« 理想的結果 | トップページ | 簡単じゃあない。 »

2005年8月20日 (土)

科学には、ほど遠い

 あってはいけないことだけれども、KAGOMEさんを疑ってしまった。エスビー食品も一緒。どうも糖代謝が落ちているらしいが、それでもつじつまが合わない。

 市販のレトルトカレーの脂質量があまりに少ないと、2年前の教育入院時、管理栄養士さんは不思議がっていた。ただし「控えめに表示してあるよね」とコメント付――やっぱりそうかもって思っちゃう。
 糖尿病治療の基本は食事と運動の管理だそうだ。
 ところが規準であるべき食品成分表はあくまで規準でしかなく、実際は違っている場合が多い。調べれば調べるほど、エビデンスとはかけ離れていく。
 どうすりゃいいんだ? 
「指示量を守れば間違いない」
 うん、そりゃそうだ。がっちり控え目だもん。少しでも食べたいからデータ管理して、表示データに信頼を持ったというのに……頭が痛い。 
ag_catwalk まだサワリなので今日は長くはならないでしょう。
 クリックよろしくお願い致します。

 ちゃんとした企業もあるけれど、つい最近の雪印や日本ハムの例のように、一部上場企業だとしても食品関係の会社ほど信頼しきれないものはない。現場サイドから見てしまうと、それが本音。もっともそれを言うと、ダメなものはどこでもダメって話なわけで、きりがない。その上いかにちゃんと管理していても、開封後、期限をはるかに過ぎた食品を冷蔵庫に入れておいたからと、食べる消費者がいるのだから、どっちもどっち。
 それでも人間とはたいしたもので、雑菌や毒も少々ならなんとかしてしまうところがある。すごいのか甘いのか、よくわからない。
 猫は、自分の舌しか信じない。
 閑話休題。
 
 夢の商品カロリーアンサーはまだ市場にでそうもない。自分の身体をセンサーにして、表示カロリーを測るのはやっぱり無理がある。
05081700 8/9の着地失敗
 どうにも納得が行かない。
 当然、しつこく再試験!
 アーモンド含有のわずかな糖質が閾値を越えたのかなあ?  
0508hotate
 わけわからん。
 アーモンドレスの時はまあまあの値だが、それではお腹がすいて大変。しからばと鶏肉とアーモンドにしたのだが、これもダメ。
05081500 牛丼では、アーモンドの遅延効果があった。腹持ちも十分。(どっちにしろ200越えは問題だけど)
 どうして、帆立と湯葉でうまくいかないのか?
 15gの時は遅延しているようだが、むしろ血糖上昇に加担しているみたいじゃないか。
0508gyu
 <あんかけ>を疑うしかない。
 こいつが高カロリーで即吸収されている?
 
 期間終了後の体重は変化なし。平均カロリーを食べているのにむしろ減り気味だから、表示データにウソはないと言っていいと思う。
 これじゃ安易に糖尿病対応低カロリー食なんて言えない。
 では自己血糖測定なしで、投入される栄養士指示食はどうなのか? 実はそれも怪しいってことになる。
「食べたら、黙ってバケツに水を入れて廊下に立っていろ!」
 それしかないのかもしれないなあ。

|

« 理想的結果 | トップページ | 簡単じゃあない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/5550482

この記事へのトラックバック一覧です: 科学には、ほど遠い:

« 理想的結果 | トップページ | 簡単じゃあない。 »