« カーボカウントの先駆者? | トップページ | 存在価値 »

2006年5月 5日 (金)

薬剤管理

 本日付の日経に記事があるらしいが、ネットで見つけることができなかった。
 薬剤師さんのブログから、孫引き。
 

アルマール」(血圧降下剤)と「アマリール」(血糖降下剤)のように名前の似た薬を誤って投与する取り違えミスなどを防止するため、厚生労働省は7月にも医療機関で使用する医薬品にバーコード表示を導入する方針を決めた。

 遅すぎる! 
 朝日新聞は、まだ記事なし。
 以前、論説委員がコラムで、他人事のように問題提起(だけ!)していたので、いちゃもんのメールをしたことがある。ナシの礫だった。
 第三世代のSU剤アマリールは、(療行為が)(因)の低血糖事故を起こす可能性は低いが、危険な遷延性(いつまでも効果が続く)があるのは同じ。すぐ分解されてしまう蛋白質/インスリンの方がはるかに安全なのだ。
 ――何を言っているか、わかります? 理解しましょう!

|

« カーボカウントの先駆者? | トップページ | 存在価値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/9907938

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤管理:

« カーボカウントの先駆者? | トップページ | 存在価値 »