« 地雷の上で阿波踊り | トップページ | 夏限定ハーゲンダッツ »

2005年7月 7日 (木)

毒は少量なら薬

 退院後、2年経過。
 サイトの血糖管理記録を見てあきれる人は多い。実際よく続くものだ。しかし本来、私はずぼらな人間である。放っておくと本は山積み、ビデオテープには何が入っているかわからないまま上書きしてしまう。それを怖れて、これもラベルなしで増える一方。
 日記は35年、家計簿は28年続いている。今では記録が終らないと、いらいらして何もできない。因果な生活習慣(´ヘ`;)

 なければあきらめるのに、あると全部食べてしまうのも習慣。押し込む場所のない冷蔵庫の存在が、不思議でならない。入らないなら食べちゃえって、中の果物を全部整理して子供時代はよく怒られた。

 一日が終ったんだから眠ればいいのに、ネタの都合上、ハーゲンダッツが見たくなった。
 タイのお金なら6,000bahtあるが、銀行へ行かなかったので現金がない……はずなのに、ズボンのポケットから500円玉!

 コンビニは開いている。困ったもんだ。
050706ice4
 乳脂肪分17%含有なのでアイスクリームと表示することが許される。この辺のことは社団法人日本アイスクリーム協会のホームページで確認下さい。
 私の子供時代は、本物のアイスクリームなどなかった。乳脂肪10%以下のラクトアイス――いんちきアイスと呼んだものだ。
 閑話休題。
 グリセミック指数などを使って『アイスクリームは本当はヘルシー』云々という記述は、適宜割り引いて読んでください。ただし中途半端な脂質をとるくらいだったら、その通りかもしれない。いっそ食品交換表上の牛乳(蛋白、カルシウム摂取)と交換した方が栄養素摂取上有効ではないか。
050706ice3 グリコカロリーコントロールアイスは、確かにカロリー1/3だ。乳脂肪を使って、低カロリーのアイスを作るのは、無から有を作るような話だから不可能だろう。
 しかし健康目的かどうかとなると首をひねらざるを得ない。乳蛋白の代替に豆腐を利用しているのはいい。食物繊維が多いのも有効だろうが、植物油脂、それもパーム油を使っている。これは飽和脂肪酸が主体だから、動物性脂肪とほとんど変わらない。食品データベースによれば、ヤシ油にいたっては90%飽和脂肪酸。
 何より気に入らないのは、氷菓のさっぱり感がなく、アイスクリームの充実感のない、つまるところは代替品であること。我慢が効く人は、これであきらめるかもしれない。しかし、美味を知っている以上、どこかでたたきつけたくなるのではないか。
 パーム油もヤシ油も安い。ニッチ市場狙いの糖尿病食の馬鹿高さと違って、コスト的には市場対応しているが、我慢が効く人以外には売れない。
 これはダイエットコークでも同じだった。飲むのをやめたので最近はどうなのか調べていないが、以前は都市中心部でしか置いていなかった。教育入院していた時、病院の売店にさえ置いていない時があった。オバちゃんに頼んで入れてもらい、同期入院の患者と冷えているものを奪い合った。あら、みにくい争い。
 閑話休題。
 自己管理は大変だけど、安全を見込んだ基準で暮らすとなると、入院状態の生活になる。それが嫌なので、無理無理上限値を見極めようとしている……ここまで来ると、結果管理でいいんじゃない。(そういう悪魔の声も聞こえる)
 さてマカデミアナッツの成分値は……ありゃ、一番高い!
 120ml 330kcal 炭水化物21/蛋白質5/脂質25g
 牛乳156ml マカデミアナッツ20g 砂糖14g相当
 ハーゲンダッツはもっとも情報公開していると某サイトに書いてあったが、どうしてネットだけじゃなく、製品に直接表示をしないのか? 
050706ice2 タイで食べたベルギー
 チョコレート味。
 100ml 220kcal  050706ice1
 台湾製のようだが、韓国語とタイ語でも表示されている。必須栄養素についての成分表示義務はアメリカだけではないのかもしれない。……というより表示されない日本は、なんなんだろう? 
 良心的な外食産業も増えてきたけれど、カロリー表示をすると客が引いてしまうと恐れる気持ちは理解できないでもない。
 一日4000kcal保証! と表現して、飢餓に苦しむ地方から兵士をかき集めた時代が、その昔あった。今でも、老人向け、女性向けにカロリーハーフのセットを出す店は、その都度話題になっては消えていく。健康より、量と安さ優先。吉野家のキャッチコピー『早い、うまい、安い』は依然有効なのだ。
 私たちの世代、特に男性は間違いなく高カロリー優先だ。満腹になってから考える習慣が身についている。医療側がいくら言っても無駄。現実に合併症を含めた病気の脅威に迫られない限り、意識もしない。
 それどころか、忠告と受取らず、食生活に干渉するなと怒り出す。
 厚生省の偉いさんたちも同じなのかもしれない。
 生活習慣改善とお題目を唱えるが、調べれば調べるほど、本気で血糖管理、カロリー管理をしたいと思っているのか疑問を感じる点が多い。
blog_bana ちょいと面倒なところまで、きてしまいました。あまり気にしないで、軽く読んでください。
 書くだけ無駄とは思っているのです。
 波紋が、いつか、どこかへ届けばいいのですが。

|

« 地雷の上で阿波踊り | トップページ | 夏限定ハーゲンダッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/4860680

この記事へのトラックバック一覧です: 毒は少量なら薬:

« 地雷の上で阿波踊り | トップページ | 夏限定ハーゲンダッツ »