« 糖代謝減退確定……。 | トップページ | いらいら食い »

2005年9月19日 (月)

治療ガイドライン(アメリカ)

 『さかえ』に以前掲載した糖尿病のデータ管理方法の説明を、河合勝幸さんがあらためてまとめている。まったく同感。これが標準です。
 直リンクは禁止されているので、糖尿病ソリューションをクリックすると詳細記事が読めます

糖尿病のアルファベット
A: A1C ヘモグロビンA1C
B: Blood pressure/microalbumin 血圧/微量アルブミン
C: Cholesterol/aspirin コレステロール/アスピリン
D: Diabetes education 糖尿病患者教育
E: Eye examinations 目の検診
F: Foot examinations 足の検診
G: Glucose monitaring 血糖自己測定
H: Health maintenance 保健(ワクチン等)
I : Indications for specialty care 専門医への依頼

 あとから読んだのだが、私も同じことをしていた。遠慮するのは(金を出しているのはこっちだから)論外だが、diabetesは必要データが多すぎる。少しでも無駄な時間を減らして、専門家(医師)の判断が正確になるようにするのは当然――というより、これはコミュニケーションの基本。
 命に関わる分、そこまでひどくはないが、脱! 教えて君同盟と同じ現象がここにもある。勉強は生涯ついて回るのだ――ああ、面倒くさい。

 レトルト食品も電極センサーもなくなった。
 ある程度視界も開けたが、書く気がしない。三連休で来訪者は少ないし、こっちもサボリ癖。毀誉褒貶相変わらずだけど、自己管理の権化ヒデ大先生も新天地で、やる気満々。おいらも、もうひとふんばりしなきゃ。
 甘味摂取不足かな?
 データ採集時はどうしても減ってしまう。19単位余裕があるから、基礎データの統一性のためにも無理して食べなきゃ。
 明日はケーキ! だね。
 おお、一日穴埋め! できた。 

|

« 糖代謝減退確定……。 | トップページ | いらいら食い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/6024681

この記事へのトラックバック一覧です: 治療ガイドライン(アメリカ):

« 糖代謝減退確定……。 | トップページ | いらいら食い »