« 健康診断、義務化へ | トップページ | 26kcalでも、ちゃんとカウント »

2005年12月 8日 (木)

卵、解禁

05120501 05120500
 デブの証明――コレステロールが高い。
 横文字で言うとうっとおしい。それがどうした? 高脂血症とどうつながるの? 黙って聞いていると、うまくつながらない。
 あ、コレステロールって脂肪なんだ。

 コレステロールは、自分の体内でも日夜生産している。ないと細胞膜をつくれないし、ホルモンも出せない。つまり生きていけない。
 ありすぎると、今度は血管にへばりつく。熱心すぎて何があっても壊れないトンネルを作る土建業者のようなもの。
 人が通れないトンネルを作ってどうする!

 化学的に言えば、分子構造上、分解しづらくなっているみたい。常温でも溶けない脂。
 もっとも体温で溶けるようでは、細胞も崩壊しかねない――たぶん、死ぬ。動物たちは、全部同じ仕組みだろう。それで、動物性脂肪(飽和脂肪酸)は取るな! と、すでにデブ化した2型糖尿病患者は怒られる。
 ――この辺の説明をうまく書いている文章って見当たらない。
「ダメ」って言うだけなら、猿でも繰り返せる。

 卵の黄身は、ヒナを一人前にするだけのパワーを持っている。つまり、生命を作り出す材料でびっしり――そういうわけで、元デブで、食事上コレステロール制限されていた私は卵厳禁。――入院中、どれほど隣の患者の玉子焼きにヨダレを垂らしたことか!
 ああ、タラコにキャビアにウニ、イクラ(´ヘ`;)
 あれから30ヶ月。
 いっこうに改善しない。まったく食べなかったとは言わない。洋菓子やらなにやらに、あちこち入っている。でも、直接、卵さんとは目を合わせないようにしてきた。
 ああ、スパニッシュオムレツ、ううううう。
 NG限界値220に、触れたり触れなかったり。
 体重は適正。当然、中性脂肪はがたべり。もう、いいや(´ヘ`;)
 たぶん、これは(百害の毒薬)タバコのせい。卵に罪はない。
 そういうわけで――来春の検査に向けて、摂取実験の開始! 毎日食べても、変わんないと思うけどさ。
 
 写真は、カニ雑炊に卵を落としただけの一品。もう20年来定番だった料理エサ。ごはんが多すぎると逆にどろどろになるから、ちょうどいい。久しぶり!
 冷凍してある100gのごはんをチン! して、その間に長ねぎを1本90gを青いところから煮込みつつ、即席カニ雑炊の素を投入。解凍したごはんを2分ほど中火で煮込んで、茎を全部投入。火が通ったら、生卵を流し込む。
 5分、190円也。
 とろみのついたデンプンは甘くなり、長ねぎもべちょべちょに甘く、まるで砂糖を舐めているようなもの。卵黄にはコレステロール満載のはずだが、この程度で吸収は遅らせられない。いつものアーモンド5粒投入! で、300kcal。
 物価の優等生。手抜き自炊オカズの王者がいると、バリエーションが増える……はいいが、賞味期限が切れるまで、これの連続ってのもつらい。一気食いもできないし、ううううむ。
  

|

« 健康診断、義務化へ | トップページ | 26kcalでも、ちゃんとカウント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/7531643

この記事へのトラックバック一覧です: 卵、解禁:

« 健康診断、義務化へ | トップページ | 26kcalでも、ちゃんとカウント »