« 7月の管理データアップ | トップページ | 実測の価値 »

2005年8月 2日 (火)

部長さん、気をつけて

 昨日の朝日新聞朝刊によれば、40-50代の男性と50代女性が一番健康に関心を持っているらしい。興味はあるが、実はなにもしていない男性が多いというのもうなずける。私自身、発病しなかったらこんな作業は、頭にあっても実行していない。
 アクセス分析を見ると、それが裏付けられているようでおもしろい。

 おかげさまで、常連さんが20-30人いらっしゃる。
 もってまわった余計な表現に、肝心なところが抜けたわかりにくい文章。付き合っていただいて、まことに恐縮です。練って寝かせて、無駄を削って、努力はしているけど……やればやるほどわかりにくい。
 いくつになっても直らない文章(´ヘ`;)
 閑話休題。
 私のごたくは無視して、データだけ拾い読みしていただければ使い物になるかと存じます。もともとそれが目的のブログです。
 
 それとは別に、ネットからきて大量アクセスしていく方がいる。
 一時間に70とか90とか。突然アクセス数が急増。たぶん一人の方が、全部読んでいただいているのでしょう。ブログを開く前、リアル日記からの転載分はそう長くない文章だけど、まとまればそれなりの量。ご苦労様です。
 時間帯が、いままでのネットサーフィンの常識とはまったく違う。平日の昼間がわりと多い。会社で読んでいるのか、自宅で読んでいるのか?
 真夜中の3時4時の方もいる。
 医師に『糖尿病』宣告をうけて、あわててネットを探し歩いてぶちあたった。違うかしら? 
 
 入門サイトはいっぱいあるけれど、結局全部読まないと、わかんないのが血糖管理。そのつもりで、経過を残しております。
 
 最初のエントリー 半自覚症状 が一番なら、予防になるけど、一番読まれているエントリーは教育入院
 コメントのつけにくいブログだけれど、下さった方は1型のしかも若い女性が多い。治療の緊急性があるから、熱心なのだろうと思う。本当はいちばん多いはずの2型の中高年男性は、まだ来ていない。
 やっぱり宣告を受けるまでは、調べもしないんだろうだろうなあ。私もそうだったもの。
 
 天災は忘れた頃にやってくる。親孝行したい時に親はなし。発病した時には、高血糖。
 合併症がまだ起きていないなら、ラッキー! 食事療法/運動管理しなさい! は、地震国日本に住んでいる! と同じ。
 少々揺れても、建物が崩れなきゃいいや。
 あわてておびえる必要はない。
 でも建物のメンテナンスはしなきゃね。老化とは基礎代謝が落ちること――それが血糖管理不調につながる。悔しいけれど、もう若くはないのだ。

 体重を減らせば安定してしまう病例が、実は意外と多いらしい。私のように、異常な執念で記録することもなく、ちょっと控えめな食事量にするだけで、まあ大丈夫。それがたくさんいるはずの2型患者が声を立てない理由だろう。
 加齢の関係で高血糖になる高齢者は、安定が難しいから知りたがっているはずだが、ネットにはあまり縁がない。
 
 難しく考えると、スタートできないのは事実。
 しかし食事管理を含め糖尿病治療の本質は、代謝管理だから、実は簡単じゃない。ダイエット同様、ひとことで説明などできない。それは糖尿病が治る魔法の食べ物を求めるのと同じ。
 そんなものはない。
 それでも人は青い鳥を求めがちなんだよね。
 ……目が覚めたときに、このデータが役に立つことを祈るばかりです。
blog_bana 一通り全般に渡って入門サイトを読んでからじゃないと、理解しにくい概念があります。
 人間の身体は、単体の化学物質ではなく複雑なシステムです。
 それぞれに合わせた個体管理が必要なのに、詳細データなしでひとくくりに管理される場合が多いので、指導に適合せず、納得できないことから挫折する例も多いです。
 気を使うより、金を使って管理ができる方は不要でしょうが、自己管理する気になってみれば、このデータの価値がわかっていただけると思います。数値は腐りません。

|

« 7月の管理データアップ | トップページ | 実測の価値 »

コメント

はじめまして!

