うまく味付けできたってのに! 
06062861060628620606286306062864

続きを読む "ダメなものはダメ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

チキンサラダボウル

060618 これは、KFCの新メニュー。
 揚げ麺のサクサク感に、みずみずしい(だけだけど)レタスがまとわりついて、ちょびっとあるスモークチキンが実に味わい深い! 
 ……なことはどうでもいい。
 オレンジロールケーキが食べられる!
 合計してもたった42gのカーボしかない。ジャスト・マイ・ボリューム。
060619kfc_new_set
 ドレッシングの油脂とあわせて、腹持ちもばっちり! 

続きを読む "チキンサラダボウル"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

微妙に……甘い

 基準データ ブドウ糖(分解前 和菓子桃山での)負荷試験
4:10食事前    5:10 1時間値  6:10 2時間値 7:10 3時間値
06061501060615020606150306061504
 チョコレート菓子の方がいいや実験
8:20食事前    9:20 1時間値  10:20 2時間値 11:40 3時間値
06061505060615060606150706061508

続きを読む "微妙に……甘い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

6月の途中経過

 さすがに血液検査前。無事、予定平均値2200kcal達成!
 あとは爆発しないように、ぼちぼち2週間。
 さてさて、ヘモグロビンA1Cはいくつ? 6は切れそうもないなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

老化進行中、とほほ。

 A.D.J. 糖尿病宣告後 After a diabetes judgment 3年
 ――なんか、カッコいい。ン? 老化宣言だ? あらら(´ヘ`;)
 有史以前の通算推定キャリア6年――また一歩前進。
 じゃなあああああああああい。
 起きろ、すい臓クン! 
--6/10-am1:25---- am8:30------ pm1:40------ pm6:00--
06061003060610070606101006061013
 すべて食後1時間値……(´ヘ`;)(´ヘ`;)(´ヘ`;)(´ヘ`;)(´ヘ`;)

続きを読む "老化進行中、とほほ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジワイ深し……。

 うううううん。
 もっと早く食べるんだった(´ヘ`;) オリエンタルホテル謹製。ウイスキーフルーツケーキ。ウィスキーがどこかへ行っちゃったぞ。
060610ba 060610bb 060610bc  香り高きウィスキーの風味。6/14が賞味期限。
 わかる人にはわかるだろう。しかし、ジャンクフードしか知らない人には、ただの甘くないパウンドケーキになっちまった。

続きを読む "アジワイ深し……。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

謎の高血糖

060607_freedom
 やっぱり、なんでも新しいものの方が好き(^_^)
 使い慣れたキッセイ(ニプロも同じ)フリースタイルの新製品! 
 単三電池二本から、ボタン電池に変って、とても薄くなった!
 画面が大きいのもありがたい。ブログでも見やすいだろう。
 血を流す穿刺(せんし)機の方もちょっぴり小型になって、セットで8,800円。 
 

続きを読む "謎の高血糖"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

ベジフルセブン

 ダイエーの惣菜に妙なマークが付いている。
06051402 06060403 これは青果物健康推進委員会が推奨する野菜と果物の一日当たりの摂取目標を意味するらしい。
 野菜350g(70gx5皿)
 果物200g(100g2個)
 やれやれ、一番効果的な健康推進法を実践している団体があったんだ。だけど……。

続きを読む "ベジフルセブン"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

ラマダン明け!

06060100 朝から、不具合対策会議。
 信じたくないけれど、電子部品で1PPM(100万分の1)程度の不具合は、まだまだつきもの。組み立てモジュールならなおさらだ。
 発生原因がとっととわかったのは珍しい。だからといって、話は簡単じゃない。費用が発生してしまうからだ。従って、この手の話はいつもエンドレス。しかし、急がないと合併症出血がすさまじい。
 ずっとひまだったけど、おかげで、久しぶりの午前様。儲けには、まったくつながらないってのに……ま、血が止まらないよりましだけど。

続きを読む "ラマダン明け!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »