« フットケア | トップページ | どら焼vsチョコレート »

2005年11月16日 (水)

ヘモグロビンA1C検査結果

 今日は、先週行った血液検査の結果を聞きに病院へ。7月は一般検診で代用することにしたので、主治医の先生と会うのは、半年振り……えっ、独立(開業)するんですか!?

 ヘモグロビンA1C 5.9 ……。
 1単位分減らしたせいなのか、(新発見!)食後2時間値低下対策の効果なのか? なんとも微妙な数字。あるいは人体実験(高血糖確認!)やりすぎで若干相殺された? 
 予想値は、思いっきり減か、(自己分泌が落ちているとすれば)まったく変わらないだったけど……肝心のCペプチド測定が、手違いでない(´ヘ`;) 
 減っていて別に不思議ではない干からびた年寄りだってこたぁ、自分でも重々承知してるこったから、どうでもいいっちゃ、どうでもいいんだけど……。
 せっかく、こんだけ熱心にやっているんだから、何かイベントがあった方が嬉しいような気もするけど……何もなくてけっこう! だよね。アホオヤジだね、ったく。

 本日未明に行われたバトル<どら焼vsチョコレート>の交戦状況、死傷者ついては、また別途エントリーします。
 歩き回ってくたくたなのだ。寝なくっちゃ、あたたた。  

|

« フットケア | トップページ | どら焼vsチョコレート »

コメント

A1C5、9おめでとうです。では、また。

投稿: みるみる | 2005年11月17日 (木) 02:49

こんばんわ。こちらにははじめてコメントします。

インスリン無しで、そんなに優秀なコントロールは素晴らしいですね。詳細な人体実験の記録を生かした結果なのでしょう。

またおいしそうな写真のアップ、お待ちしてます。

投稿: のあ | 2005年11月17日 (木) 21:25

管理人さん、今宵も こんばんは~
さて、質問です。A1Cがそんなに良くっても
末梢神経障害は、もとには戻らないのですか?少しは、よくなってくるものなんですか?
大丈夫かいな??
ところで、運動しちゃいかんは読ませていただいたよ。その前に、どこかで、ある女の子が何かで血液検査をするので、前の晩にサラダしか食べずに検査したら、血糖値が空腹時で200超えたらしく、もう一回は、ちゃんと ごはんを食べて検査をしたら正常だった。というのを読んだんです(どこでだか、忘れました)だから炭水化物を食べなさすぎも いけないと思い食べてます(炭水化物が、、うほほ~好きなのよね~~)しかし、管理人さんは努力家だね。。。わたしは、今日も食べ過ぎた。なぜに止まらないんだろ>食欲。。フゥ~

投稿: みるみる | 2005年11月18日 (金) 00:23

→みるみるさんへ

>A1C5、9おめでとうです。では、また。

タバコをやめたくないので、5.8以下狙いなんですよ。
やる気も必要なので、食事量をこれ以上落とすのは難しいため、やっぱり簡単には達成できません(´ヘ`;)

>A1Cがそんなに良くっても末梢神経障害は、
>もとには戻らないのですか?
>少しは、よくなってくるものなんですか?

私はダメみたいですね。なにせ4年くらい無検査期間があった上に、激ヤセ発症の糖代謝障害を起こしてからも1年以上放置したせいでしょう。
知人の手の痺れは、早めに気がついたのでなくなったそうです。警戒心が湧きますから、多少はあった方がいいような気もします。もうすっかり放置状態だもん。血圧も高いし、車でしか動かないし、食べ物も気にしなくなっちゃったから、そのうち脳梗塞を起こすんじゃないかな。
大血管障害は、血管自体を入れ替える<創傷>という技術があるようです。微細血管については、交換は不可能です。ユニットごと捨てた(!)方が早いです。違う血管を生化学的に新生させるアイデアも研究されているようですが、神経を再生させる方法同様、どこかでブレイク・スルーが起きないと無理でしょう。
ところで、これは医療行為の範囲ですから、私の言うことは信じないで下さい。主治医に聞くべき事柄ですね。

>血液検査をするので(中略)前の晩にサラダしか食べずに検査したら、
>血糖値が空腹時で200超えたらしく、もう一回は、ちゃんと
>ごはんを食べて検査をしたら正常だった(後略)

