« はやり言葉? 『食育』 | トップページ | ナメクジさんは珈琲党? »

2005年9月27日 (火)

充実講演

050928早いもので、また一ヶ月過ぎてしまった。
今月の糖尿病ライフ『さかえ』読み応えがある。
 糖尿病協会年次集会の講演がよかったようで、行った人は楽しめたのではないか?
 特に東京都で開業されている羽倉先生の『医師と患者の心のふれあい』は8ページにも渡っており、詳細データもついていて素晴らしい。
 たっぷり一時間はあったはずだが、これなら眠くなることはなかったと思われる。
 2型と比べて1型の方が、やっぱりドラマティック。ちょっと淋しいな。インスリン抵抗性対応は、地道な日常管理――普通の生活! なので、平和で大事件は起きない――だから、逆に怖いんだけど。
 それにしても一日投与インスリン量106単位は、すさまじい。
 20歳前後の成長期には、それくらい必要な人もいるのだろう。
 逆に言うと、これっぱかりの量で脳を働かせ、筋肉を助けていくんだから、生命とは素晴らしい体系だ。人間が昆虫のように外骨格でキチン質作る生き物だったら、もっと目に見えてわかりやすいかも。 

 30歳に成長した男性と羽倉先生の並んだ写真にはご注意!
 一瞬、巨人症?! と勘違いしかねないが、176cmとデータが載っている――羽倉先生の身長は載っていない。

医者は患者さんを選ぶことができませんが、
患者さんは医者を選ぶことができるのです。
 かわいいおばあちゃんなんだろうね(^!^)
 神戸大学細胞分子医学/清野教授の『再生医療の展望』も興味深い。ニュースの背景が良くわかる。 

|

« はやり言葉? 『食育』 | トップページ | ナメクジさんは珈琲党? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/6145113

この記事へのトラックバック一覧です: 充実講演:

« はやり言葉? 『食育』 | トップページ | ナメクジさんは珈琲党? »