« 3月の結果報告 | トップページ | 停まりそうでトマラナイ心臓 »

2006年4月 7日 (金)

心臓増毛法

 血糖管理上、無酸素運動――ジョギングやテニスなど、激しい運動はやらなくていい。やるだけ無駄で、かつやる方がむしろ有害な場合が多い。成長期とはちょっと様子が違うみたいで、これってナマケモノにとって非常にありがたい事実だ。スポーツクラブで汗を流して、シャワーを浴びて爽やかになるような優雅な生活――それは私の日常辞書にはない。どうせ似合わないし(´ヘ`;)
 随意筋――アスリート系の筋肉は、作ってもサボるとすぐ落ちる。サッカーにしろ、野球にしろ、プロはそれが商売だから必須だけど、頭脳労働(えへん!)中心の生活に、そんな時間は無駄ってぇもの。
 骨付きカルビ――すぐ落ちないような筋肉は、もっと若いうちにつけなければいけなかったわけで……。つまりは、もう手遅れ。
 現在、糖尿病運動療法で勧められるのは、自分の心拍数を知って、ちょっと心臓がドキドキする程度に動くこと――運動系の筋肉増強ではなく、血管や汗腺などの代謝系の筋肉を増やせってことだ
 内臓系の筋肉は、冷蔵庫と同じで、いつも休むことなく血糖を消費している。自律系――つまり勝手に動くので、不随意筋。これが老化と共に、どんどん落ちて基礎代謝が減ってしまうから、摂取食事量とのバランスが取れず血糖値が高くなる。 
 さて、しかし。
 不随意筋の増強って、どうすりゃいいんだ?

 新浦壽夫(にうら ひさお)さんは、同世代のプロ野球評論家。かって長島巨人を支えた守護神であった。ただし当初は制球難もあって<蚤の心臓>よばわりされていた。ピンチになると四球を連発するんだもん。
 たぶんファンの方の記述だろうが、みんなで作るネット百科ウィキペディア(Wikipedia)に記事がある。名前で検索すれば野球人生がわかる。 
 ご存知の方もいらっしゃるだろうが、糖尿病評論家でもある。『ぼくと野球と糖尿病』(文芸春秋1994刊)と著書もある。すでに絶版なので、詳しい状況はわからないが、創世記の韓国プロ野球に身を投じてから、2型糖尿病が判明。円形脱毛症ではじまって、高血糖でほとんど昏睡状態になって入院。
 韓国では、こっそり隠れてインスリン注射。低血糖の不安がつきまとったはずだ。(NHK放映時のまた聞き情報によると)バックの中に、アンパンのあんこ(!)をしのばせ、缶コーヒー飲みながら、マウンドにあがる日々だったらしい。当時はまだ超速効型はなかったはずだから、現役の選手生活は想像を絶するほど大変だったろう。
 カーボの過剰摂取――アスリート系の無酸素運動には必須でもあるけれど、ごはんにサイダーをかけた甘茶漬け(´ヘ`;)が大好きという異常な食習慣! 今のペットボトル症候群に近い。
 筋肉質である野球選手の2型は珍しい。我々中年デブオヤジとは違って、インスリン抵抗性があるとは考えにくい。相撲の力士の方ならまだうなづける場合もあるが、柏戸さん(インスリンを大量(80単位)に打ちながら、横綱になった)の体も脂肪肝ではなかったはず。
 たぶんインスリンの自己分泌が減少しての発病だろうが、実は興味深いことがある。
 現在のパワフルな韓国野球と違って、当時は、選手のレベルの差が大きかった。高給取りのエース、そして在日韓国人として、母国では異邦人扱い。あらゆる意味で別格扱いで、毎日がストレスだらけだったろう。それがインスリン分泌の減少を招いた可能性がある。
 しかし、血糖管理の成功と共に、いつのまにか彼は、韓国プロ野球ファンから<タヌキ>よばわりされる技巧派となっていた。速球の衰えもあっての変身だろうが、ひょっとしたら心臓が強くなったんじゃないか? はははは。
 閑話休題。
 食事管理に気を使いながら暮らしていて、何が一番不愉快かと言えば、腹いっぱい――「もう食えん」とまで暴食できないこと。それ以上におもしろくないのは、相変わらず、何も考えずに、生活<悪>習慣にひたりきっている中高年デブオヤジたちの高笑い。
 意外と血糖値が安定していたりするのが腹立たしい。
 さっさと合併症になって、目がつぶれろ! 足を切れ! 脳梗塞でよれよれになれ! ……なんて、言っちゃいけない。
 彼らに共通している点は、<社会的>心臓が限りなく強いこと。まさしく、心臓に毛が生えているぜ。憎まれっ子世にはばかる――見習ってあつかましくなることこそ、心筋強化への道?
 ……所詮、現状維持が精一杯か(´ヘ`;)。
 中国4000年の願望――若返りの仙薬を探せ! 
 しょうがない。地道に蛋白質を多めに取って、ビタミンBも取って、それが身につくように祈るしかない。
06040601 06040602 
 ニフティの不調も峠を越した感じ。アクセス制限も解除?
 サボっている間、これで心筋強化トライ!
06040603 06040604  
 ギャンブルはいつだってチキンラン。どきどき――脈拍大幅アップ。10分以上の運動? いやいや120分マッチ! 
06040605 06040606
 おお~~~っ! キタぁ!
 しかし心筋は強くなっても、その前に財布梗塞(´ヘ`;)。

|

« 3月の結果報告 | トップページ | 停まりそうでトマラナイ心臓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/9468901

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓増毛法:

« 3月の結果報告 | トップページ | 停まりそうでトマラナイ心臓 »