と言いましても、コッソリ?いつも見させて頂いています。
私は2型の中高年の女性に入ります(笑)
2型の方のHPは少ないですね。

これからも参考にさせて頂きます!
時々、コメントもしますね(^▽^)

投稿: ぽちゃ | 2005年8月 2日 (火) 07:47

 いらっしゃいませ! 体重の方はいかがですか? あ、聞いちゃいけない!(代謝先生。のところのコメントは読んでますが)
 食後の運動に、できない時の食事量管理。これ以外のアイデアは私にはないです。サイトの人体実験データが、その裏付けになればと思います。運動は、今のところ一日置き合計30分(分速100m)で、間に合っています。筋肉トレーニングは、私にはいらないようですね。できもしないでしょうし、維持するのも大変で、かつ増えることで食欲が増すのもイヤなのでやる気はありません。
 ダイエットは桜子さんのサイトがおもしろいですよ!

投稿: 管理人 | 2005年8月 3日 (水) 03:40

体重ですが・・・なかなか減りません!(>_<)
もうちょっと減らしたいのですが。
BMI的には問題はありませんが体脂肪が高いですよ。

脂肪肝を指摘されてますからね。
痩せないと朝の空腹時血糖値も下がらないでしょうね。
今が私にとっては”山”ですね。

桜子さんの所を参考にしてみます。
私のコト、ご存知でしたのね?
代謝先生のブログは為になりますので、つい書き込むコトが多くなります。
自分みたいな症例が多いですから。
これからもよろしくお願い致します。
色々と参考にさせて頂きます。

投稿: ぽちゃ | 2005年8月 3日 (水) 06:11

深夜、あちこちうろうろしている不審な者です。でも大きな勘違いをしていました。コメントだけじゃ、やっぱりわかりません。代謝先生も。把握してないんじゃないかな? サイトを持ってらしたことに気づきませんでした。もっと早くインスリンを導入すべきだったように思います。こんなにお若いとはわからなかったのですが、今なら間に合うんじゃないかなあ。Cペプチド量の推移はいかがですか?
太っているとは思えませんが、食いが細かったようですので、蛋白不足で基礎代謝が元々少ない可能性があります。保険でセンサーが使えるうちに、食後血糖値200以下の食事量をつかむべきでしょうね。1200kcal以下となると(蛋白は確保するので)糖質を減らすしかないのでしょうが。
私は食事回数を増やして、一回の量を減らすのが有効だと思っています。食べちゃったら食後の運動で消費する。やれるものなら筋肉をつけて基礎代謝を増やすが理想ですが、今となっては相当がんばらなきゃなりません。もしかしたら、ぽちゃさんは、プロティンを飲んでちょっと歩くだけでもつくかもしれません。主治医/管理栄養士の方に相談してみてはいかがですか? 

投稿: 管理人 | 2005年8月 3日 (水) 11:05

私はDM歴が20年近いです。22歳で境界型からハジマリました。
インスリン導入が昨年の12/24~。
私も思います。もっと早い時期にインスリン導入すべきだったと・・
母も同じ病気で二年前に亡くなりました。
母の介護やらで自分が入院なんてしてる場合ではありませんでしたので。
でもね、今はインスリンのお陰で助かってます。
長いので離脱は出来ないと思いますが、この病気を受け入れるコトが出来ましたので、とにかく合併症を起こさないようにインスリンさんにお世話になる予定でいます(笑)

入院した時にも言われましたが・・回診の時に教授に”なんで糖尿病になったの?”って。
見かけでは肥えてないので、そう言われましたが。
こっちが何でDMなのか聞きたいくらいです。
あと1型を疑われることもありました。
全て見かけ上の雰囲気で。

私、甘い物が好きです。糖分は節制した方がいいのは自分でも分ります。
がんばってみます。
ありがとう!!

投稿: ぽちゃ | 2005年8月 3日 (水) 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/5274605

この記事へのトラックバック一覧です: 部長さん、気をつけて:

« 7月の管理データアップ | トップページ | 実測の価値 »