« 12月の結果報告 | トップページ | 深夜歩行 »

2006年1月 1日 (日)

初甘味

06010100
 シンプルなお食事。

 ゆっくりかむひまは、当然、ない。

06010199
 グリーンアスパラの分、糖質量が60g越え。――さて。
06010101060101020601010306010104
  食事前      1時間値     2時間値     3時間値

 野菜スープ(水)煮で脂(多価不飽和脂肪酸だってのに)を抜いてしまった代わりのアーモンドの脂質と、消化できない炭水化物――食物繊維のおかげで、腹持ちはなんとか……とはいえ、少なくともあと10個は食べたい! 
 あぶねぇ、あぶねぇ。
「食べたいものを食べて、健康に!」
 カウントしていないと、とめどなく入っちゃう。「おめえの言うことなんぞ、聞いてたまるか!」です。
 
 食後3時間値の通り、もう少しほしいところ。しかし糖質を増やすと高血糖になるから、蛋白質を増量。つまりは、脂質も増量が必要ってこと。足すのは、やっぱり洋菓子かな主食じゃない。
 
 

|

« 12月の結果報告 | トップページ | 深夜歩行 »

コメント

はじめまして!Chake先生のところからお邪魔しています。すずらんと申します。アメリカで糖質計算を実践しています。私が通っている病院の栄養指導では、1回の食事につき野菜の糖質量15gまではカウントしなくて良いことになっているのですが、それで今回の血糖値の変動は納得されますでしょうか?つまり、この献立で、アスパラの分は計算しなくても良いということになるのですが・・・。ちなみに私もFreestyleを使っています。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: すずらん | 2006年1月 2日 (月) 19:29

新年あけましておめでとうございます。
すずらんさん、いらっしゃいませ! 

 Chake先生はみんなの糖尿病ストーリーの管理人さんのことですよね。どこに名前があったんだろう?

 アスパラガスは蛋白量が多くて、糖質量はそれほどでもないので大丈夫だろうとの見込みでした。
 (禁断の甘味を食べて、高血糖にしたらしゃれになりません)
人体実験夏の陣検証-1でトマト300g糖質13.8g増量(合計糖質量68g)で高血糖になった経緯があります。50-60g前後に私の糖代謝量の限界線があるようなんです。
 ちょっとわかりにくい表ですがレトルト食品摂取実験のなかほどにレッドカレー+トマトの詳細データがあります。
12/16付「炭水化物カウント法」が普及するための土壌へのコメントで、栄養士さんがインスリンの追加打ちに言及したのには、驚きと感心! しましたが、インスリン投与の場合、アメリカでは常識化しているような印象を持っていましたので、すずらんさんが驚いたこと自体には、もっとびっくりしました。
  アメリカでの体験楽しみにしております。今後とも情報提供よろしくお願い致します。Chake先生を応援してください。お時間が許せば代謝先生。のところも覗いてみてください。
 

投稿: (管) | 2006年1月 2日 (月) 21:29

管理人さんのお名前は、carb counting関連の記事のコメントを通じて知った次第です。

>インスリン投与の場合、アメリカでは常識化しているような印象を持っていましたので、
私はアメリカに来てからは経口薬で、インスリンに切り替えたのは妊娠のためだったので、それまでインスリンの事情については全く知らなかったのです。経口薬をアメリカで始めたのと同時に、carb countingの洗礼を受けたのですが、それまでの20年近くはずっと日本の食品交換表の知識でやっていました。ですから、低カロリー、体重厳守のぎちぎちのアタマだったのです。

投稿: すずらん | 2006年1月 3日 (火) 00:34

すずらんさん、こんばんは。
 寒いですねえ。東京は雪にならないのがつまらないです。ボストンはいかがでしょうか? スペンサーのボストン! 行ってみたいなあ。言葉ができないので、意味がないから行きませんけど。

 糖尿病は本当にいろんなパターンがありますね。 
 生活<悪>習慣でデブだった2型の私は、強化インスリン治療ですい臓を休ませたら、あっさり復活。あとは標準体重を維持すれば、もっと老化が進むまではなんとかなる、ありふれたパターンです。食品交換表も炭水化物カウンティングも関係なく、腹八分を守って、そこそこ歩けば概ね何とかなっている人が多いようです。女性と違って妊娠なんて大事業は、男には関係ありませんしね。
 だからこそ、摂取量管理は再発防止として意味があるはずなんですが、きっちり管理する人は少ないようです。できない人も含めて、2型の方のブログが少ないのは、その辺に理由があると思っています。

>それまでの20年近くはずっと日本の食品交換表の
>知識でやっていました

 それって大変でしたよね? 成功している方は、少ないように聞いております。『脳内すい移植』の黒田先生も相当苦しんだようです。

 アメリカの新フードピラミッドをやっと見つけました。ありがとうございます。
 概念を変えたようですね。1992年のピラミッドをひっくり返すアニメには、笑っちゃいますが……何を言っているのかわからない(´ヘ`;)

投稿: (管) | 2006年1月 4日 (水) 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/7930424

この記事へのトラックバック一覧です: 初甘味:

« 12月の結果報告 | トップページ | 深夜歩行 »