« すし食いねぇ! | トップページ | 桃まん(2個)に再挑戦 »

2005年11月 6日 (日)

Cペプチドはいくつ?

05110600 あら? 
 えらく少なかったのね。
 うううう、もうひと目盛り作っておくんだった。1500とは言えないけど、1400ml? ……うん、まあ1450mlってことにしておこう。
 摂取食事量は指示量。寝てばかりで、追加インスリンを出す場面なしのはず。さて、目に見えて分泌量が違う? そんなことはないような気もするが、とりあえず準備完了。

|

« すし食いねぇ! | トップページ | 桃まん(2個)に再挑戦 »

コメント

はじめまして。ひょんなことから読ませていただいてます。どうしてアーモンド5粒たべてるの~~?わけわからんが・・・マネしてます。私も、2型糖尿病です。退院したとこです。こと細かくって文章すきーー!PCちょい初心者みたいなもんで、、、よろしくです!

投稿: みるみる | 2005年11月 9日 (水) 01:51

ふたつ意味があります。
ひとつは肉類などの脂(飽和脂肪酸/常温で固まる脂)を減らす代替品の脂として取る。植物性、というより常温で解ける脂の方がいいと言われているからです。
二つ目は、脂を減らしすぎると糖質の吸収が早すぎて、おなかが持たないからです。
加工済みの低脂肪食品を食べたはいいけど、おなかがすいて、糖質を追加してしまっては意味がありません。
牛乳や蛋白質を取って、必要脂質量(9g81kcal)を食べているときはアーモンドはなしです。
きっかけは入院時の管理栄養士さんの言葉です。
アーモンドで詳しく説明してあります。
適用例やサイトの人体実験その2脂質の使い方などを読んでみてください。
退院したばかりだと、食品交換表はまだまだとっつきにくいでしょうが、使い込めば便利な代物です。
別にアーモンドである必要はありません。くるみでもカシューナッツでもいいんですけど、カウントしやすいのと(結局)好きだからですね。
代謝量以上に食べると太ります。インスリン抵抗性が悪化して逆効果になりますからご注意。

投稿: (管) | 2005年11月 9日 (水) 07:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/6922008

この記事へのトラックバック一覧です: Cペプチドはいくつ?:

« すし食いねぇ! | トップページ | 桃まん(2個)に再挑戦 »