« 『糖尿病とたたかう』 | トップページ | 鍋びっしりの食物繊維でも勝てない »

2005年5月 9日 (月)

人体実験結果報告 アップ

仕事してしまうと、食べた(入力)もの(カロリー)が、どう代謝されてアウトプット(血糖値、体重)されるのか、よくわからなくなってしまいます。連休を利用して、動く時間を管理し投与エネルギー(食事)がどのように反映されるのか、いろいろ実験してみました。
blog_bana←役に立つかどうかわかりませんが、多くの人の目に触れたらと思っています。クリックしていただければ幸いです。

050507trial結果詳細は
こちらをご覧下さい→

 ――血糖値が200を超えると即座に動脈の血管内皮を傷害しますから――と脅す医師の方もいらっしゃいます。血圧など補足条件はいろいろあるでしょうにどきどきします。 
 400kcalを超える食事を取ると即座に壊れていくはずですが、今のところなんとか動いています。

 それにしても三食合計で1200kcal!
 これは基礎代謝量です。本当に正直な化学装置ですね。入院するような安静時は、守るべき数字であることが明確になったと思います。パソコンの前にすわりっぱなしの場合も同じです。
 悲しいことにいくら悩んでも頭をひねっても、代謝的には無意味
 ――神は、人を何のためにお作りになったのか? 
 <下手な考え休むに似たり
 余計なことは、考えるなってことでしょうか(´ヘ`;)
  
 これでしばらく遊べます検討課題ができました。少しずつ考察をアップして行くつもりですが、適当に冷やかしていただければ幸いです。

 さて最終日の24時を過ぎた時、実験用に準備した危険物(甘味)の行方は? 
 危険物は身の回りにあってはなりません。
 可及的速やかに、全量処理致しました。

|

« 『糖尿病とたたかう』 | トップページ | 鍋びっしりの食物繊維でも勝てない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95944/4060317

この記事へのトラックバック一覧です: 人体実験結果報告 アップ:

« 『糖尿病とたたかう』 | トップページ | 鍋びっしりの食物繊維でも勝てない »