二宮睦雄&高崎千穂『糖尿病とたたかう』ベスト新書P57-59をご覧下さい。毎食40g程度の糖質を食べないと、自己分泌は衰えていくそうです。もう50年以上昔の確定原理です。アトキンスダイエットやローカーボダイエットを実行すると、健常人でも若い年齢でインスリン不足の糖尿病になる可能性があるってのに、こんな常識すら広まっていません。検査前は通常の食事をして来て下さいと言われても、どんな成分を食べていいのかわかっていなければ、普通の人でも異常判断されてしまいますが、病気じゃない人に説明しても聞く気がないから時間の無駄なので、説明しないんでしょうね。どっちが悪いのかわかりません。

>管理人さんは努力家だね

気が小さいだけです。そして食い意地がはっていやしいからです。数値管理しないと、安心して食べられませんもの。
もう教育入院から、2年半経過。脂質を使ってバランスを取る知恵と、パソコンがなかったら今頃は、がまんにがまんをして、ガリガリ状態か、やけを起こして勝手食いして再発。不安に怯えて、心療内科通いしているかどっちかでしょう。
年を取ることは、闇夜にビルの屋外非常階段を歩くようなものです。灯り(数値)がなかったら怖くて歩けないけど、歩かない(食わない)と生きていけません。
余計なことをなんで続けているのか、首をひねる時も多いですが、やる以上は、うかつなことは書けません。もうひとつのブログは遊びですから、気楽ですが、ここは一応<命>にも関わりますからね。
甘味は、糖代謝管理不全の生き物には真剣のようなものです。ピカピカ美しくて、生きる喜びを与えてくれますが、油断すると傷をつけ、血がとまらなくなります。うるさいくらい、くどくど書いているのは、そんな危険なもの――栄養士さんが食うなと言う禁断のものを、いいわいいわと簡単な気持ちで触って、病状を悪化させるようなことはしてほしくない。そういう気持ちがあります。明確に言えないことは、できる限り排除しています。

>なぜに止まらないんだろ>食欲

データもなしに嘆かれても困ります。答えようがありません(´ヘ`;)
生きている以上、食欲はなければ困ります。あって当たり前ですが、どこで欲求を抑えるかは、それぞれ工夫しなければなりません。ただ止まらない時もあります。まずその理由を知る必要があります。じゃないと止められません。また止めるのが無駄な場合もあります。

1-過食で、胃が拡張している場合
 これは、訓練して縮小するしかありません。教育入院の食事量の少なさはその訓練の意味もあります。
 食物繊維(消化しない糖質)や、水で胃のスキマを埋める手もありますが、長くは続かないようです。
2-ストレス
 これはストレスの原因をなくさないと止まりません。一時、私も営業をやめようかと思ったくらいですが、生活を取るか、健康を取るか。それは各自が決めることでしょう。
 食事制限もストレスの原因ですが、これは糖代謝が通常になるか、インスリンを外部から打って正常化するかしない限り、やめるわけには行きません。
 だから、ぼちぼち行きましょうって言うのです。机の上の計算のように均等になどできません。食べ過ぎたら次の日、その週全部だったら、次の週。その分を減らせばいいのです。
3-女性の女の子の日
 どうにもならないらしいです。私にはわかりません。
 ダイエット本体とダイエット実行者心理観察の超ベテラン桜子さんのサイトには行ってみましたか? 
 彼女がいうには、止めても無駄。どんどん食って、そのあと全部出してしまうしかないそうです。
 血糖値データはありませんが、食事管理については、他に類がない素晴らしいサイトです。是非行ってみて下さい。
 ただし、今年の4月に私が読んだ時点で、私がさっと読んでも16時間かかりました(途中3時間だけ眠りました)楽しみために運動するより、知的運動をした方が、今後の役に立つと思います。運動は食後30分(1日1回で十分だと思うけど)に留めて、読んでみてください。たぶん2週間くらいかかるでしょう。
 桜子さんは、私以上にシビアですから、単純な質問には一切答えません。わからない用語はネットで自分で調べてメモしてください。文脈から、そのうち意味がわかるようになります。

投稿: (管) | 2005年11月19日 (土) 02:43

→のあさんへ

>インスリン無しで、そんなに優秀な
>コントロールは素晴らしいですね。

 臆病なので、悲しいことに、危険域までは食べられないのですよ、とほほ。
 ちゃんと紐がついています。ゆめちゃんみたいなものです。

>またおいしそうな写真のアップ、お待ちしてます。

 ラーメン実験が成功したので、アスパラベーコンラーメンなるものを検討中です。来月だなあ(´ヘ`;)


投稿: (管) | 2005年11月19日 (土) 02:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/7151664

この記事へのトラックバック一覧です: ヘモグロビンA1C検査結果:

« フットケア | トップページ | どら焼vsチョコレート »