« 10月の途中経過 | トップページ | もっと食べたい »

2005年10月12日 (水)

人体実験 ハイカーボ食の謎

 夏の人体実験で、ついに理解不能だったのがハイカーボ食。
0508yasai2 カゴメデリ いろどり野菜丼
 カボチャにトマト
 ズッキーニ他6種の野菜を煮込んだなかなかの名品。残念ながら、商品変更で完売になってしまったようだ。あるいは、私を悩ませたので販売中止となったのか? 
 たった380kcalしかないが、
 糖質79.7g
 本来、私が近寄ってはいけない食品のはず。ところが単品で食べてみると、なぜか食後血糖値が上がらない。

 食事前      1時間値     2時間値    3時間値
050813010508130205081303--省略--
 脂質が3.2gしかないから吸収遅延は無理。蛋白質も8gだから、およそ足りない。どちらかというと糖質の多い野菜ばかりなので、食物繊維での遅延もありえない。
 その証拠に、一時間もたたずにお腹が騒ぎ出した。はら減ったぁ
0509hi-carb
 8/3に、何の気なしに定番アーモンドをセットして食べて高血糖! だったのがそもそもの出発点。年寄り化した私では、動いて筋肉を使わない限り、糖質50g以下でなければ処理する能力はないと、最終的にわかったわけだが、単品で食べたら問題ない場合があるってのは、頭痛の元。整合性が取れないじゃん。
 何より、食後血糖値がOKでも空腹なら意味がない。追加で食べちゃうもん(´ヘ`;) ここで、無理無理我慢するのは、愚か者のすること。ミスマッチ食は排除せねばならない。
 第一案として、脂質を大幅増量してみた。アーモンド4倍! 
 食事前      1時間値     2時間値    3時間値
05091409050914100509141105091412
 完敗(´ヘ`;) 吸収遅延効果はあっても3時間後で200越えじゃどうにもならない。閾値を越えた時には(これもあとで明確になった)アーモンドの糖質量も馬鹿にならない。
 インスリン抵抗性がある場合はダメと佐藤教授の補足があった。しかし、それは今の体では問題ないはず。
 単品だけだと糖質比率は84%。失敗した8/14のハイカーボ実験は72%。このアーモンド増量作戦では、59%に低下。
 およそハイカーボとは言えない。
05091910175 腹持ちOKだったけど8/3のしくじりでも75%だった。水ようかん実験ではうまく行ったし、定番アーモンドで高血糖になる理由がわからないが、組み合わせによっては脂質が悪さをしている可能性もある。
 糖質削減で余したごはんを有効利用! その50gを追加して、糖質比率85%を確保。
 ハイカーボ実験敢行! 
 食事前      1時間値     2時間値    3時間値
05091905050919060509190705091908
 脂質不足を証明するように吸収遅延はなく、3時間後には消えたが、自己分泌が追いつかない。やっぱりダメ。なぜだ?
 だが、こんな事例もあったのだ。
 糖質量食品データベースによる概算)109.4g
05091655 とうもろこし2本に、
 枝豆250g。
 アスパラガス160g。
 超満腹の献立。
 楽しめるおやつ食事だけど、全部食べるには一時間かかった。
 女性では食べきれないはず。
 食事前      1時間値     2時間値    3時間値
050916050509160605091607--省略--
 これで糖質比率は63%……。ハイカーボじゃない。
 わけわからん(´ヘ`;)
 とうもろこしも枝豆も食物繊維いっぱい。枝豆の脂質も吸収遅延効果があるけど、そういう数字ではない。
 食品データベースはあくまで標準値でしかないから、今回私が食べた分の糖質量が予想以上に少なかった? 十分甘みがあったけどなあ。 
 ……食品分析器がほしい。せめて口に入れた段階でのデータだけでも明確にならないと、結果(血糖値、ヘモグロビンA1C)がわかっても対処しようがない。
 体内での吸収状況、生命活動での糖消費状況が目に見えるように管理可能となるのは、当分先の話だろう。変数を少しでも減らさないと、いつまでたっても減食(無理無理指導)orやりたい放題(管理放棄)の不毛の選択から抜け出せない。
 とりあえず体重さえ(インスリン抵抗性が)増えなきゃどうでもいいんだけどさ。
 だけど、それじゃ平安時代から何も変わってないことになるじゃん。情けない。
blog_bana なんだかアキラレちゃったかな。
 あるいは呆れられて見捨てられたのか? 
 ランキングがとことん落ち込んでおります。
 概ね、書きたいことは書き終わったけど、まあ気が向いたらクリックよろしくお願い致します。

|

« 10月の途中経過 | トップページ | もっと食べたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/6346753

この記事へのトラックバック一覧です: 人体実験 ハイカーボ食の謎:

« 10月の途中経過 | トップページ | もっと食べたい »