« 容疑者たち3高級甘味 | トップページ | 容疑者たち5そりゃそうだ »

2006年5月30日 (火)

容疑者たち4ぼくらは違う

 久しぶりのバンクランクラン
 そんなに立派な店構えじゃあない。
 しかしみんな自家用車でのご来店。バンコクミドルクラスたちの食通の店だけあって、やっぱり美味しい。
06050714060507150605071606050717
 ほとんど独りで食べさせられたようなものだけど、食物繊維満載で563kcal。ごはんは食べないので、糖質65g程度……食べたいんだけどねえ。辛いから、丼飯2杯なんて楽勝のはずなんだけど。
 ああ、ナマキャベツが美味い(´ヘ`;)

 定番空心菜炒めに、辛いサラダソムタム。ホタテ貝柱とブロッコリーのオイスターソース。
 で、今日の新メニューは川蟹(だと思う)のオイスター痛め
 もとえ、炒め――こいつには苦労させられた。殻が小さいから、身を取るのに一苦労。上海蟹と同じことのはずだが、どうやって食べているんだろう。
 中国のことわざに「静かに食事をしたかったら、蟹を食わせろ」ってのがあるらしい。ほんと何もしゃべる気になれない。
 脂質のまったくない蟹の淡白な身に、オイスターソースとトウガラシの辛味がしみて絶品。
 ああ、ごはんがほしい(´ヘ`;)
 いくらでも入るのに、身が思うようにほぐせない(´ヘ`;) まさしく一所(殻を)懸命、ほじくる羽目になった。同行の友だちは、ええい(世界共通)よけいな雑学なしのお嬢様。「I don't know」
 店員を呼んでも道具がない。ンンンン? 
 しょうがないので、割り箸を折って裂いたものを2本作り、簡易蟹フォーク製造。30分ほどかけて半分近く取り出したら……。
 サービスのつもりか、ウエイターのにいちゃんテーブルの不要な皿を片付けだし、ついでに、身をまとめた椀をゴミと一緒にしやがる!
余計なことするなあ!」
 ソースは飛び散っているし、殻もテーブル上に散らばっているすさまじい有様。だからって、身とゴミの区別がつかんのか(´ヘ`;)
 横柄な日本人――特にタイ人相手に強気な奴は多い。その辺は、アメリカのプアホワイトと同じ事情。彼らと違って私は、声を荒げたことはない。初めて見た怒り顔に、お嬢様びっくり。
 目が点になっていた。
「捨てたんだから、残りはおまえがむけ」と通訳してもらったんだが、やれませんだと。定番のメニューのはずなのに、どうやって食べているかわからないなんて……。
 あれ、もしや食べるほどの収入がない? 
 たかが160バーツ(480円)といっても、普段は一食20バーツ(60円)以内が食事代。日本の感覚だと、4000円相当の料理ではある。
 閑話休題。
 次回は蟹フォークを持参して行こう。この手の道具は、日本が一番そろっているらしい。みんなマメだからなあ。
06052207 今宵、疑われるならこいつかな? 
 食後、デジタルカメラの説明会。頼まれたCASIOの最新バージョンを、彼女のお姉さんたちに、身振り手振り、カタコト英語に、知ったかぶりタイ語感嘆詞をとりまぜて1時間。
 それはいいんだが、場所はバンコクの下町。
 本来の首都トンブリーは、東京で言えば台東区浅草のような場所。ホテル街、ビジネス街と違って、クーラーは効いていない。爽やかな川風だけが頼り。夜も更けて涼しくなったといっても30℃。
06052208 その上姉さんたちは巨漢(腹)ぞろい。当然、みんなでカキ氷! 脂肪削減で、暑さはそれほど気にならなくなった私。「I am Diabetes. Can not eat」とか言ってはみたけど……。
 ドライフルーツに、砂糖寒天。
 いろんな種類の甘味にココナッツミルクをかけて、氷をどっさり。みんな美味そうなんだよねえ(´ヘ`;)
 それほど多くはないが、糖質ばっかり32g。吸収遅延ツール、アーモンドも携帯してないってのにいけないなあ。
 本日の合計は2588kcal(´ヘ`;)
 朝の賑わいはどこへやら。誰もいない市場――糖消費、糖消費――夜のバンコクをざくっと散歩してから眠ったのでした。06059902 06059903 06059904

|

« 容疑者たち3高級甘味 | トップページ | 容疑者たち5そりゃそうだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/10370298

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者たち4ぼくらは違う:

« 容疑者たち3高級甘味 | トップページ | 容疑者たち5そりゃそうだ »