« 西洋甘味爆弾 | トップページ | 定番空弁<石狩丼> »

2006年3月18日 (土)

アバウトなアバウトな

『かんたんカーボカウント』で警告されている通り、食品交換表は実に大ざっぱなものである。その上、元の食品成分分析データ自体が正確には使えない。加工食品には、バラツキ(統一管理は至難)が認められているし、自然食品は、収穫された場所や季節によって変動する。植物だけではない。動物も同じ――カウチポテト族の肥満児とマラソン選手の肉質が同じわけがない。
06031892
 インスリン使用者にとって、糖質量の相違は危険きわまりないが、インスリン抵抗性ひいては肥満管理する上で、蛋白質の相違もそれなりに重要である。
 指定された基準食事量を守れるものなら、問題はない。
 何度も書いてきた。指示量は、生活強度が低い/寝たきりの入院患者基準の量だから、普通に動く人はほとんどの場合足りない。従って、やせる――それが続かないから、食事療法は至難なのだ。

 とんでもない思い違いをしていた。
 脂質がないと蛋白質は吸収できない?05/12/16コメントレス
 どうも糖質がないと脂質が燃えないことと、脂質がないと腹持ちが悪いことが、頭にあって、ごちゃごちゃになって勘違いしていたらしい。
0603180106031802
 この『イラストで学ぶ 生化学』は、すごくわかりやすい。他は、活字びっしりに時々亀の子がでてきて、眺めるだけでうんざりさせられる。

 kaorim様 変なレスをしてごめんなさい。脂なしで蛋白質を食べても吸収はできます。失礼しました。アミノ酸単独でも同じです。ただこれには、別な問題があって、必要な特定なアミノ酸を取ろうとすると、違うアミノ酸を過剰摂取になってしまう危険性があるようです。その点については、稿を改めます。結局、いろいろな食品から摂取するのが安全な道としか言えないようです。

 閑話休題。
 表の基準量は、私の一日あたりの合計。豆腐1日2丁か卵4個! これは実に物足りない量だ。ダイエットをしている人や、そうした食習慣になっている人20代の私もそうだったが金のない人以外からすると、絶望的貧困食でしかない。
「こんなものを強制する医師や栄養士なんかに、俺の人生の苦労がわかるか!」
 そう怒り出す人は多い。面と向って口に出さず、腹で思っている人はもっと多い。代謝の原理を理解していない限り、素直に指示量を厳守する気になれないのは当然だ。
06031891
 資料をいろいろ読み返していて、びっくりした。
 糖尿病食事療法について解説される場合「タラはいいよ。いっぱい食べられる」「エビ、イカもそうね。たくさん食べても平気よ」。そんな声が多い。
 脂質が極端に少ない! 
 カロリー重視管理をするから、そうなるのだ。
 同じ表3の1単位でも内容はまったく違う。上の表は、4単位の場合の成分量。下の表は、いろんな表3食品のデータ。食品成分データベースだとピンと来ないので、単位量ごとに換算してみた。
06031898 06031899
 エビ、イカ、カニに鶏のささみ。そればっかり食べてもいられないけど、満腹感を求めれば、やっぱり量(かさ)を求めがち。
 いろんな食品を食べることとは方向性が一致しない。
 一日あたりの脂質比率14%――驚異の低脂肪! 
 たぶん腹持ちは悪いはず――それが間食に走る原因?
 合計カロリーは越えてしまうが、植物性脂質(アーモンドなどの種実類)で、補完するのはやっぱり有効だろう。飽和脂肪酸は取らないに越したことはない。
 
 心ある医師の方は、結果(血糖値/ヘモグロビンA1C)の報告と、問診で食事量の増減を指示される。だが、診察/相談時間は短い。おまけにアバウトな食品交換表が基礎資料であれば、経験上、うかつな増量許可なんか出しにくい。
 そもそも基本として、自分の生活代謝量を知るべきである。
 たぶん大ざっぱな量しか管理していない方が多いはず。その状態で、アバウトな食品交換表の単位で、医師や栄養士の方と血糖値(結果)を検討しても因果関係が見えるものか。
 3年管理していても、まだわけわからんのだ(´ヘ`;)
 加工食品に表示されている栄養成分表での初期血糖管理を勧める根拠である。

 合併症を起こしてしまって腎機能不調となると、ことはもっと厄介となる。はるかに細い道を歩かねば、悪化を食い止めるのは難しい。栄養士さんの<のんたん>さんのブログを読むと絶望的になる。
 そこまで行っては遅い――自覚症状がないから、気がついたらハマっているってのがパターン。崖を歩き続けて墜落しなければラッキーなんだけど……。

|

« 西洋甘味爆弾 | トップページ | 定番空弁<石狩丼> »

コメント

>管理人様、お疲れさまです。

>脂なしで蛋白質を食べても吸収はできます。
了解しました。いえね、家族の健康を預かる身としては、シロウト判断で「ノンオイルメニューの日」を心がけているのですよ。調理に油を使わず、焼き魚に野菜のおひたし、豆腐、酢の物なんてメニュー。だからちょっとひっかかっただけで・・・あまり気にしないでくださいませ。
ていうか、数字を並べられてもほとんどわかってない私ですので^^; 好き嫌いせず何でも食べる、腹八分、糖分脂肪分は控えめに、野菜をたっぷり・・・程度の古い知識で、日々家族の食事を作っております。つくづく家族が健康でよかったと思います。
職場にはDMのかたも居られるので、もっと勉強しないと、とは思っているのですが。
よくわからないままではありますが拝読しておりますので、これからもガンバ!
DMで足の潰瘍がちっとも治らず膀胱炎ありのかたがトイレで大出血、救急搬送されました。日々悪化しているようです。

投稿: kaorim | 2006年3月18日 (土) 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/9144001

この記事へのトラックバック一覧です: アバウトなアバウトな:

« 西洋甘味爆弾 | トップページ | 定番空弁<石狩丼> »