« 続 もろい血管 | トップページ | せんべいの血糖値上昇 »

2005年7月16日 (土)

洋菓子の方がいい場合

 他人の言うことは真に受けちゃいけない。
 それが例え専門家であろうと。
 信じるものは、裏切られことになっている……といっちゃあ淋しいけれど、親であろうとも、あとで後悔する可能性があるなら、判断は自分で下す必要がある。
 生きていくってことは、自己責任。そういうものだ。

 もうひとつ。
 抽象的、量の把握ができない言葉は、裏づけを取れるまでは特に信じてはいけない。逆に、それでも信じなければならない時もある。それは宗教ジャンルに属する。

 誘惑に弱い人、量について考えない人はこの後は読まないで下さい。13日付朝日朝刊『私の視点』で虎の門病院泌尿器科小松部長のおっしゃるとおり、「同じ患者でも時に違うことだってある。結果は単一にならず分散するというのが医師の常識」だそうですし。

 さっぱりしたヘルシーな食事――素麺に冷奴。食後のスイカ。
 暑いから食が進まない中、さっぱりしているから健康人には推奨できる。食べない(糖質がない)と動けないものね。しかし糖尿病診断後、血糖管理上は最悪の食事だ。
 もちろん、量の管理ができるなら問題はない
 食べちゃいけないわけじゃない。
 ゆでた状態で180g(3単位)程度が支障のない摂取量だが、これって実に淋しい量。あの名物椀子そばのせいぜい2杯分でしかない。代謝が平常な人はたらふく食べられる。
 しかし、体格、年齢によって量は増減するが、倍食べて支障のないdiabetes患者はいないはず。そばも素麺も、ついつい食べすぎる。たぶん、つけ汁の適度な塩分が食欲を増進させるんだろう。
 インスリンを処方されている人は、打って食べる手はあるが、それはそれで低血糖を起こす危険性や、コントロールがぐちゃぐちゃになる可能性があるから、推奨する医師はいないだろう。

「夏が終ると、また世話になるよって再入院する人が多いのよね」
 2年前の教育入院の際、ベテランの看護師(糖尿病療法指導士)がうんざりするより、むしろ淋しそうにこぼしていた。指導を聞いていないわけじゃないはずだが、2型の入院患者は高齢者が多い。数十年どっぷり和食に浸かっている。娘より若い看護師の話を全面的に受け入れ、長年の生活習慣、常識を変えるのはそもそも難しいのだろう。
050712yohkan_ice ちょっと早いのですが、人体実験part 2
 そのあと動かないことがわかっている深夜タイム(運動代謝が一定じゃないと検証不能になります)を選んで、簡単なテストをして見ました。(……馬鹿だねえ)
 和菓子もたくさん取れば中性脂肪に変わって体重が増えるが、この程度なら普通は、ヘルシー。しかし糖代謝に問題ある身では、きっちりNG。砂糖主体の糖質量73.9gと来てはブドウ糖負荷試験と同じだもんね。水羊羹にもアズキアイスにも小豆の食物繊維があるはずだが吸収遅延効果までの量はない。含まれている蛋白質分のカロリーで、合計カロリーは320kcal。負荷試験より量が多い。
 1時間値がNGで2時間値がぎりぎり――カロリー量、糖質量からみて、なんて鋭い実験設定なんでしょ! 自分で感心すると同時に……やっぱり淋しい。じじいである自覚を持てってか(´ヘ`;)
050711yohkan
 さて、定番アーモンド投入。
 蛋白質を取っていないので、その分の脂質量とあわせて15粒。80kcal分カロリーが多くなったが、脂肪が糖質を包み込んで吸収遅延。見事に血糖値の平準化成功。

 ここまでは予想通り。ふと思いついた。前回の実験で、食物繊維による糖質吸収遅延実験をした。
 その直前の検証用洋菓子NG設定とどこが違うのか?
050712date2
 イカのすり身団子とパインナップル75gをなくしたら、基準内じゃん。しめた! 和菓子だともっと食べたくなるが、こっちなら次まで4時間程度なら我慢できる。蛋白質が取れないが、一回くらいなら大勢に影響はない。食後3時間値は落ち着いているから、量的問題もない。直接脂肪化して体重増することもないだろう。
 血糖値50の差は大きい。この数字が続くなら、ヘモグロビンA1Cで1.5程度差がつくことになるからだ。
 糖質(砂糖)をカカオや植物油脂の脂質が包み込んで、吸収を遅らせたのだろう。しかし、糖質量の割りには、血糖値が高いぞ? 蛋白質1/2脂質1/10がブドウ糖になったとしても計算が合わない……。

 ……食後血糖値を平準化しても、7月の検査データに影響しなかったわけだから、難しく考えてもしょうがない。ただこれだけは言えるだろう。和菓子だからといって安心していると、血糖値は乱れる。砂糖だからではない。せんべいもオカキも危険。なにごとも過ぎたるは及ばざるが如しってわけだ。
 もうひとつ注意しなければならないことがある。
 そばと素麺の場合同様、油がない分腹持ちが悪い。すぐ小腹が減ってしまうので、次はフルーツとなりかねない。治療側が「間食全面禁止」を叫ぶのは当然だ。あてにならない常識の生活習慣で、数量管理しない、する気のない人を自由にすると何をするかわからない。
 洋菓子がいい和菓子がいい云々より、私はどっちも食べちゃうんだけど。……体重増は、要チェック! 

 春に朝日新聞に掲載された記事『調理法を工夫、血糖値抑える』の裏付けデータともなった。カゴメの総合研究所と昭和女子大の共同研究なのだが、データがなかった(´ヘ`;)
 炭水化物量50g均一の4種類の食事を健康な女性(!)10人に食べてもらったらしい。
 1-白米ごはん 132g220kcal 
 2-トマトと野菜のチキンライス172g267kcal 
 3-トマトソースのパスタ 220g320kcal 
 4-焼たらこ入おにぎり 134g237kcal 
 チキンライスとパスタの血糖上昇値は白米ごはんの半分。1時間後に平常に戻った。おにぎりが最悪で、白米ごはんの15%増。
 ……データはないし、そもそも健常人じゃ意味がない。
 〆のお言葉は「食事はバランスよくとるのが大前提です。いくら血糖値が上げにくいからといって食べすぎはいけません」ってねえ……
 毎度無価値な文章。森林資源の浪費。
ag_catwalk 番外編もあります。
 読みたい方、クリックよろしくお願い致します。
050716
 アップして一息入れると、妙に左手のしびれが激しい。
 胸騒ぎの夜……で、この数字。よくわからん。
 運動は当然していないし、今日は朝からビデオ三昧。昨夜から10時間カウチポテト(七食!)してたから、どきっとしたってのに……。

|

« 続 もろい血管 | トップページ | せんべいの血糖値上昇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/4949871

この記事へのトラックバック一覧です: 洋菓子の方がいい場合:

« 続 もろい血管 | トップページ | せんべいの血糖値上昇 »